しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
朝日新聞 "ひと"
2010年12月25日

「ジョブラボ」という、朝日新聞の
”働く女性応援プロジェクト”が運営するウェブサイトがあります。

“十色に輝く”というコーナーでは、朝日新聞本紙の“ひと”欄から、
ジョブラボ編集部が独自視点で選んだ女性が紹介されています。

クリスマス・イブの昨日、
「タンデム自転車で世界一周、88カ国を走破」と題して、
今年7月4日に朝日新聞本紙に掲載された記事が紹介されました。

< 「こんな生き方もあるのか」「こういう人になりたい」と感じさせるような、
 さまざまな女性の生きざまや働き方を紹介する > という
“十色に輝く” のタッチとは、ちょっと異色な気もしますが、

新聞記者さんの筆力のたまもので、
ジョブラボ編集部のひとが、トモ子さんに着目したのでしょうか・・・??

http___joblabo.asahi.jpg
 
この記事を書いてくれたのは、朝日新聞今治支局の記者さんで、
以前から “シクロツーリズムしまなみ” の取り組みにも着目されていました。
人と人のつながりがあればこそ、生まれた記事だと思います。

今年6月に「“ひと”欄のインタビュー記事にとりあげたいのですが…」と
依頼されたときは、嬉しさと、恐れ多さを感じました。
実は憧れのコーナーでもあったので・・・。

報道関係で働いているある知人も、
「朝日新聞の“ひと”欄は読んどきなさいって親から言われて、
今も必ず目を通しています」と話していましたし、
何かと注目される記事ですよね。


DVC00038.jpg
取材の合間に・・・記者さん(前)とカメラマンさん(後)
   タンデム自転車体験中!!

 

というわけで、またまたお宝をご紹介しましょう!

1995年5月30日(火)付の朝日新聞 “ひと”欄。

IMAGE0001.jpg

今から15年前、 世界一周の先達サイクリスト、井上洋平さんが、
体験記(↓)を出版し、朝日新聞の”ひと”欄に紹介された時のものです。

「自転車五大陸走破」(中公新書)

まだ黙々と旅の準備段階だった当時の自分、
これは憧れましたね~、純粋に。
世界一周達成も、出版も、新聞で紹介されたことも・・・

(でも井上さんは、自分とは全然違って超 「走り屋」 さんです。
たった6年半で、13万7千km以上も走っています。
一日の目標走行距離が150km以上だったとか・・・凄過ぎる!
ちなみに自分らは、10年半で10万5千km・・・)

井上さんはかつて著書について、
「旅にも携えてもらい、役立つようにと思いを込めた書いた」
と話してくれました。

自分たちが、旅先で出会った日本人サイクリストの中には、
「井上さんの本を読んで旅を決めた」という人や、
「これを読むと頑張ろうと思えてくるんです」と
バイブルのように持ち運んでいる人もいました。 

自著「世界でいちばん長いハネムーン」でも
井上さんについては幾度となく記述させてもらっていますが、
自分自身が、自転車にのめり込み、タンデム自転車に魅せられ、
世界旅に出かけたのも、出会いの積み重ね・・・。

人は人の影響を受けずに生きていくことは出来ないんですねえー。
 

by なりちゃん  at 12:44  | Permalink  | Comments (2)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメント(2)
ALLEZ | 2010年12月31日 16:56 | 返信

来年こそあこがれのしまなみを走りたい!
こんな決意をしました。
来年もブログでお付き合いくださいね。
それではよいお年を・・・・

コメントする