しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
第4回タンデム自転車まつり<報告その1>
2014年3月30日

第4回タンデム自転車まつり
~離島の大崎上島一周&しまなみハーフライド編~

2014年3月29日(土)&30日(日)
1日目(距離約33km):今治港→大崎上島→大三島宗方(泊)
2日目(距離約46km):大三島南岸→伯方島→大島→今治市内

 

 DSCN0558.jpg
<1日目>■12:00■ 今治港
 スタートは今治港。チャーター船を利用して、昔ながらの島風情が残る大崎上島へ
向かいます。 船は、タンデム自転車をそのまま積載できる高速船です。
 タンデム自転車の利点のひとつは、視覚障害等ハンディキャップのある人でも
サイクリングを楽しめること。 今回のツアーでも数名が参加してくれて、出発式では
ツアーへの期待で笑顔が輝いていました。

 

DSCN0574.JPG
<1日目>■12:50■ 大崎上島 沖浦港
 船内では海上から眺めるしまなみの橋、島の風景を楽しみながら昼食をとり、
いよいよ大崎上島上陸。
 しまなみ海道ととびしま海道、本州に囲まれた位置にある大崎上島は、
どことも橋とつながっておらず、船を利用しなければアクセスできない島です。
ふだんなかなか行くことのできない島を一周して、瀬戸内らしい島の風景を
さあ、楽しみましょう!

 

DSCN0626.JPG   
<1日目>■13:00■ 大崎上島
 今回は季節風の向きを考慮し反時計回りで島を一周です。 それから、広島臨空
広域都市圏振興協議会が企画する「りんくうサイクリングスタンプラリー 大崎上島
一周コース」にもチャレンジ! まずは、ひとつめのスタンプ設置場所がある「きのえ
温泉ホテル清風館へGo!

 

P1200080.jpg
<1日目>■13:20■ 中ノ鼻灯台 
 きのえ温泉ホテル清風館は、岬の頂上に立つホテル。見晴らし抜群だけど、上り坂が
けっこうきついです。タンデム車でふたりで励まし合いながら上り、しんどさも分かち合う
姿には、とても美しいものがありました。
 坂道の途中、中ノ鼻灯台で記念撮影。

 

DCIM0912.jpg
<1日目>■14:00■ 木江 町並み散走
 木江地区は江戸時代は港待ちとして、大正時代は造船ブームでにぎわったエリア。
今はひっそりとしていますが、往時の繁栄を偲ばせる古い家並みが残っていて、
瀬戸内の歴史を肌で感じることができる場所ですね。
 散走しながらその雰囲気を堪能してもらいました。

 

P1200098.jpg
<1日目>■15:10■ 東野上組
 小頃子(おごろす)トンネル見学。島の北西部の古い集落の中にある小頃子トンネルは、
地元でも「秘密のトンネル」と言われてるほど、山里の奥地に隠れています。
 昭和4年開通の手堀のトンネルで、なんと軽自動車がようやく通れるほどの狭さしか
ありません。壁面はレンガ貼りで独特の雰囲気を有していて、観光マップにも載っていない
穴場で、大いに喜んでもらえたようです。 

 

DSCN0572.JPG
<1日目>■17:00■ 大崎上島・沖浦港
 スタンプラリーの2カ所に立ち寄ったあと、黙々とペダルを踏んで、沖浦港に帰着。
無事に大崎上島一周ゴールです! 

 

P1200160.jpg
<1日目>■19:00■ 大三島 宗方 「大三島ふるさと憩いの家」 
 再びチャーター船に乗り込み、大三島・宗方港へと向かいます。今夜は、宗方にある
元小学校の木造校舎を再利用した施設に泊まります。どこかノスタルジックな雰囲気を堪
能しながら素敵なナイトタイムを過しました。

【報告その2】につづく

by なりちゃん  at 14:06  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする