しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
てんまや食堂にて
2012年7月18日

旅先ですごく魅かれてしまう飲食店・・・がある。
昔からその場所にあり、先代の味を受け継ぎ、地元の常連さんに支えられているお店。

 

今治市街地から自転車で40分ほど離れた波方町小部(なみかたちょう おべ)にも、
一軒の隠れた名食堂がしっかりと営まれている。  それが「てんまや食堂」。
漁師町の入り組んだ路地の中にある。

 

DSCN2025.jpg

 

「食堂を始めてから、52年になるかいのお」と話してくれたのは88(?)才になる
初代女将の木村さん。 ぽっちゃりとした体のせいか実年齢よりも若く見える。

 

「戦後しばらくしてからやけど、うちの旦那が九州へ出かけた時、泊っていた家の隣が
製麺所で、『波方町には製麺所がないけん、これをやっちゃろう』と思うたらしいんよ。
考えついたらさっと行動する人やったけん、作り方も知らんのにいきなり機械と一緒に
戻って来てね……ほんまに。」 
体をゆすりながら、遠い昔を振り返る。

 

そうして製麺業を始めたものの、売れ残った麺を畑に埋めて捨てるのが、
やがてしのびなくなり、それならばと開いたのが「てんまや食堂」なんだそうだ。

 

長年、建て増しを繰り返してきた店内には、
20名ほどが座れるように木机4つと木製イスや事務用イスが置かれている。
ちょうどお昼どきのためか、近所の若者や作業着の男性が入れ替わり立ち替わり
やってきては、中華そばやお好み焼きを注文していく。

 

P1050277.jpg

 

片隅の厨房で自家製麺をはかりにのせて、湯がいて盛付けているのは
二代目の女将さん。お客さんと言葉を交わし、手際よく注文をさばいていく。
手があくのを見計らって、その製麺機を見せてもらった。

 

自転車二台分ほどの大きさで、重厚に黒光りしている。
60年近くたった今も麺を打ち続け、たくさんの人の味覚やお腹を満たしてきた貫禄がみなぎる。
「毎朝、生地をこねて麺をつくるんやけど、以前はおじいちゃんがしよったんよ。それを私が
ひきついで4年ぐらい。ちょっとしたサジ加減で麺の出来が変わるけん、結構大変なんよ」。

 

P1050300.jpg

 

近頃、人気ラーメン店の必須条件は自家製麺だという。 わざわざ昭和初期の
製麺機を購入し部品を調整して、こだわりの麺を作る有名店もあるらしい。
ならば「てんまや食堂」の自家製麺はまさに今のニーズにぴったりじゃないか。

 

イチオシの中華そばをすすると、昆布とかつおだしの効いた濃厚スープと、
もっちりとコシのある麺。ラーメンのような感覚を覚えた。ヤミツキになりそう。
こんな自家製のイケ麺が、ザルそば(4~11月頃)や焼きそば、そしてそば入りお好み焼きと、
バリエーション豊かに楽しめる店なんてそう多くはないだろう。

 

DSCN1959.jpg
DSCN1966.jpg
DSCN2006.jpg

 

知る人ぞ知る店だけど、
「ときどき、オートバイや自転車に乗って食べにくる人もおるよ」とのこと。
波方町小部のソウルフード、地元御用達の味へ、ぜひペダルを踏んで訪れて見て欲しい。
そんじょそこらにはない魂の味に出会えるはずだ。

 

今治市波方町小部甲760-1
0898-52-2332
火曜休み
11:00~14:00
※電話して営業を確認してから行くのがおすすめ。

 

P1050311.jpg

by なりちゃん  at 21:03  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする