しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
今治プチグルメツアー⑯ パン『フランス屋』
2009年12月23日

 

「白雅」「つつ井」から、1ブロック北の角にある、パン『フランス屋』。

ショーケースに並ぶのは、ドーナツ、フランスパン、食パンの3品のみ。


あちゃYOSHITAKEさんの同級生のお母さんが、一人で看板を守っているそうだ。

「ここでお店を開いて、44年になるかいねぇ...」

上品なご婦人で、女将さんと呼ぶよりも、お母様のほうがふさわしいかも。 
  2009_12_16-16-3.JPG

「昔、西条で親戚がパン屋をしよったんよ。うちの主人がそこで修行してきて、
今治でパン屋を始めたんやけど、最初は常盤町でお店を開いたんよ。」

それは、48年ほど前のことらしい。遠い記憶を思い返しながら、お母様の言葉が続く。

「初めは西条の親戚と同じ"黒猫パン"いう店の名前でしたけど、
共栄町に移ってくるときに"フランス屋"に替えたんよ。
あの頃は、この通りが今治で一番にぎやかじゃったけんねぇ」

 

今では閑散としているが、かつてこのわずか500mほどの長さの通りに、
5
6軒もの映画館が林立し、人通りで潤っていたのだという。想像も及ばない。


「主人が亡くなってからは、私がひとりで焼きよるんです。無理せんようにしながら...」

それで3商品だったのか。焼き上がりは朝1011時頃。


2009_12_16-16-2.JPG「ドーナツは店を始めた時からあるねぇ。懐かしい言うて買いに来る人もおるし、
子どもに食べさせたいと買いに来る親御さんもおるね。」

 

ファーストフード店のワタのように柔らかいドーナツとは違い、
しっかりと小麦の味が楽しめる昔気質のドーナツだ。
砂糖の甘さもまたちょうどいい。

2009_12_16-16-1.JPG 
「うちの職場にも、ここのドーナツの好きな人がおってね、
よく買ってきて差し入れしてくれるよ」

と、あちゃYOSHITAKEさん。

 

今回いろいろな店を回って気付いたのは、昔から続いている店には、
その店その味のファンがいる、ということ。


そして固定客を満足させる味と質を守り続けている。
その努力なくしては、商売は続いていかないのかもしれない。

 

 

ドーナツ 65

フランスパン 110

食パン一斤 240

■ フランス屋 

住 所 :今治市共栄町331 

電 話  0898-22-3294 

 

 

 

※ しまなみ資源活用プロジェクトのブログにもアップします 

by cyclo  at 07:32  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする