しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
因島へ
2010年12月 2日

島の情報を網羅した 「しまなみ島走(とうそう)MAP」。

愛媛側の島々(4部)は既に完成し好評を博しています。

IMG_1631.JPG

そして、「ぜひ広島側も!」との熱い要望にお答えし、
生口島・因島・向島の製作に取りかかりました!

 

風がおさまり天気の安定した先日、
因島の道という道をくまなく走って情報収集しました。

二階建て構造の因島大橋を見上げて↓
IMG_1427.JPG

眺め抜群の白滝山フラワーラインを走行↓
IMG_1433.JPG
 

山道は、紅葉のトンネルにつつまれていました↓
IMG_1570.JPG


因島は、はっさく発祥の地。
この時期は柑橘類がたわわに実っています↓
IMG_1538.JPG

東海岸線は起伏がきついのですが、その分絶景が続きます。
限りなく透明に近いブルーのビーチがそこかしこに……↓
IMG_1304.JPG

引き潮の漁港でお年寄りが牡蠣を採っていました↓
IMG_1312.JPG
 

桟橋にある昭和レトロな食堂街で手打ちラーメンをいただきました。
先代から50年続く手打ち麺だそうです。

ご主人が高血圧対策でほとんど塩を使わず麺打ちをしているとか。
「塩を入れないで打つと粘りと腰が出るまでに大変やけど、健康にいいけんね」
と女将さんが話してくれました。

「手打ち麺は、好みが分かれるのよ」
と聞かされて食べ始めましたが、
製麵所等の機械打ちとは全く違う味と食感で、
これはまた食べに行きたくなります。

IMG_1416.JPG

それから、因島で一番行きたかったところが
「本因坊秀策囲碁記念館」。

本因坊秀策とは、徳川将軍杯で空前絶後の連勝記録を樹立するも、
わずか34歳で急逝した江戸時代の天才棋士です。

実は、囲碁のことは無知に等しいんですが、
ブームの発端になったコミック「ヒカルの碁」、
自分もハマッてむさぼり読んだんです。
タンデム自転車世界一周の途中、
タイの首都バンコクにある 「バンコク日本文化センター」 の図書館で・・・

「ここが秀策の生まれた場所か・・・」と、ひとり悦に入ってきましたよ。
IMG_7574.JPG

因島は、風景・文化・お好み焼きとかなり楽しめる島でした。
そんな思いを込めて、MAP情報をまとめていきたいと思います。

by なりちゃん  at 22:00  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする