しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
9年ぶりの再会
2010年5月29日

先日、オランダ在住のご夫婦が今治に遊びに来てくれました。

日本人女性とオランダ人男性の夫妻です。

2010_05_29-0.jpg

僕たちがタンデム自転車で旅行中の2001年、

オランダで大変お世話になって以来9年ぶりの再会です。

まだ春浅い3月のことで、雪に見舞われ3週間近くも自宅に

泊めさせてもらったことが懐かしく思い出されます。

 

お二人は旅行好きで、時間を見つけては一緒に

オランダ国内も海外も出かけているとのこと。

日本人の奥様は、昔バックパッカーでアジアや

ヨーロッパを一人旅をしていたツワモノです。

2010_05_29-1.JPG

何度も来日しているオランダ人の旦那さまも四国はまだ2回目とのことなので、

一緒に来島海峡ポタリングを楽しんできました。

 

まずは、名物おかみ “ミーコちゃん” のいるお好み焼き屋さんで昼食にすると、

「すごくハートフルで楽しい雰囲気の店だね」 「彼女はとても気持ちのいい人だ」と

オランダ人男性が絶賛。

2010_05_29-2.JPG

なんと、「オランダへ連れて帰りたい!」と言って、

ミーコちゃんを軽々とお姫さま抱っこしてしまいました。

 

来島海峡に架かるしまなみ海道の三連吊橋の優美な姿には、

「ユネスコに登録してないの?」と言って、島々が浮かぶ瀬戸内の風景に

何度もシャッターを切っていました。
2010_05_29-4.JPG
この再会で、旅の思いが急激につのってきました。
今治に二泊して去っていく彼らを駅で見送りながら、
また旅に行きたくなっている自分でした。

by なりちゃん  at 19:45  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする