トップページ » 宇和の空日記 » 昭和の香り

昭和の香り

松山から宇和島へと延びる国道56号線。


松山市内から犬寄(いぬよせ)峠を越えて、栗の産地で有名な中山に入り、
“クラフトの里”を過ぎて狭い谷間に流れる川沿いに進むと、
右手に古びた木造二階建ての喫茶店「ちぐさ」があります。
 
 
DSCN8003.JPG
 
 
高速代を節約し、国道を3時間かけて実家に帰る途中いつもこの店の前を通ります。
記憶をたぐり寄せると、小学生の頃、親に連れられて何度か入った気がします。
 
かつては山小屋風の洒落たカフェだったと思いますが、
長年の風雨にさらされていまにも朽ち果てそうな雰囲気です。
 
 
DSCN8004.JPG
 
 
ずっと気になっていたので、先日ちょうどランチどきに入ってみました。
平日の午後、お客は自分達だけ。穏やかな笑顔の初老のマスターが
ひとりで切り盛りしていました。

39年前、23才のとき、松山市内の飲食店を辞めて地元に戻り、開店したのだそうです。
「高度経済成長の真っ只中で、どんな商売であれ、やれば儲かったけん。
今の若い子らはこんな時代になってしもて可哀想やねえ・・・」
 
 
DSCN8000.JPG
 
 
昭和50年頃は最もお客さんが多く、盆暮れ時期は目が回るほど忙しかったそうです。
都会に出て働いている南予人たちの帰省ラッシュで、狭い国道は大渋滞。
今は高速道路ができ、めっきり静かになりました。
 
「宇和島から来てくれる常連さんもおるんよ。でも皆、年を取ってしもうたけんね・・・」
と幾分寂しそうな顔のマスターでした。
 
 
DSCN7992.JPG
 

「ちぐさ定食」は焼肉&コロッケ、サラダ、煮物、ご飯、味噌汁。
カレーライスは目玉焼きとサラダ付き。
 
料理の味も、山小屋風の店内も、昭和のまま時計が止まった感じがします。
ひっそりとあの時代に戻れる場所もいいものです。
 
ちぐさ.jpg
by なりちゃん  at 10:35
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメント(2)
ヤマモトナオキ | 2011年12月28日 14:28 | 返信

「ちぐさ定食」なかなかのボリュームですね。

コメントする




シクロツーリズムしまなみポタリングガイド宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya Profile

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、愛媛の地でペダルを踏み続けています。


loading ...