しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES

「2010年12月」アーカイブ

朝日新聞 "ひと"

2010年12月25日

「ジョブラボ」という、朝日新聞の
”働く女性応援プロジェクト”が運営するウェブサイトがあります。

“十色に輝く”というコーナーでは、朝日新聞本紙の“ひと”欄から、
ジョブラボ編集部が独自視点で選んだ女性が紹介されています。

クリスマス・イブの昨日、
「タンデム自転車で世界一周、88カ国を走破」と題して、
今年7月4日に朝日新聞本紙に掲載された記事が紹介されました。

< 「こんな生き方もあるのか」「こういう人になりたい」と感じさせるような、
 さまざまな女性の生きざまや働き方を紹介する > という
“十色に輝く” のタッチとは、ちょっと異色な気もしますが、

新聞記者さんの筆力のたまもので、
ジョブラボ編集部のひとが、トモ子さんに着目したのでしょうか・・・??

http___joblabo.asahi.jpg
 
この記事を書いてくれたのは、朝日新聞今治支局の記者さんで、
以前から “シクロツーリズムしまなみ” の取り組みにも着目されていました。
人と人のつながりがあればこそ、生まれた記事だと思います。

今年6月に「“ひと”欄のインタビュー記事にとりあげたいのですが…」と
依頼されたときは、嬉しさと、恐れ多さを感じました。
実は憧れのコーナーでもあったので・・・。

報道関係で働いているある知人も、
「朝日新聞の“ひと”欄は読んどきなさいって親から言われて、
今も必ず目を通しています」と話していましたし、
何かと注目される記事ですよね。


DVC00038.jpg
取材の合間に・・・記者さん(前)とカメラマンさん(後)
   タンデム自転車体験中!!

 

というわけで、またまたお宝をご紹介しましょう!

1995年5月30日(火)付の朝日新聞 “ひと”欄。

IMAGE0001.jpg

今から15年前、 世界一周の先達サイクリスト、井上洋平さんが、
体験記(↓)を出版し、朝日新聞の”ひと”欄に紹介された時のものです。

「自転車五大陸走破」(中公新書)

まだ黙々と旅の準備段階だった当時の自分、
これは憧れましたね~、純粋に。
世界一周達成も、出版も、新聞で紹介されたことも・・・

(でも井上さんは、自分とは全然違って超 「走り屋」 さんです。
たった6年半で、13万7千km以上も走っています。
一日の目標走行距離が150km以上だったとか・・・凄過ぎる!
ちなみに自分らは、10年半で10万5千km・・・)

井上さんはかつて著書について、
「旅にも携えてもらい、役立つようにと思いを込めた書いた」
と話してくれました。

自分たちが、旅先で出会った日本人サイクリストの中には、
「井上さんの本を読んで旅を決めた」という人や、
「これを読むと頑張ろうと思えてくるんです」と
バイブルのように持ち運んでいる人もいました。 

自著「世界でいちばん長いハネムーン」でも
井上さんについては幾度となく記述させてもらっていますが、
自分自身が、自転車にのめり込み、タンデム自転車に魅せられ、
世界旅に出かけたのも、出会いの積み重ね・・・。

人は人の影響を受けずに生きていくことは出来ないんですねえー。
 

by なりちゃん  at 12:44  | Permalink  | Comments (2)  | Trackbacks (0)

アウトドア雑誌「BE-PAL」

2010年12月17日

小学館から出ている、アウトドアー雑誌「BE-PAL」に、
様々なスタイルの旅人を紹介する記事を連載している知人がいます。

“石田ゆうすけ”さんという人で、作家として新聞、雑誌に執筆していますが、
彼自身も7年余りをかけて自転車で世界一周をした旅人。

2010_12_17-1.JPG
   (今治の有名焼鳥屋にて)

彼が旅を始めたのは1995年から。僕たちはその2年後に出発。
行く先々の日本人宿の情報ノートに、彼の書き記したものを見かけました。
さらに、メールで情報を尋ねたり、彼の足跡を参考にして走行ルートを考えたりと、
随分お世話になっていたなぁという思いです。

彼の旅の様子は『行かずに死ねるか!』など、他数冊にまとまっています。
読んだら分りますが、衝撃的に上手いんです、文章が・・・。
興味のある方は、ぜひポチッと購入をクリックしたってや~。

さて、その石田さんと相棒のカメラマンさんが、
先日取材で愛媛の自分たちの元を訪れてくれました。

カメラマンさんも、オートバイで世界を回った旅人で、
南米やイギリスで石田さんと幾度も遭遇し、
「作家を目指す!」「カメラマンになる!」と語り合った仲なんだそうです。

旅先の出会いって、旅の高揚感や連帯意識をともなって、
一種独特なつながりや絆を持てるんですよね。
イイっスよねー。

BE‐PALの“リアル旅人図鑑”というコーナーなのですが、
一泊して、じっくりと深みのあるインタビューと、旅の道具たちをバッチリと
写真撮影されました~。

2010_12_17-2.JPG

「バランスがポイントなんですよ」と石田さん。
床に広げた道具たちを、何度も入れ替え並べ替え、試写の繰り返し。
道具をひとつ手に取り、ひとしきり考えて割愛。
「文章と一緒で、スッキリさせると良く見えてくる」・・・と。

何気ない一言ですが、文章も写真も人生も一緒かも知れん。
“シンプル・イズ・ベスト” で行きたいなあ・・・しみじみと思ってしまいました。

2010_12_17-3.JPG

掲載号は、2/10発売の3月号…って言ったかな?多分。
どんな切り口で石田さんはまとめるのか、興味深々です。

というわけで、ちょっとだけお宝写真を公開。
ベトナムの安宿にあった情報ノートです。
絵も上手いんですよ、彼は。

2010_12_17-4.JPG

本人が知ったら「恥ずかしいんで、消してくださいよー!」
と言うに違いない。
そやから「見た、見た」いわれんよ~~~
(↑バリィさんのマネで) 

by なりちゃん  at 10:02  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

向島へ2

2010年12月 8日

尾道には「チャイダー」という飲み物があります。

市内にあるチャイサロン・ドラゴンがプロデュースした、
緑茶とサイダーがミックスした摩訶不思議な飲み物ですが、

市内にある今川玉香園茶舗のお茶と、ここ向島の地ラムネ屋さん
“後藤鉱泉所”のサイダーをコラボした由緒正しい商品といえましょう。

さて、そのお味は・・・

IMG_2127.JPG

「あ、確かにお茶の香り!」
「これは珍味、珍味!」
と、けっこうはまる味でしたぞ。

赤いラベルの“コープチャイダー”は、
「緑茶とサイダーとカープのエキセントリックな出会い」
というキャッチをつけるほどのカープ想いの一品。

たとえ巨人ファンでも広島土産に選んでもらいたい一品なり。

 bicycle   bicycle     bicycle        bicycle         bicycle          bicycle

さて、因島に戻って、念願の“いんおこ(因島お好み焼)”を数軒はしご。

どの店もしっかり美味しくて、とても甲乙つけられません。
まあ、好みを言えば、自分はひと癖あるようなパンチの効いた店か、
そんなオバちゃんのやっている店に行きたくなります。

IMG_1669.JPG
「ニシナカ」お好み焼き店 
因島田熊町西浜区2843-9(旧田熊中学校そば)

小さな空間、古びた建物、大胆にうどんをのせる作り方……

「以前、別の人がここでお店を開いとったんじゃけど、休業してからにね。
 建物から道具まで全部揃っていたけん、私が安く借りて再開したんよ。
 そじゃけ、店も古くてボロかろう」 とおかみさん。

IMG_1666.JPG

昼時に訪れたのですが、地元の常連さんが次々と扉を開けて注文していました。

こちらのお好み焼きは、熱い鉄板にのせたまま、
ヘラを箸代わりにしてフーフーしながら食べるのが特徴です。
そば入りよりも地元製麺所のうどんを入れるのが人気とか。

因島にはお好み焼きを食べられる店が20軒以上はあるようです。
まさにお好み焼きの島!

 
因島のメインポート “土生港” の近くに、
細い路地に軒を連ねた昔ながらの商店街があります。
30年以上前、日立造船が全盛期の頃が一番賑わっていたそうで、
退社時間とともに人波で埋め尽くされたとか……。

いまではひっそり細々と営まれている感じもしますが、
どっこい、商店街のおかみさんが集まり “はぶ姫の会
を立ち上げて頑張っておられます。

その商店街の一角、
はぶ姫の会会長さんのお店が児玉製パン所。
そこで焼いているパンの中でも一番人気なのが “ねじパン”。
たっぷりとグラニュー糖のまぶされたツイスト・ドーナツで、
戦前から焼き続けている一品だそうです。

IMG_1674.JPG

もっちりした生地に、油が程よく染み込んだ揚げ具合。
胃にもたれないのは、美味しさの証に違いないです。
生協(スーパー)などにも置かれているけど、
せっかくならお店を訪れて買ってみたい。 一本90円なり~。

 

IMG_1640.JPG
 しまなみ海道、最後の造り酒屋 “備南酒造”。
銘酒「本因坊」をお土産にと思って訪れました。

IMG_1659.JPG

数年前に社長で杜氏だったご主人が亡くなってからは、
おかみさんがお酒を造り、蔵を守っているそうです。

でも、おかみさん自身もご高齢で、
「この酒蔵のお酒が飲めるのも、あと2,3年かな」
と伺いました。

近いうちにまた足を運ばねば!

・・・おしまい。
 

by なりちゃん  at 09:26  | Permalink  | Comments (2)  | Trackbacks (0)

向島へ

2010年12月 6日

しまなみ海道は、今日も冬晴れの気持ちよい青空が広がっています。

IMG_1708.JPG
(因島大橋:手前が向島、奥が因島)

先週末、尾道の向いにある“向島”へ走りに行ってきました。
今治側からだと、しまなみ海道の中では一番遠い、
はるばる6本の橋を渡って到着する島です。

尾道市のベットタウンとして発展した“向島”の人口は、なんと26,000人!
愛媛側の島々は1万人にも満たないのに、
・・・えらい違いです!

うらさびれた・・・よく言えばのどかな愛媛と比べたら、
広島側は島といえども、そりゃもう大都会。
信号も車も、ほんとに多いです。

そんなわけで、向島の特に北側は発展しているので、
サイクリングを楽しむなら断然南側がおすすめ。
小さな漁村が点々とある簡素な佇まいです。
IMG_1730.JPG

島には、パワースポット的な場所もあります。
神秘的な巨石が、“天の岩屋戸神話”や“太陽信仰”を語りかけてきます。
IMG_1834.JPG

 向島のすぐ隣、赤い橋でつながる“岩子島”の山の上にも
「ゆるぎ岩」というメンヒルがあることを発見!
IMG_2039.JPG

古代の人々は、この上で何を祈ったのでしょう・・・

 

さて、地球温暖化と言われる昨今ですが、
みかんの木にも「えっ」と驚くことが!

畑を通りかかると鼻をくすぐる甘い香り・・・
なんと5月に咲くみかんの花が、12月に咲いている! 

しかも、隣りの枝にはオレンジ色の実が・・・
ありえない、花と実のツーショット
IMG_2092.JPG

「今年の夏は暑かったけんじゃろうかね?」
と農家のおじさんも首を傾げていました。。。

                                               つづく・・・・

by なりちゃん  at 17:23  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

因島へ

2010年12月 2日

島の情報を網羅した 「しまなみ島走(とうそう)MAP」。

愛媛側の島々(4部)は既に完成し好評を博しています。

IMG_1631.JPG

そして、「ぜひ広島側も!」との熱い要望にお答えし、
生口島・因島・向島の製作に取りかかりました!

 

風がおさまり天気の安定した先日、
因島の道という道をくまなく走って情報収集しました。

二階建て構造の因島大橋を見上げて↓
IMG_1427.JPG

眺め抜群の白滝山フラワーラインを走行↓
IMG_1433.JPG
 

山道は、紅葉のトンネルにつつまれていました↓
IMG_1570.JPG


因島は、はっさく発祥の地。
この時期は柑橘類がたわわに実っています↓
IMG_1538.JPG

東海岸線は起伏がきついのですが、その分絶景が続きます。
限りなく透明に近いブルーのビーチがそこかしこに……↓
IMG_1304.JPG

引き潮の漁港でお年寄りが牡蠣を採っていました↓
IMG_1312.JPG
 

桟橋にある昭和レトロな食堂街で手打ちラーメンをいただきました。
先代から50年続く手打ち麺だそうです。

ご主人が高血圧対策でほとんど塩を使わず麺打ちをしているとか。
「塩を入れないで打つと粘りと腰が出るまでに大変やけど、健康にいいけんね」
と女将さんが話してくれました。

「手打ち麺は、好みが分かれるのよ」
と聞かされて食べ始めましたが、
製麵所等の機械打ちとは全く違う味と食感で、
これはまた食べに行きたくなります。

IMG_1416.JPG

それから、因島で一番行きたかったところが
「本因坊秀策囲碁記念館」。

本因坊秀策とは、徳川将軍杯で空前絶後の連勝記録を樹立するも、
わずか34歳で急逝した江戸時代の天才棋士です。

実は、囲碁のことは無知に等しいんですが、
ブームの発端になったコミック「ヒカルの碁」、
自分もハマッてむさぼり読んだんです。
タンデム自転車世界一周の途中、
タイの首都バンコクにある 「バンコク日本文化センター」 の図書館で・・・

「ここが秀策の生まれた場所か・・・」と、ひとり悦に入ってきましたよ。
IMG_7574.JPG

因島は、風景・文化・お好み焼きとかなり楽しめる島でした。
そんな思いを込めて、MAP情報をまとめていきたいと思います。

by なりちゃん  at 22:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
1