しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
因島&弓削島 自転車散歩2
2011年2月 1日

因島の南端にある港からフェリーに揺られること7~8分。
愛媛県の弓削島に上陸。
IMG_3298.JPG
しまなみ自転車散歩は、船に乗って橋でつながっていない島々を
訪れるのがええっんすよ~。

海岸線に沿って走っていると二本の大きな橋が見えてきました。
弓削大橋と生名橋です。 しまなみ海道とは違うんよー。
IMG_3340.JPG

越智郡上島町の3つの島を結ぶ橋です。

大合併でひとつの町になった島々を橋で結んで、
一体的な発展をめざす・・・という計画らしいんすけどね。

 

ちなみに生名橋(↓)は、人や車はまだ渡れません。
来月2月6日に開通式が行われます。
IMG_3403.JPG
でも、地元のおばあちゃんの目撃情報によると
「あの橋を最初に渡ったんは、イノシシじゃっとい」・・・とのこと。

笑ってしまいましたが、激増するイノシシが島の農作物を食い荒らして
大損害を出していることを考えると、随分シュールなジョークやなあと思いました。

 

途中、藻塩づくりをしている作業場に立寄り、試食させてもらいました。
NPO法人 弓削の荘
IMG_3326.JPG
あまもで作った塩は辛口で「塩コショウにしたらいいんやない」
ひじきで作った塩はやわらかい甘みがあり、「おにぎりにピッタリや」と、
皆口々に感想を出しあっていました。

 

IMG_3347.JPG
そして、地元の人々もよく利用しているコミュニティー・カフェ 「しまでcafe」でランチ。
メインデッシュは、お隣岩城島のレモンで育った “レモンポーク” のソテー。
IMG_3359.JPG
「レモンの味がするのかナ?」と思いながら口に運ぶと、
ジューシーでとろけるような柔らかさにビックリ!
さしが入ったとびきり上等な肉質のようでした。

食後は、弓削島の住民を交えて交流会。
人の輪が広がり、活動に深みが増していきますね。
IMG_3363.JPG

 


再び、電動アシスト号にまたがり、弓削大橋を渡って佐島へ。
人口600人ほどの小さな島めぐり。
IMG_3424.JPG
そして、ふる~い石壁に囲まれたお屋敷を発見・・・
こんな素朴さに出会えるから、島めぐりは楽しいっすよ。

「しまでカフェ」の料理に使われる野菜の育つ畑も見学。
柵でがっちりガードされているのは、イノシシ対策だと思われます。
IMG_3431.JPG
恐るべしイノシシ。

再び、フェリーに乗り、因島の土生に戻りました。
土生商店街のおかみさんグループ「はぶ姫の会」の皆さんと情報交換。
IMG_1810.JPG


土生商店街には、老舗のパン屋さん、鮮魚店のおさかなバーガー、
因島流お好み焼き店・・・などなど、自転車旅行の際には、
ちょっと立寄ってみたくなるお店がたくさんありますよ。

今回のツアーではたくさんの人と知り合うことができました。
次回も楽しみだー!

by なりちゃん  at 23:48  | Permalink  | Comments (6)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメント(6)
ヒル | 2011年2月 5日 04:50 | 返信

突然で申し訳ありません。
私はスウェーデンに住んでいる者ですが、娘が通う幼稚園の先生から一枚のハガキを見せられ「パソコンに保存していた住所が消えてしまい、連絡先が分からない。なんとか住所が分からないかしら?」と頼まれて奥様とお二人のお名前、愛媛、宇和、と書かれたハガキを頼りに、自転車の旅で検索して宇都宮さんにたどり着きました。
住所を教えて頂けると、その先生に教えてあげれるのですが...もし、怪しいのでちょっとと思われるようでありましたらもう一度お手紙かなにかをその方に送って頂けますか?
先生の名前はAlojzija Mislijevicで、スウェーデンの Kinislingeという所に住んでいます。
本当に突然で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

飛騨里山サイクリング白石 | 2011年2月 9日 10:37 | 返信

はじめまして、今度モンベル名古屋店でサロン利用を検討してwebチェックしていたところ、こちらに辿りつきました。
今治は私の祖母が住んでおりますので、懐かしいです。

私たちも飛騨でMTBガイドツアーをやっており、敢えて観光地でもない農村へお客様をご案内しています。
自転車の魅力、奥が深いですよね!
差し支えなければ、webの相互リンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか。
◆飛騨里山サイクリング
http://www.satoyama-cycling.com/

飛騨里山サイクリング白石 | 2011年2月15日 18:54 | 返信

なりちゃん様

ありがとうございます。
リンクバナーは以下にありますので、ご活用いただければ幸いです。

http://www.satoyama-cycling.com/links/

飛騨里山サイクリングは冬はクローズなのですが、また春から始動予定です。
webもリニューアル予定なので、またお知らせしますね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントする