しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
女性自身
2010年7月20日

 夏日に焼かれる、ムシムシとした日々がやってきました。
道行くサイクリストたちも、汗に光っているように見えます。

自分は夏バテしない方ですが、
じっとしていても額や首筋を流れる汗が止まらなかった東南アジアは、
さすがにしんどかったな・・・・・・

最後に東アジアを走り、日本へ戻ってきたのが2年半ほど前。
旅を終えてから、新聞や雑誌社に取材してもらう機会がありましたが、
週刊誌の「女性自身」が、わざわざ東京から愛媛まで来られて時には、
ちょっとびっくりしました。

自転車旅行と女性週刊誌って、まるでケーキに醤油をかけるようなもの?
「そんなん記事になるんかな?」と内心思ったからです。

でも、発売された「表紙が雅子様」の紙面(2008年3月25日号)を見て感心。
うまくまとまっていたんですよ! これが。

けっこう新聞や雑誌記者の主観で、間違いや話を勝手に作られることが多いのですが、
「女性自身」の若い女性記者さんは、素敵な記事にしてくれたんです。
あの節は、ありがとうございました~。

先週発売の「女性自身(7月27日号)」で、自分たちの旅行記、
「世界でいちばん長いハネムーン」を新刊案内で紹介してもらいました。

小さな枠でも、取り上げていただいてすごく嬉しかったです。
人とのつながりって、大切やなあと思います。。。

2010_07_18.jpg

 

by なりちゃん  at 21:33  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする