しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
夏休みビーチクリーン in 大三島の報告
2011年8月10日

8月7日(日)に、大三島の台海岸で行った、
夏休みビーチクリーン&エコサイクリングの様子です。

 

■9:00am 大三島 台(うてな)海水浴場に集合
■9:00am 大三島 台(うてな)海水浴場に集合

夏休みビーチクリーン「目指せ!しまなみトコロジスト!」のはじまりはじまり。
地元の大人30名、子どもたち20名ほどが集いました。

前半は「浜辺観察会&ビーチクリーン」、後半は「エコ・サイクリング」
というプログラムです。
 
 はじめに講師の先生から、
「大三島には素晴らしい自然が残っています。この海は世界につながり、
世界の海は大三島につながっています。ここから自然を守ることの大切さを
発信していきましょう」との呼びかけでスタート!
 
 
 
■9:20am 台(うてな)海岸の観察会
■9:20am 台(うてな)海岸の観察会

「ここは、愛媛でも3ヶ所しかない“チャボイ”の群生地です。
実はこの植物、人体に有害な重金属を吸い取ってくれる働きをしていることが、
最近の研究で分かったんです。枯れたあとも5万年間、包みこんで放出しないそうです。」

「何気なく見える植物でも、将来人間の役に立つことがあるかもしれない。
だから自然はひとつひとつ大切に守っていかないとね。」

普段、何気なく見ていた場所が、貴重な植物の生息地であることを知り驚く参加者たち。

 

■9:40am 台(うてな)海岸の観察会
■9:40am 台(うてな)海岸の観察会

干潟の役割について学ぶ参加者。
 
「津波を和らげる働きをします。いろんな生き物を育てることが出来きます。
子どもたちが遊ぶことも出来きます。昔はアサリもいっぱいとれて、
生活の場として利用してきました。」
 
「ハマゴウもたくさん生えた自然のままの干潟がここにはあります。
100年前から変ることのないふるさとの姿です。この姿を伝えていくのが
私たちの義務だと思います。工事したり、失くしたりしないように守っていきたいですね。」
 
 
■9:50am ハマゴウの群生
■9:50am ハマゴウの群生
 
「ふつう青紫色の花が咲くんですが、これは変種ですね。白い花が咲いています。」
突然変異という遺伝子のいたずらだそうです。
 
「この場所のように、同種でも遺伝子の違うものが共存して、他種と共生しながら、
塩性湿地という生態系が成り立っていること、これが生物多様性の考え方なんですよ。」
 
含蓄のある話しを聞きながら、観察会が続きます。
 
 
 
■10:00am ビーチクリーン・タイム
■10:00am ビーチクリーン・タイム

「興味を持って自然を見てみると、きっと人生観も変わります。
どっちを向いても素晴らしい自然があふれたこの大三島で、
これからも自然を楽しんで関わっていってください。」

講師の先生の言葉をかみしめながら、浜辺のゴミや異物を回収する参加者たち。

 

■10:45am ビーチクリーンまとめ
■10:45am ビーチクリーンまとめ

「すごくゴミの少ない海辺でしたね。でも綺麗に見える砂浜も、
こうして水に浸してみるとプラスチック片などの浮遊物が現れます。
近隣から流れてきた異物で、汚染は進んでいるんですよ。」
・・・という事実を知りました。
 
生物多様性のこと、環境のこと、今日もすごく勉強になりました!
 
 
 
■11:15 いざ、大三島エコ・サイクリングへ!
■11:15 いざ、大三島エコ・サイクリングへ!

お待ちかね(?)。サイクリング・タイムのお時間です!!

小学生3名、中学生6名と一緒に、往復12kmのプチサイクリング体験にスタート。
里山の自然に囲まれた台ダム一周コースです。森林浴気分も味わえるおススメの場所。

ビーチで焼かれた肌を、さわやかな風がなでてくれました。

 

■11:30am 里山観察会
■11:30am  森林観察会

自転車を止めて里山の植物について教えてもらいました。
油のとれる木、高級な炭になる木、薬草になる葉。
春になると、手入れされた土手にワラビがよく芽吹くこと、
今治陸地部では見かけることの出来なくなったジュウニヒトエが咲き誇ること
・・・などを、楽しく聞かせてもらいました。

 

■12:30am エコ・サイクリング終了
■12:30am  エコ・サイクリング終了

小学生の女子からは、「しんどかったけど、楽しかったです。」
中学生諸君からは、「言われた通りサドルの位置を上げたら、
楽にペダルが漕げるようになりました」と感想をもらいました。

大三島の子どもたちはすごくピュア。
受け答えが爽やかで、気持ちのよい子たちでした。

また次回(?)も参加してくださいね。
一緒に大三島の自然を満喫しましょう!

by なりちゃん  at 10:48  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする