Topおすすめポイント大三島大三島 『典座』 カフェ&レストラン



  大三島  
大三島 『典座』 カフェ&レストラン

---

[住所] 愛媛県今治市上浦町井口7333 MAP
[営業時間] 10:00~17:00
[定休日] 水曜・木曜日
[受付(営業)期間] 10:00~17:00
[人数]
[料金] コーヒー/紅茶/フルーツジュース 各¥400/ ランチメニューもあり
[お問い合わせ] 0897-87-2224

島時間をゆったりと過すベストスポット

農家カフェ、漫画カフェ、猫カフェ、メイドカフェ......と、
様々なカフェが流行っているが、一風変わったカフェを大三島に発見した。

なんと「病院カフェ」。

現役の病院ではない。築33年になる個人病院の建物をリフォームし、
今年8月にオープンしたばかりのお店だ。

お店の名前は『典座(てんぞ)』。
「曹洞宗で料理を作る人のことらしいのよ。典座料理というのをテレビで見て、
『うわぁ、典座ってカッコいい!』って、ビビッときたのよ。」と話してくれたのは、
オーナーの菅百代さん。

2011_09_02-3.JPG

細身ながらエネルギッシュな話しぶりで、「還暦過ぎているのよ」と言うけど、
そんな年齢に見えない女性だ。

おじいさん、お父さんが医者だったそうで、思い出が詰まったこの元病院は、
もともと重厚な造りなだけに、入り口のガラス扉からして厚みと風格に満ちている。
内部は白を基調にした落ち着いた空間に変わり、百年ものの食器棚や趣のある
皿が飾ってある。

2011_09_02-4.JPG

注文したシフォンケーキと季節のフルーツを食べていると、
「そのお皿、伊万里焼よ」と言われた。ただの派手な皿ではなく、
そんな逸品だったとは......。 おじいさんが趣味で集めていたのだそうだ。

海を渡るように斜張橋が伸びている。青い空と生口島を望む絶好のロケーション。
「景色が一番のごちそうよ。逃げたりしないからね。海を愛で、森を愛で、
のんびりしてもらいたいの」と微笑む百代さん。

"一人でしています。お待たせすること......おゆるしくださいませ"
のメッセージボードが目に付き、尋ねてみると、
「いつでも辞められるって状態で始めるのが私の主義なの。だから、
人は雇わない。お金は借りない。そうでないと楽しめないでしょう?
本当はわがままにしたいだけなんだけどね」と笑いながら教えてくれた。

以前は今治市内で家庭レストランを営み、口コミでひろがり予約で一杯の
人気店だったという。その料理の腕をフルにいかして、大三島で採れた食材や
野菜をたっぷりと添えたメニューを用意している。

2011_09_02-2.JPG

「幼馴染がね"形が悪いけど使ってね"と野菜や果物を持ってきたり、
観葉植物を飾ってくれて毎日水遣りの世話をしに来てくれるのよ」。
このレストランのくつろいだ雰囲気は、百代さんの故郷の仲間たちと
一緒に作り上げられているようだ。

お店の目印は、白い建物に「菅医院」の文字が目立つ屋上看板。
「お店の看板に付け替えたら?」と言われるそうだけど、
「はずすのはお金もかかるし、うちの歴史だからね」と百代さん。
この"病院の看板"ってところがトレードマークなのだ。

2011_09_02-5.JPG

「父が手術室で使っていた65年前の手洗いよ」と、
玄関の入り口にしつらえた手洗い台を指さす百代さん。
そんな、ちょっとシュールな秘話もあるカフェで、大三島での
ひとときを過してみてはいかがだろう。
 

しまなみ海道の玄関・今治に泊まろう♪♪
ゲストハウス「シクロの家」

しまなみゲストハウス 「シクロの家」は CYCLO = 自転車 が大好きなメンバーが運営する旅の宿。JR今治駅前徒歩1分。1泊素泊まり2,500円~。室内の自転車駐輪スペース完備!しまなみ海道サイクリングの情報はここで集めよう♪♪

 

今治遍路宿・自転車宿シクロの家

>>「シクロの家」をチェック!

今治・しまなみ海道の魅力をたっぷりご用意して、皆さまのお越しをお待ちしております♪

 

シクロの家は、しまなみ海道サイクリングをサポートしているゲストハウスです。「サイクルオアシス総合拠点」として、しまなみ海道や今治の魅力発信も行っています。

Topおすすめポイント大三島大三島 『典座』 カフェ&レストラン