シクロツーリズムしまなみ

Topおすすめポイント上島弓削島 『古の町で自転車散歩2』 ポタリング



  上島  
弓削島 『古の町で自転車散歩2』 ポタリング

---

[住所] 愛媛県越智郡上島町弓削 MAP
[営業時間]
[定休日]
[受付(営業)期間]
[人数]
[料金]
[お問い合わせ]

潮風に吹かれて、ダイナミックな海原を弓削島ポタリング2

<因島?弓削島間航路>
・家老渡(かろと)港⇔上弓削 ¥220(人+自転車) およそ30分毎に船便あり
・長崎港⇔下弓削 ¥350(人+自転車) およそ40分毎に船便あり

<ポタリング>
・下弓削~法王ヶ原~久司浦~下弓削 (東海岸起伏あり) 距離13~14km/所要2~3時間 

愛媛県の東北端、瀬戸内海に浮かぶ弓削島。
「弓削」は弓を削り作ること。また、それを職とする人のことを指す言葉だったらしい。
"塩の荘園"として歴史的に知られるこの島は、かつて弓作りも盛んだったのだろうか。

メインタウンの下弓削から、路地裏の古めかしい家並みの間を抜けて行くと、
ほどなく島の裏側に出る。
そこには、松林を背にした白い砂浜と青い海原が広がっていた。

 2009_08_16-1.jpg

「法王ヶ原」と呼ばれるこの松林、かつては樹齢300年以上の松が数百本、
青々と生い茂り、昼間でも中に入ると薄暗かったそうだ。

 しかし、老いたり松喰い虫の被害等により、今ではずいぶん数が減ってしまっているという。

松林はキャンプ場にもなっており、夏場などは強い日差しから守られ、
潮風に吹かれての快適なキャンプが出来そうだ。ここにテントを張って、
日がな一日読書三昧などして過ごしてみるのも良さそうだ。

その前面に三日月のように広がる砂浜は、「松原海水浴場」。
環境省選定の 『快水浴場百選』のひとつにも認定されている島屈指のビーチだ。

 2009_08_16-2.JPG

海水浴は19世紀の中頃ヨーロッパで始まり、当時は医師が温泉治療のように
海に浸かることを勧めていたそうだ。
日本では明治時代に軍医の松本良順が、健康の維持と回復のために奨励したという。

 この松原海水浴場も、明治の頃から地元の人々に愛され、
今でもボランティア活動によって貴重な美観が受け継がれていると聞いた。

さて、白砂青松の浜から島の北東部に向かって、島の一周道路を進んでみる。
道は山の中腹へ登り、展望が一気に広がる。高台を走りながら見る海は壮大で、
とてもきれいだ。晴れた日には、遠くに豊島、高井神島、魚島(いずれも上島町の島々)を
望むことも出来るだろう。

 2009_08_16-4.jpg

谷間に貼りつく鄙びた集落が、どこか哀愁を誘うような印象をたたえている。

 島の北端まで行くと、道はミカン畑に向けて急降下。
久司浦という集落からは海沿いにフラットな道が延びている。

蒼い空と海に囲まれてペダルを踏めば、スタート地点の下弓削地区はもうすぐそこだ。

しまなみ海道の玄関・今治に泊まろう♪♪
ゲストハウス「シクロの家」

しまなみゲストハウス 「シクロの家」は CYCLO = 自転車 が大好きなメンバーが運営する旅の宿。JR今治駅前徒歩1分。1泊素泊まり2,500円~。室内の自転車駐輪スペース完備!しまなみ海道サイクリングの情報はここで集めよう♪♪

 

今治遍路宿・自転車宿シクロの家

>>「シクロの家」をチェック!

今治・しまなみ海道の魅力をたっぷりご用意して、皆さまのお越しをお待ちしております♪

 

シクロの家は、しまなみ海道サイクリングをサポートしているゲストハウスです。「サイクルオアシス総合拠点」として、しまなみ海道や今治の魅力発信も行っています。

Topおすすめポイント上島弓削島 『古の町で自転車散歩2』 ポタリング