2011年1月アーカイブ

因島&弓削島 自転車散歩Ⅰ

昨日は、シクロのメンバー3名+バリブロガー将さんの合計4名で、
因島(広島)と弓削島(愛媛)に行ってきましたよ。

痺れそうに冷たい真冬の空気に満ちていましたが、
因島の土生商店街には、尾道や三原からも人が来ており
総勢、14名ほどの人々で自転車散歩のスタートです。
IMG_1600.JPG
 

チャリチャリとペダルを回して、細い路地に軒を連ねる
土生商店街を抜けて・・・
IMG_3168.JPG


町を見下ろす絶景ポイント、因島公園へ向けて急登坂。
先頭は因島観光協会のマドンナが道案内してくれたっす。
ひぃひぃ・・・がんばりぇ~。
IMG_3215.JPG
 

公園は頂上にあります。眺めがええっすよ。
いつもとずいぶん違う自転車やないか・・・
気付きますか?
IMG_1610.JPG
 

電動アシスト自転車のポタリングツアーなのでした。
尾道で取り組んでいる社会実験だそうです。

らくらくすいすいと急坂を上れましたが、体が温もらんので寒いッス。
シクロガイドの“さとじい”と、シクロ代表の“ゆうこりん”も完全防備なり~。
IMG_3228.JPG

 

因島も造船の島。建造中の船を間近に見学。
NHKの朝ドラ “てっぱん”のロケが行われた造船所らしく、
会社の人がその時の話をしてくれました。

IMG_3249.JPG

「リハーサルを繰り返して、丸一日かけて撮っても使われるのは数十秒。
近所の子どもから年寄りまで250名がエキストラで集まってくれたけど、
暑い中をみんなよく辛抱してくれました」

「工場の作業も一日ストップせねばならず、
仕事が遅れるのが何よりも辛かった」……と。
IMG_3253.JPG

僕はTVを持っていないので、“てっぱん”を見たことはないんですが、
地元の人々の協力で作られたそのシーンは、いつかこの苦労話を
思い出しながら見てみたいですね。

 

造船所を後にして走っていると、
道沿いに不思議なものを見かけました。
ぐるんぐるんと回転中。なんじゃ、こりゃ?
IMG_3264.JPG

 

お店のおじさんが出てきて、機械を停めてくれました。
なんとタコです!!
「遠心力ですぐに乾くんよ」とのこと。
IMG_3271.JPG

「あんたら、どこから来たん?」と問われたので返事をすると
「わしも昔今治におったんよ。魚の修行するには今治がいちばんええんじゃ」
と懐かしげに眼を細めていました。
「タコ、あぶっちゃろうか?」と言ってくれたのですが、
先頭グループと離れてしまっていたので惜しくも我慢。
「また遊びにおいでぇ」と見送ってくれました。

軒先には、立派な干しダコも吊るされていました。
「明石にも負けんぐらい美味いゾ」と、ご自慢のタコでした。
IMG_3275.JPG
 

つづく。。。
 




 

自転車ツーキニスト疋田さんのメルマガ

「自転車ツーキニスト」という言葉をご存知ですか?

“自転車で通勤する人” という意味の造語で、
生みの親は自転車文化人として知られる疋田智さん。

自転車に関する著書数多く、自転車雑誌にも連載されているので、
疋田さん=「自転車マン」というイメージが強烈なんですが、
本職は、「テレビマン」・・・某テレビ局のプロデューサーさんです。

スキンヘッドのイメージも強いですね。。


2010_01_22-2.JPG

(松山市内にてシクロスタッフと打合せ中の疋田氏 2008年11月)

そんな著名な疋田さんが、自身のメルマガで
『世界でいちばん長いハネムーン』を紹介して下さっていたとは・・・!!
<疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」>
 12月15日発行 【ヒキタ解釈のオススメ本】

 恐れ多くて冷や汗ものですが、
ユーモラスな語り口に救われる思いがしました。

 

疋田さんと初めてお会いしたのは、2年ほど前、
愛媛県松山市で行われた自転車イベントで講演に来られたときです。

案外気さくな方で、
話の上手さに吸い込まれる気がしたことを今でも覚えています。
 

また、マイお宝写真を公開しますが、、、
そのとき疋田さんと一緒に撮ったのがこれ。

2010_01_22-1.JPG

自分が旅で乗っていた2台目キャノンデール号と。 

いや~、これは貴重なショットだ!!
(すんません、一人で満悦状態・・・)

疋田さん、また是非しまなみに遊びに来てくださーい!!
(と、こっそりラブコール送っとこう)

自転車人 vol.22

書店に行くたびに自転車関係の雑誌が増えていて、
いつも「おっ!」と驚きます。

山と渓谷社の『自転車人』は既に”中堅”なのかも(?)ですが、
自分たちが海外を旅している間に創刊された季刊誌です。

カラー頁がメチャ多くて、サイクリングコースの紹介やニューアイテムが
たくさん載っていて、見飽きない雑誌ですね。

さて、今月15日発売の冬号(Vol.22号)では、
「タンデム自転車でいこう!」というキャッチで特集が組まれています。

取材に使用されたのは、KHSの折りたたみ小径タンデム車

IMG_0223.JPG
(2010サイクルモードでも展示されていました!)

「KHS」は折りたたみの小径自転車が得意なアメリカンブランド。
ホイールベースが長めで直進安定性が良いと評判です。

台湾の工場で生産されているので、
KHSタンデム車ユーザーが台湾には結構いるみたいですよ。

自分もこの記事を読んで、
「KHSのタンデム車も試乗してみたい!!」
・・・とムクムク興味をそそられました。

2011_01_21.JPG

誌面の一部の囲み記事に、
『しまなみ海道がタンデム自転車の聖地になりつつある!』と題して
自分たちの活動も紹介していただきました。
ありがとうございます。

「自転車人」、今後も色々と興味深い記事、
楽しみに愛読させていただきます。

明徳短期大学にて (Ⅱ)

今治市内の明徳短期大学で、
二回目の講話をさせてもらいました。

話のテーマ・内容は、「世界に翔け!」
前回と同じく「印象深い国ベスト10」。

今回は写真をテンコ盛りにして、
キャプションに中国語訳を付けてみました。

IMG_0634(うさみ).jpg

30数名全員が中国からの留学生です。
学歴社会の中国で、厳しい受験戦争に破れてしまった場合、
三流大学に進学するよりは、いっそ留学して箔をつける方を選ぶのだとか・・・

留学先の筆頭はアメリカだそうですが、
文化・習慣が似ていて比較的経済負担の軽い日本も
留学先に選ぶ人が多いそうです。

とはいえ日本での学費や生活費は、
中国の平均的な生活からすると莫大な金額です。
「“月中無休”でバイトしながら、勉強しています」と
男子学生の一人が話してくれました。

IMG_2942.JPG

このクラスは皆仲が良く、積極的でノリの良い学生が多かったです。
反応がいいと、話しやすいものですね。

日本語がまだおぼつかない学生もいたようですが、
友達に通訳してもらいながら、うなずいたり笑ったりして聞いてくれました。

「旅の途中病気とかしなかったですか」
「迷子になったりしませんか」
「旅をして一番幸せだったことはなんですか」などなど
興味を抱いてたくさん質問もいただきました。

 
講話後は運動場に出て、タンデム自転車の試乗体験。

なんと、自分の気持ちを伝えられずにいた女子が
クラスメイトらの思いやりで、好きな男子とカップリング。
タンデム自転車が恋活にひと役かったようです!

IMG_2970.JPG

この日、愛媛新聞の記者さんも来ていて、
翌日紙面に取り上げてくれました。 

2011_01_13.gif

昨年の愛媛新聞今治支局内での『やわらかい話題ベスト10』の第1位は、
「タンデム自転車」だったそうです。

タンデム自転車に関する話題に注目してくれています。

IMG_3002.JPG

今年もタンデム自転車を使って、様々な活動をしていきますヨー!

 

しまなみウェルカム・デイズ

しまなみ海道の中でも、ひときわ雄大な来島海峡大橋。
そのたもと今治市大浜に『昌万』というお好み焼き店があります。

“今治一”の人情お母さん、ミーコちゃんが切り盛りするお店で、
地元に愛され続けて20周年を迎えました!

IMG_2903.jpg

私たちシクロ主催のプチ・グルメサイクリングでも定番のお店で、
ミーコちゃんの闊達なトークにいつも参加者とワイワイ盛り上がります。

打ち上げや新年会でも利用するし、遠方から知人が来たときにもよく行きます。
皆に元気女将ミーコちゃんを紹介したくなるんですよねー。

IMG_2904.jpg

もちろん、味の方も絶品!
冷えたお好み焼きって、温め直してもあまり美味しくないものですが、
ミーコちゃんのお好み焼きは、後で食べても遜色なく美味い!


さて、おとといも『昌万』にて、
姫路出身で徳島在住の青年、西川君を囲む会をしました。

彼は、自転車で世界一周にトライ中。詳細は彼のブログへどうぞ!
『僕の地球を走る旅』
今は一時帰国して旅の資金を捻出中です。
 

IMG_2913.jpg

ミーコちゃんは、20周年感謝デーに向けて、
大量のキャベツを刻んだりと忙しそうでしたが、
人懐こい西川君と意気投合し、
豪快トークでお宝アンティークなどを披露してくれました。

ありがとう、ミーコちゃん!


そして昨日、
西川君と大工のさとしさんと一緒に、大三島までレッツ・サイクリング!


P1094728.jpg

 

IMG_1225.jpg

西風がめちゃくちゃ強い日でした。
風が冷たくて、鼻水がチョチョ切れます!

行きは追い風、帰りは向かい風・・・。

しまなみ縦走するなら、
今治→尾道がおすすめですゾー。

 

 

 


P1094729.jpg

大三島に移住して、柑橘栽培や雑貨販売をしている
リモーネ」さんのお店に立寄って、ストーブに当たりながら談笑。

IMG_1237.jpg

35kmほど走って、今日の目的地、大三島の「こりん工房」に到着。
コネコネと生地を延ばして・・・

P1094736.jpg

手造り窯焼きピザの出来上がり。。。
多々羅大橋を眺めて、オープンエアーのスペースでいただきます!

「こりん工房」は本来は陶芸家さんのアトリエです。
釉薬を作る窯で、ピザ焼き体験が可能なんですヨ。

P1094745.jpg

「ロードの走り感もイイッスね。帰ったら買おうかな」
と、普段はMTBに乗っている西川君。

P1094748.jpg

サイクリングから戻ったら、
シクロのメンバーがホッカホカの雑煮を作って待っていてくれました。
感激ー!!

冷え切ったからだにパワー充電。。。

 

さて、西川君は5月にネパールから旅を再開予定。

「服に興味があるんで、オリジナル服を現地で生産・販売したり、
子どもとの交流を図ったりしてみたいです」と話す彼。
あと、4~5年かけて彼の世界一周自転車旅は続きます。

がんばってやー!!

明徳短期大学にて (Ⅰ)

今治市内にある明徳短期大学の二年生の授業で、
昨日、特別講義をさせてもらいました。
ライフデザイン学科の生活総合専攻というクラスです。

「学生たちに広い視野を持って欲しい」との担当教授のご希望で、
旅の経験談を「世界へはばたこう!」というテーマで話させてもらいました。

IMG_2808.JPG
   (パソコン教室での講義)

今回、話の内容はトモ子さんの目線で選んだ、「印象深い国ベスト10」。
最初から諦めずに一歩踏み出すことで、今まで知らなかった世界を体験できた・・・
実際に触れ合うことで、お互いの偏見を乗り越えることができた・・・等々。

学生の皆さん、耳を傾けていただきありがとうございました。

 

IMG_2822.JPG

90分講義をして、その後、グラウンドでタンデム自転車試乗!

 この学科の学生は、33名。そのうち27名は中国人留学生。
日本人学生はわずか6名で、少子化の波を目の当たりに感じます。

シャイな日本人に比べて、積極的に質問してくれたり、
タンデム自転車に果敢に試乗してくれるのは主に中国人学生たち。

 

IMG_2843.JPG
 (女性同士でタンデムにトライ!)

 「3月には卒業して就職する人、4年制大学へ進学する人、
 皆それぞれ新しい世界に飛び出して行きます。
 今日のお話を聞いて皆さんよく参考にして下さい。」

最後に先生が締めくくってくれました。

 

来週は、一年生の講義に行きます。
日本語レベルが、まだ二年生ほどではないそうなので、
資料を少し作り直して臨むことにします。

寒空ですが、ホットな気持ちで頑張りますヨー。

 

100歳!

「ハイ、なんですか~」

お部屋にいる祖母に声をかけに行くと、
しっかりした声でいつもそう返事があります。
(離れ家のことを「お部屋」と呼ぶ慣わしです)

2011_01_02-1.JPG

またばあちゃんネタですが、
祖母は年が明けて数えの100歳になりました。

胃腸が弱いと言うぐらいで持病もなく、本当にがいなばあちゃんです。
さすがに今は、僕の父に身の回りの世話をしてもらいながら
家の中でNHKを見たりして一日を過しています。

「100歳にもなるとのお、体が言うこときかんぞ」
と、五感がクリアなだけに、本人はもどかしがったりします。

IMG_2771.JPG

夕飯どき、宇和の銘酒を飲んでいると父が、
「さっき、ばあちゃんからお年玉をもろたかいの。これで酒でも買えいうて・・・」
と話してくれました。

今69歳の父ですが、祖母にすればいつまでも子どもなんですかねえ。

2011_01_02-2.JPG
(祖母の部屋に行くといつも目に入る昭和天皇皇后両陛下の写真)
(真ん中の赤ちゃんが今の天皇陛下ですね)

今日のばあちゃんの話題は、天皇家でした。。。

南の雪国より

みかんの産地、愛媛県。
とても温暖そうなイメージを持たれることでしょう。
お隣は南国土佐の高知県ですし・・・。

たしかに、松山市や今治市は、
冬でも比較的温暖で過ごしやすい街といわれています。

でも背後の四国山地には西日本最高峰の石鎚山(1982m)がそびえ、
実はけっこう雪が降り、スキー場もあるんですよー。

IMG_2758.JPG

自分の実家は、愛媛県南部、西予市にあります。
標高260mほどの盆地です。
(お隣は闘牛で有名な宇和島市ですよ)

実家の辺りもまた、雪のよく降る町なんです。

関門海峡を抜けてくる寒気がダイレクトにぶつかり、
毎年、積雪に見舞われます。
冬場は、チェーンかスタッドレスが必需品。

峠を下って海岸線に出れば、椰子の木の街路樹もある
南国風情が漂う町なんですけどねえ。

こちら、昨日の大晦日も吹雪いてました。
今日の元旦は一面真っ白、銀世界!
空気がしんしんと冷いっス。

こんな日は、出かけるのも無駄無駄。
甘酒でも飲みながら、2月からのモンベル写真展用の
写真選びの続きでもしましょうわい。

IMG_2673.JPG

 
10年間、88ヶ国、10万5千キロ走破
~タンデム自転車世界一周紀行~

アウトドア専門店モンベル各店で、写真展&トークショーを順次開催します。
2011年2月11日~2012年1月29日

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya Profile

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、愛媛の地でペダルを踏み続けています。


loading ...