しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES

「2010年7月」アーカイブ

タンデム解禁 バンザーイ!

2010年7月23日
■タンデム自転車解禁!■
 
今日、今治市のサンライズ糸山で愛媛県知事と広島県知事の懇談会がありました。
この席上で、8月1日より愛媛県下全域の一般公道で
タンデム自転車の走行が解禁されることが発表されました。
 
2010_07_23-0.JPG
 
昨年10月より、シクロが “えひめ夢提案” の制度を通じて要望していた懸案が
これでようやく実現することになりました。
 
感無量です!!
 
これを受けて、しまなみ海道でつながる広島県側の知事からも、
タンデム自転車の安全検証を前向きに進めているという返答がありました。
 
広島県でも解禁になる日は、そう遠くはないようです。
 
2010_07_23-2.JPG
     広島県知事とタンデム自転車に!
 
 
これで、「しまなみでタンデム・サイクリング!」のように
地域ブランド作りや自転車観光促進に
弾みが付き、
自転車=楽しいというイメージを持てる人が一人でも増えるといいですね。
 
早速ですが、9月11日(土)には
今治東ライオンズクラブ主催(共催:シクロツーリズムしまなみ)で、
障がい者の方などにタンデム自転車を楽しんでもらう
“ブラインドサイクリング2010” を開催予定です。

愛媛県で行われるはじめてのタンデム自転車のイベントなので(たぶん…)、
参加者に満足してもらえる、良い内容にしたいと、
スタッフ皆でアイデアをひねっています!
 
2010_07_23-3.JPG
        広島県知事とタンデムラン!
        (ありがとうございました。)
 
 
参考資料:えひめ夢提案制度
by なりちゃん  at 20:11  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

サイクリングライフvol.2 発売中

2010年7月21日

今治も、連日夏の日差しが照りつけています。

学校は夏休みに突入してたんですね。
早朝、公園に集まっている小学生たちを見て、ようやく気付きました。
仕事が山積みで、時間や曜日が分からんようになってました。

さて、自転車雑誌『サイクリングライフvol.2』(八重洲出版)が昨日発売されました。
週末自転車旅行のコーナーで、しまなみ海道が特集されています。
シクロツーリズムしまなみからも情報や写真などをたっぷり提供!

2010_07_21-2.JPG

雑誌の紙面作りに関わったのは、初めての経験でしたが、
読者のターゲットを決めて、内容を考えて、伝わりやすいように記事を書き、
東京にいる編集者やライターさんと電話やSkypeで打合せをしながら
作業を進めて行きました。

今治を代表する話題のB級グルメ『焼豚玉子飯』や、
サイクリストなら見逃せないヘルメットお守りなども紹介できました。
雑誌を手にした人が一人でも多くしまなみに来てくれれば・・・と思っています。

2010_07_21.jpg

by なりちゃん  at 11:40  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

女性自身

2010年7月20日

 夏日に焼かれる、ムシムシとした日々がやってきました。
道行くサイクリストたちも、汗に光っているように見えます。

自分は夏バテしない方ですが、
じっとしていても額や首筋を流れる汗が止まらなかった東南アジアは、
さすがにしんどかったな・・・・・・

最後に東アジアを走り、日本へ戻ってきたのが2年半ほど前。
旅を終えてから、新聞や雑誌社に取材してもらう機会がありましたが、
週刊誌の「女性自身」が、わざわざ東京から愛媛まで来られて時には、
ちょっとびっくりしました。

自転車旅行と女性週刊誌って、まるでケーキに醤油をかけるようなもの?
「そんなん記事になるんかな?」と内心思ったからです。

でも、発売された「表紙が雅子様」の紙面(2008年3月25日号)を見て感心。
うまくまとまっていたんですよ! これが。

けっこう新聞や雑誌記者の主観で、間違いや話を勝手に作られることが多いのですが、
「女性自身」の若い女性記者さんは、素敵な記事にしてくれたんです。
あの節は、ありがとうございました~。

先週発売の「女性自身(7月27日号)」で、自分たちの旅行記、
「世界でいちばん長いハネムーン」を新刊案内で紹介してもらいました。

小さな枠でも、取り上げていただいてすごく嬉しかったです。
人とのつながりって、大切やなあと思います。。。

2010_07_18.jpg

 

by なりちゃん  at 21:33  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

梅雨の最中に・・・

2010年7月16日

梅雨の真っ盛り。

今治市もどんよりとした空から雨がザーッと降ったり、やんだりしています。

 

 ところで、自転車雑誌は数がふえましたね。

月刊誌からムック本まで、数えてみるとざっと十数誌はあるようです。

10数年前は、片手で足りるほどだったと思うけど・・・

今まさに、自転車がブームなんだなと実感します。

  

そんな数ある自転車雑誌のなかで、

Funride」7月号 (p.118) では、シクロツーリズムしまなみ主催の
ポタリングツアーを取材していただきました。

 

2010_07_15-0.jpg


「バイシクルクラブ」7月号 (p.173) と
「自転車生活 」vol.27 (p.135)では、

『世界でいちばん長いハネムーン』の紹介をしてもらいました。

2010_07_15-2-2.jpg

 2010_07_15-1.jpg

各雑誌の担当者様、ありがとうございます!!

自転車がブームで終わらず、文化として定着して欲しいと思いながら、
しまなみ海道で活動を続ける毎日です。

by なりちゃん  at 19:24  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

『旅の手帖』 8月号に出ていまーす。

2010年7月13日

『旅の手帖』8月号に、しまなみ海道が取り上げられました。


編集部からご依頼をいただいたのは、先月のこと。
梅雨の谷間のキラッと晴れた日に、取材のアテンドをさせていただきました。


青い海を眺めつつ、
大島~伯方島~大三島を案内しましたが、
午後からのスタートだったので、約50kmの行程をかなり急ぎ足のペースで走りました。
「しんどくないですか?」とライターさんに聞くと、
「実は、私も昔、自転車で日本一周したことがあるんですよ」とのお答え。


なんと、サイクリストだったとは!


ライターさんは、汗をかきつつペダルを踏み、立ち寄りポイントでは精力的に取材をし、
構図や露出を念入りに計算して写真を撮影し、また次のポイントを目指します。

 

  

IMG_3560.JPG

 

 『旅の手帖』編集部から 「しまなみ海道をサイクリングで取材したい・・・」

 と依頼があったときは、「体力、大丈夫やろか?」とちょっと心配したけれど、

なるほど、「自転車に慣れた記者が行きますので・・・」という返答に納得!です。

 

 ペダルをしゃんしゃん漕いで、話を聞き、写真を撮り、記事を書く、

 一人三役、「さすがプロ!」 と感嘆させられました。

 

IMG_3573.JPG

 

 この取材の様子、『旅の手帖8月号』 P.122に掲載されています。

 興味のある方、ぜひ読んでみてくださーい。

 

2010_08 旅の手帖4.jpg

by なりちゃん  at 20:26  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
123  |