2009年9月アーカイブ

全国ボランティア・フェスティバル in えひめ

 

9/26&27に、松山で『全国ボランティア・フェスティバル in えひめ』が開催されました。
私たちシクロツーリズムしまなみも、しまなみ海道の広報活動に足を運んで来ました。
  2009_09_30-1.JPGのサムネール画像オープニング全体会の様子↑


2009_09_30-2.JPG愛媛県のブースで、しまなみ海道のインフォメーションを担当しました↑


2009_09_30-4.JPG
 タンデム自転車も展示して、世界旅の話を通して、しまなみ海道の魅力を伝えました↑

  2009_09_30-3.JPG医療系バンド(?)ハートフルホスピタルのライブもありました↑


2009_09_30-5.JPG愛媛の魅力を広く知ってもらおうと、愛媛にゆかりのある人物に扮装(ふんそう)して
キャンペーン活動を行う「えひめ観光イベントPRキャラバン」と。
左から、鶴姫、マドンナ、坊ちゃんの三人。
右端は、シクロのエンターテイナーMr.YOSHITAKE↑

ボランティアフェスティバル、来年は広島で開催です。

洋食レストラン"でんぷん"

愛媛県松山市、国道317号線を道後から奥道後へ向かう途中に
外見のあやしげなレストランがあり、ずっと以前から気になっていました。

2009_09_ -1.JPG
列車を改造した洋食レストランで、その名は"でんぷん"。
名まえからして、ちょっと不思議なのだ。

2009_09_ -4.JPG

先日、意を決して入りました。
平日の夜8時。満席・・・ではなく、お客は僕らだけ。
意外にも、内装はごく普通...

料理は、メニューが多くて迷いましたが、
おかずが2品にスープ・ライス・サラダ付き¥1350のセットにしました。

ゴロゴロと台車に乗せて運ばれてきた料理、これがなかなかの味。
ぜんぜん怪しくなくて、本格派のレストランだったのです!
失礼しました。

2009_09_ -3.JPG「この場所に移ってからは2年半になります。
以前は松山市内でお店を開いてました。市内でも2回ほど引越ししましたが...」
と経営者の女性。

その話をきいて、タイのバンコクにある、日本人旅行者に人気の
レックさんラーメン」が思い浮かびました。
美味しくてお客が多いばかりに、周りから妬まれ、すぐに家賃を上げられて
転々と場所を変えながらもガンバッテいるお店なのです。
"でんぷん"さんが、どうなのかは分かりませんが...

「この列車の物件は、たまたま空いていたから借りたんです。
ここも前は、お弁当屋だったりラーメン屋だったり、ステーキ屋だったそうですよ。」
定着しにくい場所なのだろうか?

定休日は無いですよ」と聞いて驚きました。
「頑張ってるんですね。疲れませんか?」と聞き返すと、
「仕込みの関係で、開店させてる方が都合がいいんです」と彼女は微笑んでいました。

お勧めのメニューは、「どれでも」とのこと。
ならば、ぜひまた足を運びましょう。

なぜ"でんぷん"なのか、名まえの由来を聞き忘れたことだし。

2009_09_ -5.JPG

"でんぷん"さんが、この列車で営業を続ける限り、
僕は、いつも気にかけていたいお店です。

歳の差、94才

僕のばあちゃん、96才。
僕の甥っ子、2才。(ばあちゃんのひ孫になります)
その差、94才。 

2009_09_25.JPGのサムネール画像「海(かい...甥っ子の名まえ)は日に日に大きくなるけんど、
ひいばあちゃんは弱ってゆくばかりじゃ・・・」と、甥っ子の顔を見る度にそう言いいます。

今日は、楽しみにしている週一回のデーサービスに出かけて行ました。
温泉につかり、スーパーで買い物するそうです。

ちなみに、ばあちゃんの好きなテレビ番組は"国会中継"。
「与党と野党が、やっさもっさしよるんが面白い」とのこと。
そして、「こがいなことじゃ、そのうち日本の国はよそに盗られてしまう」と
国状を憂えてます。
この頃は、「鳩山さんは、えらい人じゃけんの...」と新政権について聞かせてくれます。

ばあちゃんは、まだまだガンバる!!

栗拾い

家の畑に栗の木が三本。
今年も、たわわに実り、熟して地面に落ち始めました。
さっそく、栗拾い。

一時間あまりで、買い物籠半分(6~7kgかな)ほど拾い集めました。
いがぐりがチクチクするので、結構大変なんですよ~。

2009_09_23-1.JPG昨年は、デカイ栗が多かったけど、今年はやや小ぶり。
味は、どうだろう?
全部、長野県のトモちゃんの実家に送ってしまったので、
分からないです。

また、数日後に拾いに行きます。

次は、栗きんとんケーキを作ろうかナ...

2009_09_23-2.JPG

彼岸花の揺れる頃

秋の花...なにが思い浮かびますか?

自分はこの"彼岸花"を見ると、秋が来たなあ...と実感します。
柿も色づき、栗拾いもでき始めました。

2009_09_21.jpg

運動会ラッシュ

地元の宇和町、今日は運動会のラッシュでした。

宇和町(うわまち)小学校は、全校生徒が一番多い学校なので、
とても活気のある、お祭りのような運動会が丸一日開かれていました。
                  
                        <宇和町小学校>

2009_09_20-1.jpg

 
一方、自分の母校でもある中川小学校は、いまや全校生徒60名??ぐらい。
見に来ている父兄の数も少なくて、とても静かな運動会が半日で終わりました。
閉会式で児童が校歌をうたいましたが、聞いたのは卒業式以来かも...。
懐かしくて、自分でも結構歌詞を覚えていてビックリ!
♪200の健児...♪ というフレーズがあり、往年の頃が偲ばれます。


                        <中川小学校>

2009_09_20-2.jpg
数年後に、統廃合が始まるので、母校の校歌ももうすぐ聞き納めです。
来年も、運動会を見に行くだろうなあ。

小島(おしま)の要塞跡

107年前(明治35年)に造られた、来島海峡に浮かぶ小島(おしま)の要塞跡。
7月の下旬から、JTBのお客さんを案内して30回ほど行きました。

つい最近発見したのが、弾薬庫跡付近にある石造りの階段を
浸食しつつある大木の幹です。
                         <今治市小島 芸予要塞跡> 2009_09_19-1.jpgこれだけ根が張りながらも、なお崩れずに頑張る石段。
当時、急ピッチの土木工事ながらも、堅牢な造りを施していたことが
コレを見ただけでもわかるかと思います。

フッと思い出したのが、カンボジアのアンコールワット。
その中にある、『タ・プローム遺跡』です。

ガジュマルの樹幹に浸食され、絡みつかれる遺跡群。
熱帯のこの巨大な樹木は遺跡を破壊しているのか、
それともいまや遺跡を支えているのか...。
インド政府の出した修復計画に対して、議論が沸き起こっているそうです。

小島も、無人島にして数百年放っておけば、
アンコールワット級の遺産になるかもしれません!?


                     <カンボジア タ・プローム遺跡> 2009_09_19-3.jpg

しまなみポストカード

奈良に住む自転車仲間が、『しまなみ』を
モチーフにしたイラストを描いてくれました。

キュートでオリジナリティーのあるタッチです。
「すごい!カワイイやない!」、「わたし、こういうの好きやなあ」と、
シクロのメンバーをはじめ、いろんな人から好評です。

ポストカードに印刷して、先月末に今治市波方町で開いたイベントでも販売しました。

9月26日&27日に松山市では、『全国ボランティア・フェスティバル』が開かれます。
その「ふれあい広場」のコーナーに"しまなみインフォーメーションデスク"を出します。
そこでも、友人力作のポストカードを並べますので、ぜひ、お買い求めくださーい。

2009_09_18.jpg

魚市場

先日、朝サイクリング中に今治港の魚市場を通りました。
小さな市場でしたが、日頃見かけることの無い光景にちょっとワクワクしました。
平日、夜明け前から市が開かれているそうです。

2009_09_17-1.gif"魚市場"...で思い出すのは、アフリカ大陸の東部、
タンザニアの主都ダルエス・サラームです。

旅に出て6年目、ここまで来て今までなかったのが不思議なくらいの
大失敗をやらかしたのです。

コンパクトカメラをレーサーウェアの背中ポケットに入れ、魚市場の
人込みの中でビデオ撮りに夢中になっていた自分。
フッとポケットが軽くなったその瞬間、時はすでに遅し。
帰らぬカメラとなってしまいました。

「このカメラ、チタンボディでレンズがいいんよ。銃弾が胸ポケットの
このカメラに当たって命拾いした人もおるんよ」と言って長年愛用していた
CONTAX-T2 よ。ザンジバル島の写真とともにさようなら...なのでした。

ショックよりも、なんだかようやく一人前の経験をした気分でありました(強がり...)。

2009_09_17-2.jpg 

つかまえ損ねた!

大島で長期ツーリング中らしいタンデムサイクリストを発見!
欧米人カップルのようでした。

声をかける間もなく、走り去って行きました。
うぅ~残念。

いい旅してね~。

2009_09_16.jpg

最近買った自転車旅本

最近、アマゾンで購入した本の数々です。

自転車旅行記本って、結構出版されています。
それらをコツコツそろえているのですが、
ゆっくりと読んでいるヒマが無いのがちょっと残念。

2009_09_14.JPG

パン・メゾンの"塩パン"を知っていますか?

八幡浜で、今いちばん人気のパン屋『パン・メゾン』。
市役所の正面にあると聞いて、足を運んできました。

一押しは"塩パン"だそうで、一個73円。形は小さなコッペパン。
表面はパリッと焼けてバターと塩の風味が活きてます。
内はしっとりモチモチとした食感です。
小麦の味がそのまま味わえる、素朴でいくつ食べても飽きのこない
魅力的な味でした。

2009_09_13.jpg食べながら、フランスのバゲットを思い出しました。
フランスのパンは、マジで味わい深いんです。
パン屋のバゲットとスーパーで買ったチーズとワインがあれば、
最高の食事になるのですから!!

フランス人も「焼き立てをその日のうちに」のこだわりがあり、
パン屋だけは、日曜日でも朝は営業するのです。
(ほかの店はみんなお休みです)
なぜなら、そうしないと彼らは飢え死ぬからです(!?)

見ているとパン屋でゲットしたパンをむき出しで小脇にかかえながら、
こらえきれずにちぎって食べ歩きしてるオバサンもいたりします。

フランスの田舎では、郵便受けに入ったフランスパンをみました。
牛乳配達みたいに、パン屋さんが配達していったのでしょうか?

むき出しなのが大胆です。ホコリとか汚れとか気にしない
ラテンの気質なんですかねえ。

 

2009_09_13-2.jpg

オキザリス

オキザリスが、小島の要塞跡にのぼってゆく道々に花を咲かせています。
濃いピンク色が鮮やかに人目をひきつけます。

「私、わざわざ買って庭に植えてるのよ」と、観光客の一人が言ってました。
お年よりの女性がそっと一輪を摘み、胸ポケットに挿していました。

「喜び、母親の優しさ」の花言葉をもつ"オキザリス"、
女性に良く似合います。

2009_09_11.jpg

タンデム自転車、公道解禁へ...?

これまで、タンデム自転車の一般公道の走行が可能なのは、「長野」「兵庫」の
2県だけでしたが、
これに「山形」県が加わりました。

山形新聞 2009年07月17日 

また、サイクリング協会の広報誌によると、
日本サイクリング協会では、今年度から3年度の予定で
「タンデム用自転車の普及に関する調査研究事業」を実施し、
タンデム自転車の安全活用と全国走行解禁を目指しています。

とあります。

東京サイクリング協会は、「タンデムパイロット講習会」を含む
『タンデムを楽しむ集い』も定期的に開催しています。

などなど、タンデム自転車を取り巻く環境は、確実に公道解禁に向けて
動いているようです。

これからが楽しみですね。
さて、わが愛媛県はどうなるか!?


        タンデムを乗り回していたチャイナ娘(中国 西広壮自治区)

2009_09_07.jpg

自転車つながりの輪

関東に住む自転車つながりの知人が2人が、宇和の実家に立ち寄ってくれました。

2009_09_06-1.jpgのサムネール画像彼(写真:前の男性)奥様が愛媛出身で、
帰省したついでに宇和まで足を運んでくれたのです。
実は、彼もタンデム自転車を保有し、奥様と共によく乗っています。
ドイツに4年間在住経験もあり、「ドイツ、サイクリングいいですよね~!!」と
話題も盛り上がりました。

もう一人の男性もまた、タンデム自転車を持っていいて、相方を募集中なのでした。


2009_09_06-2.jpgのサムネール画像                         庭でお茶会


関東圏の自転車のイベントなどで、自転車での遊び方やタンデム普及
など活動をしています。

知人の来訪と、情報交換楽しかったです。

ツートンカラー

毎日、ハーフパンツを履いて野外でガイド業にいそしんでます。

今年はお盆が明けてから快晴が続き、
気づくといつの間にか、日焼けでこんなことに・・・

「小学生みやいやね」
「そんな模様の動物おったよね」

いろんな評をいただきました。

2009_09_05.jpg

小島要塞 弾薬庫跡

来島海峡に浮かぶ、周囲3kmの"小島"。
明治時代に日露戦争に備えて、島全体が要塞に造り変えられた島です。

戦災にあわず、破壊もされず、今でも原型に近い形で各施設が残っています。

建物の多くはレンガ造りで、110年近く経った今日でも、
ひび割れることなくその堅牢さを誇示し、優雅ささえも漂わせています。

そのレンガの出所は2説あり、
1.ドイツのハンブルグからの直輸入説
2.国産に成功した超耐久レンガで、釉薬をかけて高温で処理したもの説

血なまぐさい過去が無いこの小島要塞跡は、
実は結構ステキな撮影場所だったりするかもしれませんね。
レンガの雰囲気がスゴク良いです。

ぜひ一度、行ってみては!

2009_09_04.jpg

ツアーのお客さんのショットに相乗りしました

南海放送の取材

南海放送さんが、「シクロツーリズムしまなみ」の活動を取材してくれました。

2009_09_03-1.jpgリポーターは、スポーツ番組でおなじみの丹下アナ。
「ママチャリ以外の自転車に乗るのは初めてです。」と彼女。
「スポーツは何かしてましたか?」と聞いてみると、
「空手をずっとやってます!」とのこと。

こんなキレイな顔で勇まししく蹴り入れたり、
正拳突きしとるんかあ~とビックリしましたが、
「じゃあ、基礎体力はバッチリですね。MTBも楽勝でしょう。。。」と
にこやかに返事しときました。

今回紹介してもらうのは、私たちのツアー商品のひとつ"ポタリングで行く
窯焼きピザ体験"です。

サンライズ糸山から大島へポタリング。

2009_09_03-2.jpg              <椋名漁港> 魚はじゃこ天にするそうです


大島の吉海町にある"出来かけ教室"という、アート空間を主催する
吉井さんをたずねます。
そこでピザ生地を伸ばし、野菜を切り、トッピングをのせて、お手製の石窯で焼くのです。

香ばしくカリカリの薄焼きピザが出来るんですよ。
ちょっと焦げ過ぎても、それも体験です。
自分で焼くから何でも美味しく食べれます。

2009_09_03-3.jpgさて、放送予定は、9月18日 午後6時半頃だそうです。
5~6分ぐらいの放送時間のハズです。

どうぞ見てくださ~い!!

秋です!

9月に入りました。

栗の木を見上げてみると、はやくもイガグリが割れて栗の実が覗いていました。

昨年は、実がおどろくほど太くて食べ甲斐がありました。
今年のも、なんだか大きそうです。

柿をはじめ、秋の果物がぞくぞくと実りつつあります。

2009_09_01.jpg

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya Profile

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、愛媛の地でペダルを踏み続けています。


loading ...