しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
男の料理
2011年12月26日

これ、南予(愛媛の南部)でメブトと呼ばれている魚です。

 

201_12_25-1.jpg

 

眼がでっかい(太い)からですね。「クエの仲間じゃ」と父は言います。
ネットで調べると「メダイ」にも似ているような……。

 

ともかく、鯛よりも値段の張る、今が旬の高級魚。
... 白身に脂がまじり刺身の味はピカイチかも。

 

アラでさえこの値段ですから、刺身なんてなかなか食べられませんが……。

 

201_12_25-2.jpg

 

釣り好きの父は、
「魚屋にあんまり置いてないんよ。でも、今年はわりあい見かけるなあ」と言いつつ、
メブトのアラ(身を取った後に残る頭や中骨など)を買ってきては

アラ煮をこさえたり、煮汁で大根を煮つけて「うまかろう?」と
実家に帰るたびに食べさせてくれます。

 

201_12_25-3.jpg



巨大魚なので、アラでも身がたっぷり付いていて食べごたえがあり
ます。
全然臭みがなく、上品な味わいです。

 

「目玉と口のまわりがうまいんぞ」と父はすすめてくれますが、
このゼラチンは結構むつこい(こってりしている)ので、
僕の好みではないんよなぁ。

 

201_12_25-4.jpg

 

母が他界して3ヶ月。父は今日も台所に立ち、男の料理にいそしんでいます。

 

by なりちゃん  at 17:51  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする