しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
旅行記、刊行についてⅲ
2010年3月31日

旅行記の著者校正が、やっと終了しました。

自分たちで原稿を読み直し、
「この文章は変だ」というところ等を直していたら、
赤字で真っ赤っ赤の修正だらけになり、
編集者の方に随分迷惑をかけてしまい、反省しきりです。

初めての出版、初めての執筆経験に、本の形態も想像できず、
最初は原稿を書き揃えるので精一杯でした。
書き始めの時は、印象に残った出来事や話題を10数話ピックアップして、
それを肉付けし膨らませて......というアドバイスをもらっていたのですが、
書き進めていくうちに、日記形式で旅の日々を綴る内容になっていました。

2010_03_30-2.JPG
ホームページの旅日記をリライトしながら、旅の始めから終わりまで書いていくうちに、
気付くと、いつも手元の書棚に置いている石川直樹さんの 『この地球を受け継ぐ者へ』 (458頁)に
肩を並べるほどの膨大な文章量になっていました。
内容はともかく、分厚い大作に仕上がりそうです。

それから文章中で、井上洋平さんの著書 『自転車五大陸走破』について
何度か触れさせてもらいました。
僕自身や出会った日本人サイクリストたちが、その本の影響を受けて旅していると
実感することが度々あったからです。

さて後は、写真のキャプションを付ける等の作業が残っています。
来週には入稿予定だそうです。 

入稿って・・・?という状態ですが、
なんとかここまで漕ぎつけることが出来ました。
2010_03_30.JPG

 

by cyclo  at 16:08  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする