しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
自転車ツーキニスト疋田智さん&しまなみ自転車ツアー
2014年9月14日

2014年9月14日(日)
自転車ツーキニスト・疋田智さん×6人のシクロ・ツーリスト
しまなみ最新スポット・フォトツアー

2014_09_14 (0).jpg

8:00 
しまなみサイクルオアシス・プロジェクト「6人のシクロツーリスト」を巡る
ツアーを開催。ツアーメンバーは総勢14名。
今治港からサイクルボートに乗船してスタート。秋晴れの青空の下、
一路大三島へと向かいました。



2014_09_14 (2).jpg

9:20
大三島の瀬戸港で下船。島の南海岸線を走行して、宗方方面へ進む。
日差しも柔らかく、爽やかな風が心地よい。
参加者のビギナー女性からも、風景のすばらしさ、ゆったりと流れる
島の時間に賞賛の声があがりました。



2014_09_14 (3).jpg

10:20
「伊東豊雄建築ミュージアム」へ。1体目のシクロツーリストと初対面。
コンテストの審査委員を務めた疋田智さんも筆舌尽くしがたい
感激と感動!!
参加者のみなさんんも、この時の共感は生涯忘れ得ない記憶として
留めることとなるでしょう。

 

 

2014_09_14 (1).png
11:50

大三島の景勝地"鼻栗の瀬戸"展望所で、特注の移動式レストランを
地元協力者のもとにオープン。地元産の野菜、お米、卵等をふんだんに
盛り込んだメニューを提供。この特別感は参加者に大好評です!

 

 

2014_09_14 (4).jpg
13:00

伯方島"道の駅 伯方SCパーク"へ。2体目のシクロツーリストと出会う。
それぞれ形の違うオブジェだけに「毎回停め方を考えるのが、
知恵の輪みたいで面白い」という高評価な意見が聞かれました。
デザイナーの創意工夫がよく活きているようですね。

 

2014_09_14 (5).jpg

3:20
しまなみサイクリングの楽しさのひとつが、めまぐるしく変わる風景に
あります。道を曲がると突然現れる巨大建造物。
造船とともに歩んできた島の歴史を垣間見られる瞬間です。

 


2014_09_14 (6).jpg
13:50
大島、早川港緑地公園に設置された3体目のシクロツーリストへ。
つい先日設置されたばかり。取扱いシールの貼付を講師の疋田智さんに依頼。
これで「MR.大島」の入魂が完了。名実ともに6人のメンバーに加わりました。

 

2014_09_14 (7).jpg
15:00
大島を走り抜けて、来島海峡大橋の袂へ。この時点で52km程を走行。
小学6年生の参加者もいたが、低学年の頃からサイクリングに馴染みが
あるそうで、余裕綽々の走りを見せてくれていました。

 

 

2014_09_14 (8).jpg

16:00
今治市陸地部に渡り「なみかた海の交流センター」へ。
4体目の「MISS.なみかた」と対面。
自転車旅行者受入れの整備が進む「はまかぜ海道」と
「はまかぜサイクルオアシス」について、地元住民からの案内説明に
耳を傾けました。

 

 

2014_09_14 (9).jpg

17:00
はまかぜ海道を走行し今治駅前へ。
サイクルオアシス総合拠点「シクロの家」を見学。
駅前の5体目の設置予定場所も確認。
ツアーを通じて、講師の疋田智さんからは、「風景と一体感のある
オブジェ型スタンドは、大変斬新で有効的な回遊ツールになるだろう」
との評価を頂けました!

by なりちゃん  at 09:41  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする