しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
今治プチグルメツアー⑤ ぎょうざの店『白雅』
2009年11月22日

今治港前、駅へと延びる大通り。
広銀のはす向かいの路地にある『ぎょうざの店 白雅』ののれんをくぐる。

看板に"ぎょうざ"をうたっている以上、ぎょうざへの期待がムクムクと沸き上がる。

「焼ぎょうざ(¥420)と蒸ぎょうざ(¥420)くださ~い」

鮮やかな手つきで皮に具が詰め込まれ、鉄板に並べてジョウロで水がかけられる。
シュワ!と白い蒸気が吹き上がった。さらに待つこと数分。
「お待ちどうさまです」と若大将の笑顔と "ぎょうざ" がやってきた。
2009_11_18-5.JPG「皮も自家製です」と自信をみせる。
厚みがあり、モチモチと噛みしめる。小麦のもつ旨さがあふれている。

他では味わえない手作りの味...と書きつつ、
中国大陸ではこの旨さが普通に味わえたなぁ、と思い出した。

聞くと、戦時中に天津にいた先代が引上げ後に始めたお店で、
レシピも当時のままだと言う。
旨さのヒミツは、本場仕込なのだった。

2009_11_18-5_2.JPG■ ぎょうざの店 『白雅』■

住 所 :今治市共栄町2-3-9
電 話  :0898-22-6315 
営業時間 :11:30~13:30
16:00~21:00
定休日  :月曜日

※ しまなみ資源活用プロジェクトのブログにもアップします

by cyclo  at 23:10  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする