しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
洋食レストラン"でんぷん"
2009年9月26日

愛媛県松山市、国道317号線を道後から奥道後へ向かう途中に
外見のあやしげなレストランがあり、ずっと以前から気になっていました。

2009_09_ -1.JPG
列車を改造した洋食レストランで、その名は"でんぷん"。
名まえからして、ちょっと不思議なのだ。

2009_09_ -4.JPG

先日、意を決して入りました。
平日の夜8時。満席・・・ではなく、お客は僕らだけ。
意外にも、内装はごく普通...

料理は、メニューが多くて迷いましたが、
おかずが2品にスープ・ライス・サラダ付き¥1350のセットにしました。

ゴロゴロと台車に乗せて運ばれてきた料理、これがなかなかの味。
ぜんぜん怪しくなくて、本格派のレストランだったのです!
失礼しました。

2009_09_ -3.JPG「この場所に移ってからは2年半になります。
以前は松山市内でお店を開いてました。市内でも2回ほど引越ししましたが...」
と経営者の女性。

その話をきいて、タイのバンコクにある、日本人旅行者に人気の
レックさんラーメン」が思い浮かびました。
美味しくてお客が多いばかりに、周りから妬まれ、すぐに家賃を上げられて
転々と場所を変えながらもガンバッテいるお店なのです。
"でんぷん"さんが、どうなのかは分かりませんが...

「この列車の物件は、たまたま空いていたから借りたんです。
ここも前は、お弁当屋だったりラーメン屋だったり、ステーキ屋だったそうですよ。」
定着しにくい場所なのだろうか?

定休日は無いですよ」と聞いて驚きました。
「頑張ってるんですね。疲れませんか?」と聞き返すと、
「仕込みの関係で、開店させてる方が都合がいいんです」と彼女は微笑んでいました。

お勧めのメニューは、「どれでも」とのこと。
ならば、ぜひまた足を運びましょう。

なぜ"でんぷん"なのか、名まえの由来を聞き忘れたことだし。

2009_09_ -5.JPG

"でんぷん"さんが、この列車で営業を続ける限り、
僕は、いつも気にかけていたいお店です。

by cyclo  at 10:56  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする