しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
旅行記、刊行について
2010年3月18日

タンデム自転車世界一周を終えてから、2年余りが経ちます。

「本は出さないんですか?」と、これまでに何度も尋ねられました。

資金があって自費出版するなら、たやすいかもしれません。
でも、企画出版となると、現状はとても厳しいものがありました。

それが、ある出会いをきっかけにして、
昨年の夏、企画出版の話が現実化しました。

そして、原稿の執筆作業を本格的に始めました。
パートナーのトモ子さんと共著です。

5ヶ月ほどかけて何とか原稿を書き揃えたのが、今年の1月中頃。

その内容を見直したり、「はじめ」や「あとがき」を書いたり、
走行地図の作成を手配したりするうちに......もう3月。

相当のエネルギーと気力・根気が要る作業です。
決意がないと、途中でへこたれそうになります。
あるいは自転車を漕ぐよりも遥かに大変かもしれん......とも感じました。

そういえば、最初に編集者の方から、出版の意志を強く確認されました。
こういうことだったのか......と思い返しています。

2010_03_18.JPG

現在は、実際の本のページ状にレイアウトされたものを見て、
さらに文章を整え直す、著者校正の1回目の最中です。

見直すたびに直したくなります。
人に読んでもらうにはまだまだ恥ずかしい文章です。
それでも、編集者の方に助言をもらい励まされながら、
だいぶ形になってきました。

本のあとがきに、よく編集者の方への感謝の言葉が記されていますが、
今、本当にそのことを実感しています。
自分達だけの力では、本は生まれないです。

さて、校正作業にもどらねば......!

(自転車旅本の蔵書)
2010_03_18-2.jpg

by cyclo  at 22:02  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする