しまなみポタリング日記
宇都宮一成

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド
宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!
「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、
いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、
愛媛の地でペダルを踏み続けています。

CALENDAR
Loading...
検索
ARCHIVES
~ひうちなだ博物館~<ナウマン象>
2015年7月16日

みんなでつくる博物館   ~Vol.1夏 みんなでつくるひうちなだ博物館~


ひうちなだ博物館-1.jpgひうちなだ博物館-2.jpg

フライヤーのダウンロードはこちらをクリックしてください(PDF779KB)


images.jpgSupported by The Nippon Foundation 

 


 「Vol.1夏 みんなでつくるひうちなだ博物館」<ナウマン象>



ひうちなだ博物館開催中

日  時:平成27年7月1日(水)~7月31日(金)

会  場:なみかた海の交流センター(〒799-2101 今治市波方町波方甲2264-38)

■2ケ月間にわたり募集してきたアイテムを、ひと品ひと品吟味して展示しています。
 みんなのおススメが詰まった博物館の一部をご紹介します。  



提供者名:玉生八幡神社社務所

住  所 :愛媛県今治市波方町波方甲

提供物:ナウマン象骨格の一部

 

<ナウマン象について>

 昭和30年、地元波方の漁師、大西さんが大角の鼻沖、千間磯近海にて
操業中に網にかかったものを確保。その後、玉生八幡神社に寄贈される。
瀬戸内海一帯が、かつては陸地であったことを占めす、貴重な資料である。

 

 瀬戸内海底には数万~数10万年前のれき岩や砂岩の地層があり、
その中には瀬戸内海が陸地であった時代に生きていた多くのゾウ類
(ナウマンゾウ、トウヨウゾウ)、シカ類、スイギュウ類などの化石が眠って
いる。海流でその海底の地層が削られ、洗い出されたそれらの化石が
底引き網にかかって採取されることがある。

 

 この波方町でも、波方フェリー発着場工事の際、海底から掘り出されたり、
小部沖あたりで魚や貝の化石とともに網かかかったりして、ナウマン象の
骨格がしばしば発見されている。

 

 ちなみに、ナウマンゾウは絶滅したゾウの一種で、その名前は明治時代
にゾウの化石を研究したドイツ人のエドモント・ナウマンに由来している。
日本には約40万~2万年前まで生息していたとされ、その化石は北海道
から九州まで広く発見されている。森林や草原に生息し、植物の葉っぱを食し、
成長すると肩までの高さが2.5~3.0m位になり、現在のアジアゾウと同じくら
の大きさがあったようだ。

 

 もともと中国大陸に生息していたゾウだが、氷河期に大陸の気候が寒冷と
なったため、当時、大陸と陸続きであった比較的温かい日本に渡ってきたと
考えられている。氷河期の終焉にともない、環境変動への不適応とアジアか
渡ってきたホモ・サピエンス(原日本人)の流入など、複合的な原因で絶滅

い込まれていったと考えられている。

 

P1000314.jpg

 



<ご案内>

ひうちなだセッション ~アイテム提供者との夕べ~

 

 

シクロサロンVOL4_クレシ_ッ.jpg

 

とくに"熱い5アイテム"を選定! アイテム提供者をゲストスピーカーにトーク&トークを
開催します。情報があふれる時代だからこそ、人から人へ手渡したい本、写真、古物、
そしてその想いを聞きながら、ひうちなだの魅力を再発見! 
製作中の「サイクリングマップ」の完成に向けたセッションです。




日   時:平成27年7月20日(月・祝) 14:00~15:30
会   場:なみかた海の交流センター
定   員:20名程度 ※事前にお申し込みください。
参 加 費:無料

★申 込 先★   NPO法人シクロツーリズムしまなみ
           TEL&FAX :(0898)33-0069
      メール:cyclo@cyclo-shimanami.com 

  

参加ご希望の方は以下のフォームをコピペして必要事項を記入し、
FAX・メールなどでお申込みください。

--------------------コピペ用------------------

<7月20日(月・祝) ひうちなだセッション参加申し込み>

お 名 前 :
ふりがな:
性  別 :
年  齢:
所   属:
ご 住 所 :
携帯電話:

--------------------コピペ用------------------

by なりちゃん  at 15:46  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)
トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL
コメントする