しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
石窯クッキングツアー <報告>
2012年9月19日

EVENT TOUR

9月16日(日)  曇り時々晴れ   石窯クッキングツアー <報告>
 
■9:15 START  
■9:15 START

今日のツアーは、大三島の美味しい“グリーンツーリズム体験”を巡る「石窯クッキングツアー」。
台風16号の接近で開催が危ぶまれていましたが、当日は“曇り時々晴れ”。
充分なサイクリング日和となりました。
大三島に集合して、いざスタート!

 

 

■9:35 大三島 肥海地区

■9:35 大三島 肥海地区

稲作を営む秋吉さんの田んぼへ到着。さあ、「稲刈り体験」です。
「鎌で稲刈りをしたことがある人、手をあげて!」・・・50代の男性ひとり以外は、
みんな初めての体験です。ドキドキ!?

 

「大自然の一部になった気分です」「農家さんありがとう」・・・
みなさん真剣に稲刈りに励みました。

 

 

■10:00 大三島 肥海地区

■10:00 大三島 肥海地区

炊きたてほやほやの新米に舌鼓。
「働いたあとの新米ごはんは、サイコーですね!」と満足まんぞう♪

 

秋吉さんによると「うちは、農薬や化学肥料は使わずに作りよるんです。
そうしたらね、オケラやバッタ、ドジョウなど、たくさんの虫が田んぼに帰ってきたんです。
だからお米もおいしいんですよ」とのこと。
大自然の味そのものなんですね。

 

 

■11:00 大三島 上浦地区

■11:00 大三島 上浦地区

サイクリング再開。チャイルドトレーラーを引いてがんばるママさん。
坂道もエンヤコラ! パワフルにペダルを踏んでいました。
おやおや、2才になる娘さんは、気持ちよ~くお昼ね中。
適度なゆれがたまらなく心地いいようです。美味しい夢、みてるかナ……。

 

 

■12:00 大三島 上浦地区

■12:00 大三島 上浦地区

工房「こりん」さんに到着。
陶芸の窯元ですが、陶芸教室のほかに、窯焼きピザ体験も行っています。
本日は、「粉からつくる石窯ピザ体験」にチャレンジ。みっちり2時間半コースです。

しかも、なんと小麦は自家製というこだわり!こんな体験、他では決して出来ませぬ。
みんな、我を忘れて夢中で粉作りに励みます。

 

■13:30 大三島 上浦地区

■13:30 大三島 上浦地区

粉から生地をこね、発酵させてから生地をのばして具材をトッピング。
焼き時間数分で「窯焼きピザ」の出来上がり~。薄生地パリパリ系の食感。
でも、しっかりとコシのある生地です。

 

これだけ丹精込めた手づくりのピザが、美味くないワケが無い! 
みなさん、一心不乱に味わいましたよ。

 

 

■15:00 大三島 甘崎地区

■15:00 大三島 甘崎地区

大三島の見所のひとつ「古城島甘崎城跡」へ。
沖合い160mに浮かぶ小さな小さな3つの島。1400年ほど前に、
日本最古の水軍の出城が築かれました。

 

今でも当時の基礎石の並びが残り、悠久のときを越えて語りかけてくる場所です。
 

 

春の大潮、干潮時には海が割れ道が現れ、徒歩で古城島へ渡ることができます。
今日は秋の大潮。干潮間際に訪れてみましたが、残念ながら潮の引き具合はいまいち。
渡れませんでした。ザンネン…。


次は、来年2013年、5/26(日)、6/23(日)が渡れるチャンスです。捲土重来!

 

 

■15:40 大三島 宮浦地区

■15:40 大三島 宮浦地区

帰路、山と海、そして戦いの神様を祭った「大山祇神社」を参拝。
大三島随一の観光地で、続々と参拝客が押し寄せてきます。

 

手を合わせたあとは、これを買わなきゃはじまらない・・・人気急上昇中のヘルメットお守り!
早速、ヘルメットにつけて安全サイクリングを祈りました。

 

 

■16:00 大三島 宮浦地区 GOAL !

■16:00 大三島 宮浦地区 GOAL !

ピザの残り生地で焼いたパンのお土産つき! サイクリング後の空いた小腹にピッタリんこ。
もう、幸せ感いっぱいの大三島サイクリングでしたね。

 

走行距離は約25km。消費カロリーより摂取カロリーの方が多いサイクリングツアーでした♪

  

 P1080902-2.jpg

by なりちゃん  at 19:21  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする