2011年7月アーカイブ

『バイシクルクラブ』 8月号をご覧あれ!

梅雨真っ只中の先月、
自転車ツーキニストの疋田智さんを今治にお迎えし、
講演会とワークショップを行ってからひと月がたちました。

 

なんと、その時の模様が自転車月刊誌『バイシクルクラブ』8月号に載りました!!

 

IMG_4041.JPG

 

疋田さんの定期連載、
 「ツーキニスト疋田智が古里を行く」 (P.172) のコーナーです。

 

【しまなみ海道を降りた先は、城か、修道院か、十円寿司か?】 
・・・というタイトルで始まるこのレポート、

今治のまちにあるちょっと不思議なアレコレを、疋田さんが楽しく紹介されてます。


IMG_4043.JPG

 

 
ウイットに富んだ文章にグイグイ引きこまれますヨ~!!

 

「これを読んだら、みんな今治に行ってみたくなるよね~!」
と、周りでも好評です。


どうぞ、ぜひご一読を!

 

そうそう、今治って「イマバリ」と読むんですが、
ときどき「イマジ」って他県の人から言われますね。

間違われないくらいメジャーにならねば・・・!?

「サイクルスポーツ」8月号~!

自転車月刊誌「サイクルスポーツ」に、
『私の自転車事始め』という連載コラムがあります。

7月20日発売の8月号に自分も書かせていただきました。
p.172です。興味のある方は、どうぞ。

IMG_3246.JPG

先月だったですかねー、当コーナー担当の編集者さんから、
『子どもの頃の、自転車に乗った古い写真持ってますか?! 』
と、突然お電話をいただいたのは・・・。


「このコラムは、自転車界で知られたあの人の昔の写真と現在の写真を見比べて、
ヘェ~っと感心することができることが特徴です。もちろん、メインとなるのは文章ですが…。
スポーツとしての自転車に目覚めたころのエピソードをご披露ください。
初めてサイクリングに出会ったときの感動、衝撃などが表現されていると良いです。」


フムフム、自分が自転車界で知られているかどうかは?さておき、
昔から愛読し、お世話になっている「サイスポ」誌に協力せねば!と、
実家の蔵にしまい込んだ古いアルバムを引っ張り出し、
自転車にまたがった写真をさがし、両親から自転車にまつわる昔の話をヒアリングし、
友人に電話して昔のエピソードを思い出しながら、ちょこちょこと書いてみました。

 

2011_07_22-2.JPG

 

・・・が、初稿はコラムの意図に収まってなかったようで、
編集者の方から「高校時代までに収めて、話を膨らませてみては・・・」
とアドバイスをもらったのですが、、、もう締め切り直前。

手直しする時間がなくて、電話でインタビューされて、
編集者さんが肉付け&修正してくれました。

自分の見直しがちゃんと出来てなかったようで、
あらためて読むとギクシャクとした文章に、頭痛が。。。



・・・とは言いつつも「サイスポ」登場、ありがたいことです!!

 

よかったらどうぞ、ご覧下さいませ~~~。

<報告>モンベル神戸三宮店トークショー

モンベル巡回展・・・神戸三宮店でのイベント (↓) 無事終了しました。

P7095051.JPG

<宇都宮夫妻紀行展> ~タンデム自転車世界一周10万5千km~



7月9日(土) 、モンベル神戸三宮店にてトークショーを開催しました。
総勢26~27名の皆さんにお越しいただきました。

P7095034.JPG

今回は、聴覚障がいの女性たちや視覚障がいのある青年も参加してくれて、
手話ボランティアさんが通訳しやすいように要点を強調してゆっくり話したり、
スクリーンに映る写真の情景をいつもより丁寧に説明したりして、
自分たちなりに配慮するよう気をつけました。

でも、そのあたりまだまだ素人スキルな自分たちゆえ、
ご参加の皆さまにはご不便かけてすみませんでした。。。

 

 さて、この日の質問コーナーでは、

Q:「トモ子さんはスポーツが苦手と言っていましたが、
   旅に出るのに不安はありませんでしたか?」
A:「不安を感じるまでの知識もなかったし、世界一周なんて出来ると思っていなかったんで
  あまり深く考えないで、とりあえず付いて行けばいいやってカンジでした」

Q:「旅に出てみて、想像と違ったことってありましたか?」
A:(トモ子)「自転車旅行がどんなものか全然知らないから、マラソン大会のように沿道に
  並んだ人が手を振ってくれるイメージだったんですが、町では誰も見向きもしないし、
  走り出したら誰も住んでいない森林地帯になっちゃって通り過ぎるのは車だけだし、
  もくもくと走ってテントを立ててキャンプして、『エェ~今日はこれで終り?』って感じ
  のスタートでした。」

Q:「荷物や体重を合わせて190kg以上もあるって事ですが、峠道は上れるんですか? 
  下り坂は怖くないですか?」
A:(一成)「上りではトモちゃんは自転車を降りて歩いていました。世界中の峠を歩いた人です。
  下りでは後ろから言葉のブレーキをかけられるので、恐る恐る下っていました。」

・・・等々、たくさん質問も飛び出して盛り上がり、熱いトークをさせてもらいました。
皆さまありがとうございました。

P7095044.JPG


次回の写真展は、
・モンベル青森店(9/3~9/25)
・モンベル金沢店(10/1~10/23)です。

トークショーは、
モンベル・グランベリーモール店(11/26)です。

よろしくお願いします!!!

 

大阪で「タンデム自転車旅」の講演会

先週の7月8日(金)、
「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」というグループに呼んでいただき、
タンデム自転車世界一周の講演会をしてきました。

この会は、視覚障がいの人たちを中心に
タンデム自転車の活用、推進に取り組んでいるグループです。

P1120219.JPG

タンデム自転車で旅を始めたきっかけや
訪れた88ヶ国で特に印象深い国ベスト10、
帰国後、しまなみ海道で取り組んでいる活動についてなど、
お話しさせてもらいました。

P1120230.JPG

「日本以外にも、タンデム自転車が禁止されている国はありますか?」
「タンデム自転車を楽しんでいる障がい者の人たちにも会いましたか?」
といった質問もたくさん頂きました。

“大阪でもタンデム自転車を堂々と乗れるようにしたい!”と活動している
みなさんの願いが叶うよう、微力ながら応援していきたいです。

P1120248.JPG

参加していただいた約30名の視覚障がい者の方、
約10名のガイドヘルパーさん、皆さんありがとうございました。

今度はしまなみ海道でタンデム自転車に乗りましょうねー!!

 

「88ヶ国ふたり乗り自転車旅」、本屋に並びました!

梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですねえ。
自転車が湿けって、カビが生えそうですよぉ。。。

さて、昨日発売の「88ヶ国ふたり乗り自転車旅」、
着々と書店に並びはじめたようです。(地元愛媛の書店はまだですが・・・)

2011_07_07-1.jpg
        (都内の某書店にて)

「幻冬舎新刊コーナー」や「旅&紀行本のコーナー」に置いていただいているそうです。
各書店の担当者さん、末永くよろしくお願いしまするーー。

「今まさに棚に並べられる直前。台車の上!
 自分が関わった本をこのタイミングで見たのは初めてです」
と単行本時からお世話になっている編集者さんも写メ頂きました。

写真2.JPG

一冊の本を出すのに、本当にたくさんの人が関わって、
熱い想いを込めてくれているんだなあ・・・と今回も痛感しました。

自転車好き、旅好き、面白いこと好き、読書好きな皆々さま、
どうぞ文庫版もよろしくお願いします!

「88ヶ国ふたり乗り自転車旅」発売!!


このところ、梅雨に逆戻りしたようなお天気ですね。

昨日は日曜日でしたが、
しまなみ海道を自転車で走っている人の姿は少な目でした。

 

さてさて、嬉しい荷物が届きました。
昨年5月に出版した 『世界でいちばん長いハネムーン』 が文庫化されました。
その見本が届いたのです!

IMG_2604.JPG

今年の3月から、元原稿の校正、旅程地図の修正、
掲載写真の入れ替え、表紙写真の再考などなど、、、

NPOの仕事の合間を縫ってコツコツと作業しながら、
担当編集者の方とやり取りを続けて、文庫本化の準備を進めていたもの。


単行本がこんなに早く文庫化されることは珍しいそうですが、
書店に並ぶ僕らの本に着目し、文庫化を実現させてくれたのは、
本をつくることが大好きな幻冬舎の女性編集者Nさん。

「いい本になるように」 と、最後の一歩まで工夫やアイデアを提案して
直しを重ねてくれました。

IMG_2636.JPG

「本の形になって、初めて目にした他の編集者も  『楽しそうですごくいいね!』 
と言っています。 思わず、心の中でガッツポーズです♪♪ 」

とのメールに、見本が届くのをワクワクして待っていたんですよー。

本を手にして、「ヤッター!」 という気分で自分たちも一杯です。

IMG_2641.JPG


発売は7月6日(水)、

7月7日(木)には、全国の書店に並ぶようです。
幻冬舎文庫“初夏の旅心満足フェア”の最新刊コーナーにラインナップされます。

内容は単行本と同じですが、手触りや校正の整った文章など、
ひと味違った趣をぜひお楽しみください。どうぞよろしくお願いします。

(今回は、前編のみ。後編も早く出したーい !! )

IMG_2631.JPG

88ヶ国ふたり乗り自転車旅
               北米・オセアニア・南米
                   アフリカ・欧州編

           幻冬舎文庫 724円+税

お求めはコチラからどうぞ
AmazonLogo.jpg

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya Profile

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、愛媛の地でペダルを踏み続けています。


loading ...