2013年6月アーカイブ

まもなく『しまなみ島走Book』発刊!

7/15日発行予定の『しまなみ島走BOOK』。読み物としても、
情報としても役立つ、しまなみサイクリングの決定版。

 

企画からはじまり、資源調査、現地取材、撮影、執筆と、丸一年以上をかけて、
ようやくゴールが見えてきました。

 

2013_06_27.JPG

 

そう、ついに色見本があがってきました! 書籍になるまであと一歩。
みなさん、お楽しみに~!!

詳細はコチラ↓↓↓
http://
www.cyclo-shimanami.com/archives/2013/06/book.php

しまなみ島走MAPができるまで展

『しまなみ島走MAPができるまで展』・・・先週まで、
生口島の瀬戸田図書館で開催。

 

館長さんの手腕により、製作作業の流れやポイントが
見事にまとめて展示されていました。

 

P1140602.JPG
P1140613.JPG
P1140614.JPG
P1140626.JPG

 

それは、製作に携わった自分がビックリするほどに見応えアリでした!!

 

収集した膨大な情報を整理していく過程の説明。
手間ヒマかけて、丁寧に作り上げてゆくその作業の紹介。



そして、私たちがNPOとして島走MAPに込めたのは、単に情報だけではありません。
そこに住む島の人々の想いを伝えること・・・
滞留時間をのばし、地域を知り、交流人口の拡大をはかること・・・
などなど、島が元気になってゆく橋渡しをする役割でした。

 

 

展示をごらんいただけなかった方は、
その成果物はどうぞコチラから入手してみてくださーい↓↓↓↓
http://www.cyclo-shimanami.com/archives/2013/03/map-o.php

 

ではでは、『しまなみ島走MAP』をどうぞよろしくお願いします!!

しなみは今日も晴れ!

台風が近づいていましたが、いづこへ?


しまなみ海道は今日も快晴!
ここは、大三島のディープエンド・・・宗方。お気に入りの場所のひとつ。 


ノスタルジーな校舎と白い砂浜が、たまらなく印象的。
風に吹かれながら、いつまでも佇んでいたくなるスポットです。


 DCIM0042.JPG
DSC_0319.jpg
P1140543.JPG

旅行記紹介<4> ★川端裕介・るり子著「ちゃりんこ西方見聞録」★

自転車旅行記紹介<4>
★川端裕介・るり子著「ちゃりんこ西方見聞録」★ (単行本) 1991年初版 朝日新聞社


1989年から1年2ヶ月をかけて、奈良からイタリアのローマまで
シルクロードを走破した夫妻の旅録。
 
 
当時はまだ、海外に出かける日本人サイクリストのカップルは皆無に近く、
その書籍化もこれが日本初。
 
 
夫妻が交互に書き進めてゆく旅行記の形態は、
幾度も読み返すうちに僕のバイブルとなり、
... タンデム自転車世界旅行中に更新していたHPや、
自分たちの著書に大きな影響を与えてくれました。
 
 
お気に入りは、イラン西部の荒野でコミテ(革命委員会)に囲まれて、
夫婦ケンカを繰り広げるシーン。
 
 
鬼も恐れぬコミテの男たちが気勢をそがれて、
ふたりのケンカをなだめ、軽食でもてなしをはじめる。
「イランに入って以来、しばしば嫌悪感を感じたコミテが、
これほど人間らしく見えたことはない」と著者は言う。
 
 
そうか、因縁をつけられたり、面倒に巻き込まれそうなときには、
日本人同士で怒鳴りあいのケンカを始めると相手は怯むのか。。。
 
 
自分たちも実践しました。効果は・・・絶大。
 
 
視点の違い、考え方のずれに折り合いをつけ、許容しながら、
同じ時間と同じ風景を共有してゆく夫妻。
読み進むうちに“ひとり旅もいいけれど、やっぱりふたりで旅に出たい!”
この本はそんな気持ちをかき立ててくれる力に満ちています。 
 
 
2000年には朝日文庫より文庫本化。
 
 
IMG_2444.JPG
-99-パキスタン② (24).JPG
-025-オセアニア[14]007.jpg

旅行記紹介<3> ★深町達也著「ヒマラヤ ペダル越え」★

自転車旅行記収集中<3>
★深町達也著「ヒマラヤ ペダル越え」★ (単行本) 1989年初版 文藝春秋
 
 
チベット高原に“中国・ネパール友好道路”という道があることを、僕に教えてくれた一冊。
 
著者がこの道を自転車で旅をしたのは1986年。
秘境だったチベットが外国人に開放され、
友好道路の通行が許可され始めたまだ間もない頃のこと。
 
 
改めて読み返してみて、チベット人や子どもたち、
そして外国人旅行者と出会いを繰り返しながら、
次第にチベットの世界観に浸ってゆく様子に、すごく共感を覚えました。
 
 
腕時計を憐れなほどに無心する子どもの手首に、
ヘタクソながら腕時計の絵を描いてあげると、満足して幸せそうにしている子どもたち。
その姿に“幸せ”とは・・・と考えさせられる著者。このくだりがとても印象的。
 
 
深町さんにはお会いしたことはないのですが、
今何をなさっているんでしょうね。なんだか気になります。


P1140445.JPG
kazunari 044.jpg
kazunari 068.jpg

旅行記紹介<2> ★石田ゆうすけ著「行かずに死ねるか!」★

自転車旅行記収集中<2>
★石田ゆうすけ著「行かずに死ねるか!」★ (単行本) 2003年初版 実業之日本社
 
突出した文章力で数多くのサイクリストたちを魅了している一冊。
 
ポーランドでキノコ売りのじいさんと繰り広げる一面が、僕の中では印象的。
旅に慣れ、その国の言語に不慣れなために、つい相手のことを疑ってしまっていた著者。
・・・おじいさんの意図をハッと理解した瞬間、人とのつながりの中で
旅が醸成されてゆくことに気付かされる・・・リアルに旅心がうずいてしまうくだりでした。
 
 
石田さんとは、ほぼ同時期に旅をしていました。
しかも彼のあとを1~2年後に追いかけるようなルートで。
ロンドンの日本語フリーペーパーに連載していた旅行記、
日本人宿の情報ノートに
残された手記、そしてメールでの情報交換などを通して、
なんて上手な文章を書く人なのだろう・・・と驚きながら、彼の足跡をたどっていました。
 
 
そんな石田さんと初めて会ったのは、お互いが旅を終えてからのこと。
彼が行きつけの、いまどきクラシックレコードがかかる阿佐ヶ谷の古びた喫茶店でした。
その後も続々と本を出版し、各地で講演活動に励んでいる姿は、
今でも僕に影響を与えてくれています。
 
 
さて、なんと!! その石田さんをお招きして、
この今治の地でついにトークライブを開くことになりました。 
しかも、話を聞くだけじゃない。一緒にサイクリングも楽しもうじゃないかという、
とっても贅沢な企画です。
 
 
7月14日(日)&15日(月・祝)、みなさ~ん、石田さんに会いに来ませんか。
そして一緒に、しまなみ離島巡りへレッツゴー!
 
 
 
 
 
P1140439.JPG
DSCN7288.JPG
石田PR.jpg

旅行記紹介<1> ★坂本達著「やった。」★

自転車旅行記紹介<1>
★坂本達著「やった。」★ 2001年初版 ミキハウス



4年3ヶ月の有給休暇で世界一周5万5000キロを自転車で走った坂本達さん。

 

僕たちは、この本を携えて中央アジア、中国、パキスタンを走りました。
本文中のカラコルム・ハイウェイなどの写真は素晴らしく、
北部パキスタンを谷から谷へと自転車で回るきっかけにもなりました。

 

達さんとは2003年に初めてウズベキスタンで会い、著書にサインをもらいました。
その本はお土産や地図と一緒にパキスタンから郵送したのですが、
何故か本だけが行方不明に・・・。

 

ようやく再入手。10年振りにページを開きました。

 

P1140074.JPG
西~南アジア-10-0032.jpg

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya Profile

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、愛媛の地でペダルを踏み続けています。


loading ...