しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
松山 『葉牡丹』
2010年2月 8日

 宇和町と今治市間は、距離にして120km。
国道56号線と国道317号線を経由して、車で約2時間半ほど。
ラッシュで込んでいても約3時間。

 途中に、標高300~400mの峠が3つあります。
車なので難なく越えてしまいます。
 冬場の今は峠にさしかかると、車内に冷気が漂い込んできますが、
夏場は涼しい風が心地よい所です。

2010_02_06.jpg

 実は、道々気になっている飲食店がいくつかあります。

 松山の列車レストラン『でんぷん』は以前に訪れました。
その少し市内寄りに『葉牡丹』という、不思議な居酒屋?があります。 
 ず~と気になっていました。

なにせ、外観がちょっと怪しいのです。
建物はプレハブ(?)。入り口にトトロの張りぼて。
手書きの詩が板壁に書かれて、
「・・・一番わかっているようで、一番わからぬこの自分・・・」とあります。

ようやく勇気を出して訪問してみました。
店内に、屋台がどーんと置かれているのが印象的でした。
でも、それ以外は割と普通だし、こぎれいです。

店主が屋台のそばでグツグツとおでんを煮ております。
常連さんたちが、店主と会話を楽しんいます・
たまり場のような雰囲気です♪

2010_02_06-2.jpg

この店の定番だという"中華そば"と
たこ焼きがおでん汁に浮いた"たこでん"を頂きました。
不思議な食べ物でした。

もともとは屋台から始めたお店だそうで40年以上続くそうです。

帰り際にご主人が屋台の向こう側から、
「びっくりせんと、また来てよ・・・」と声をかけてくれました。
味のあるお店です。不思議空間の好きな人は、ぜひどうぞ。

ちょっと刺激されて僕も、旅で食べた中で一番気に入っている
タコスの屋台をやりたくなってしまいました。
 
  ↓ <メキシコ> 道沿いのタコス屋台で食事中
2010_02_06-4.jpg

 

by cyclo  at 21:19  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする