サイクリストの憧れを呼ぶ "ふじのくに" づくりフォーラム<静岡県>

28日(火)静岡県浜松市にて。

自転車を活用した観光振興策を考える
「サイクリストの憧れを呼ぶ "ふじのくに" づくりフォーラム」で、
しまなみでの取り組みについてお話しさせて頂きました。

17629941_10154785070108101_8486091634939012518_n.jpg


静岡では、サイクルスポーツ協議会を立ち上げて、
県全域でそれぞれの地域性を活かしながら、
自転車を活用した地域振興に邁進していこうとしているとのこと。

17634604_10154785070103101_7592528879815009340_n.jpg


そんなご当地の活動の様子も伺うことができ、大変勉強になりました。
そして、それに取り組まれている市民の皆さん、行政の方々と繋がりを持てたことは、
例えようのない貴重な財産にもなりました。

17553981_10154785070113101_8392819451204435115_n.jpg


日本各地でのこうした活動の持続と実りが、
いづれ日本の自転車文化の定着と発展につながってゆくことと思います。
浜松の皆さんとの出会いを励みにして、私たちも次の一歩を歩んで行きたいと思います。

17553613_10154785070198101_1378298796908724710_n.jpg

作客他郷 ~Hakka Overseas~ 台湾TV取材

台湾のテレビ、客家電視台の取材がなみかたのシクロカフェでありました。


「作客他郷 Hakka Overseas」他国に暮らす台湾人を取り上げる番組とのこと。
広島大学でしまなみ海道の地域振興を研究している台湾人の学生さんからの紹介です。

17202684_10154725273488101_826288710730541771_n.jpg

しまなみの地域人を日本で暮らす台湾人がインタビューして、
地域のことを語り合う取材内容でした。


学生の雅琦許さん、また会いましょう。
ありがとう!
でも、放送、見れるんかな?

17203124_10154725273543101_1024228907022164279_n.jpg

サイクリストへの観光サービスを図る研修会〜おもてなし向上研修会〜にて

2月19日松山市県美術館にて。
「サイクリストへの観光サービスを図る研修会(県主催)
~おもてなし向上研修会〜」が開催されました。


日本自転車普及協会評価委員の瀬戸圭祐さんが、
「自転車は救世主、サイクリストを呼び込もう」という演題で、
宿泊施設に求められるサービス、情報発信のポイント、
インバウンドを取り込む方法などのお話しをされました。

16864045_10154676761818101_5735273401944991072_n.jpg
16681951_10154676761853101_844629004130257662_n.jpg


県内での事例紹介として「ゲストハウス シクロの家」の取り組みも
発表させてもらいました♫

16831201_10154676771918101_8509030370239530053_n.jpg
16807577_10154676771928101_3442666861794453104_n.jpg

久しぶりに、自転車旅仲間でもある瀬戸さんにお会いして、
親睦を深めさせていただきました♪

天草島旅サイクリング推進を目指す学習会にて

熊本県上天草市。
島々をつなぐ天草パールラインを活かして
自転車振興の取り組みが始まっています。


16641023_10154661480893101_7932024467024373053_n.jpg16640898_10154661481043101_2968362260513018970_n.jpg


美しい風景や豊かな食材など観光資源に恵まれたこの場所で、
新たな自転車観光に意気込む、地元の自転車愛好家、旅館経営者、飲食業、
行政などの方々が集い「あまくさ旅サイクリング推進を目指す勉強会」が開催されました。


16807176_10154661534458101_1287680442252340683_n.jpg
16730315_10154661534283101_1655560816977046496_n.jpg


そんな中、バイシクルクラブの岩田編集長が昨今の自転車界の実情を、
自分がしまなみ海道の活動事例をお伝えして来ました。


16807701_10154661534503101_1049933199346490731_n.jpg
16807326_10154661534213101_6335698946556560682_n.jpg

この魅力的な風土に応じたやり方で、きっと自転車が地域を元気にしてゆく、
そんな熱意をお集まりの地元の方々から感じずにはいられませんでした。


自転車のチカラを活かした取り組みが、日本各地に広がり、
まちを少しづつ変えている今日この頃ですね。

16807032_10154661480883101_4001028959656913838_n.jpg

愛媛全域へサイクルオアシス拡充中♪

6年前、2011年からしまなみ海道で、
20軒から始めた自転車休憩所「サイクルオアシス」。


その後時を経て、尾道市陸地部、愛媛県内各地へと拡充されて行き、
地域住民のみなさんや各施設が参画しながら、
現在247ヶ所がオアシスに登録しています。


住民参画型で進めてきたこの取り組みは、今やしまなみ海道の大切な資源のひとつ。


今年新たに愛媛県内東部エリアでは、
西条市を中心に20ヶ所のみなさんがサイクルオアシスに加わりました。
顔合わせと勉強を兼ねた会合を開いて、愛媛県の自転車施策や
サイクルオアシスの誕生秘話やその意義などを共有する時間を持ちました。


16681633_10154644126178101_5888249757861716659_n.jpg

みなさん、しまなみ海道からつながる愛媛県各地へサイクリングする際には、どうぞサイクルオアシスにお立ち寄りくださいませ♫

16508423_10154644126198101_847773492848851500_n.jpg
16683918_10154644126228101_7814632063902773816_n.jpg

自転車パラダイスみやざきをめざして

1月20日、宮崎市にて。
宮崎市主催の第五回『自転車パラダイスみやざきをめざして』のフォーラムに呼んで頂きました。


自転車世界旅のお話と、しまなみ海道での自転車まちづくりの取組みについて事例をお伝えする、とても変貴重な機会をいただきました。ありがとうございます。


16265442_10154592590838101_8385419935279406217_n.jpg
16174481_1385750318137120_855728753655983331_n.jpg
16003171_1197542816996937_2452300132846315673_n.jpg


自転車界のオピニオンリーダー疋田智さんをはじめ、
宮崎で自転車を活用して地域の魅力を伝える活動をしている方々、
自転車ライフのクリエーターの方たちとお会いすることが出来て、
とても為になる時間を共有させてもらいました。


16195776_1385750124803806_1230606678478687769_n.jpg
16142797_1197542793663606_3224627585051056218_n.jpg
16114397_1385750314803787_6028272256605241720_n.jpg

フォーラムのパネルディスカッションをコーディネートしていた疋田さん、
宮崎が故郷なのですごく熱心に進行さてましたよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


自転車振興施策が今、各地で芽吹き始めています。
自転車がすぐ身近にある暮らし。
自転車がライフスタイルに溶け込んだまち。
自転車にやさしいニッポン。


自転車の歩みのようにゆっくりと、しかし着実に前へ進んでいる気がしています。

第3回スポーツバイクデモ in大阪

第3回スポーツバイクデモ in大阪【16/12/10開催】


15350725_10154429877223101_3610104500551658794_n.jpg


ATCピロティ広場&屋外特設コースにて。
今回もたくさんの方に、キヤノンデール・ロードタンデムを試乗してもらいました。


15492114_10154430334778101_6139093223789551813_n.jpg



「曲がり角が難しかったけど爽快でした」、
「思ったより軽いんですね」、
「これ買って乗ったら面白いやろな」などなど、皆さん楽しそう♫
今年から大阪もタンデム自転車が規制緩和。一台どうですか?


15391188_10154430334803101_6052960369696417339_n.jpg



JACCメンバーで、最近、世界一周旅を終えて帰国したばかりの小口良平くんとトークタイムも♪
10年間かけて157ヶ国、16万キロ走破してきた彼と一緒に、自転車で世界を巡る楽しさと、
その旅を通して得られる経験の素晴らしさを、みなさんにお伝えしてきました♪


15400507_1215261891856144_2028163348540808815_n.jpg
15401161_10154430070103101_8416372286868296509_n.jpg

静岡県沼津市にて

11月22日、静岡県沼津市にて、
しまなみでの自転車まちづくりの取組みについてお話しさせたいただきました。


15136009_10154381332283101_172830348715103844_n.jpg


サイクリストの増加やオリンピックの自転車競技開催地になるなど、
自転車の気運と躍動感が高鳴っている現地の様子も拝見。

会場にお越しの方々や「沼津市・狩野川周辺サイクル事業推進協議会」の
プロジェクトに関わられている皆さんにお会いできて、とても刺激になりました。


15170842_10154381331978101_2250084950747932614_n.jpg
15179116_10154381331968101_8960477282155820447_n.jpg


自転車が展望する未来、沼津市のみなさんの活動が実り多いものになることをお祈りしています。


15219531_10154381332273101_4069966710440628337_n.jpg

大阪のナニワ銀輪堂さん

大阪大正区、ツーリング車レストア専門店「ナニワ銀輪堂」へ。


15037117_10154362914018101_9157432055942571437_n.jpg


仲間に勧められて訪れて見ました。
味わい深いランドナーとご主人の軽快なトークに引き込まれて
瞬く間の数時間を過ごして来ました。(o^^o)


15085699_10154362913898101_6357269706467492078_n.jpg
15037085_10154362913963101_2070040036784054878_n.jpg



「こんなツーリング系のお店が、近所にあったらなぁ・・・」
旅する自転車たちの集う場所に行きたくなったら、
いざ、「ナニワ銀輪堂」さんへ!

15032860_10154362913878101_9041708393839778278_n.jpg

とびしま海道サイクリング

インディアンサマーな「安芸灘とびしま海道」です♫
風景がきらきらと輝いて、絶好のサイクリング日和。


15037300_10154356894588101_8350703688275822192_n.jpg

自転車ビギナーのアクティブシニアの方々をとびしま海道へとご案内!
岡村島~大崎下島~豊島と3つの島をぐるり自転車旅。

15036603_10154356975293101_1281606439880499941_n.jpg


ランチはココ、大崎下島の名物店「明地商店」へ。
ご主人手描きの美空ひばりの似顔絵に囲まれ、ひばり談義を聞きながら
おばさんが丹精込めて焼き上げるお好み焼きに舌鼓。

15135857_10154356975348101_5086011176159355749_n.jpg
15078946_10154356975283101_3515434625883602818_n.jpg



みんなで島時間に身をゆだね、島民人情に心を洗われる
味わい深い自転車旅を楽しみました(^^♪



14993294_10154356894583101_1319033894769718096_n.jpg

「鯛めし」を食す!

宇和島の海鮮割烹で、名物の郷土料理「鯛めし」を食す!


愛媛には2種類の「鯛めし」があることをご存知ですか?


今治市のある愛媛東部は、炊き込みごはんの「鯛めし」。
宇和島のある愛媛南部は、刺身で食べる「生鯛めし」。
自分のおすすめは、断然「生鯛めし」です。


生鯛めしは、「鯛刺身の茶漬け」とも呼ばれるように、
刺身を特製の出汁と生卵にからめてご飯にかけて頂くもの。


400年⁉ もの古くから伝わる船乗り飯にルーツをもつ、
他に類を見ない味わい深い郷土料理に間違いなしです!


そして、ご飯のおかわりも大抵は無料。
ガッツリ食べたいサイクリストにも超おすすめデス♬




ドリアンコーヒーとは!?

「ドリアンコーヒー」とはなんぞや!?


シクロの家スタッフで試飲してみました! 

結果、香りと味わいにドリアンが漂う絶妙なテイストに酔いしれました。


日本ではウケないフレーバーかもしれませんが、
ドリアン好きの方はぜひ一度お試しくださりませ。
シンガポール製品で現地でしか売られていないみたいですが。。。

シクロの家に世界中から旅行者が来てくれるおかげで試飲することができました。
旅人たちに感謝m(__)m

14192659_10154124784793101_8786671750830671137_n.jpg
14184461_10154124784798101_8646157969024349207_n.jpg
14141993_10154124784853101_4370437273231997104_n.jpg

恒例、自転車ヒロバ開催中

子どもたちの遊び場「自転車ヒロバ」で、
夏の日差しを浴びてランニングを楽しむキッズたち。

第5回しまなみランニングバイク選手権に向けて
新しいアトラクションも登場しました!

「なみかた海の交流センター」にて毎夏開催中。
みんな、遊びに来てね♪

 

アボカドスムージーなんて美味♬

ベトナム産アボカドが届きました♫
アボカドスムージーでベトナムの香りを満喫中。

13592333_10153977319013101_212158289170098201_n.jpg



作り方はとても簡単。半分に割ってスプーンで実を取り出します。
13592672_10153977319018101_765925596171711027_n.jpg


コンデンスミルクをテキトーに加えます。甘党はたっぷりとどうぞ。
13528955_10153977319053101_754788819885000994_n.jpg


牛乳も、これまたテキトーに加えます。アボカドの風味を残すなら少な目で。
13439157_10153977319073101_4082288338431385878_n.jpg


あとは泡立つまでしっかりと回すのみ。
13606722_10153977319128101_7757689680676050170_n.jpg


豊富な脂肪分を含む森のバター「アボカド」スムージー、いただきます♬
13532864_10153977319123101_5783272681294104158_n.jpg

 

キャロルの挑戦!

自転車=スポーツ・レジャー、
自転車=移動、生活手段
自転車=バイクが買えない貧乏人が乗るもの
自転車=車が買えない貧乏人


自転車のイメージって、まさに国ごとに様々なんですよね。


日本は自転車に乗れるのが当たり前で、乗れないと恥ずかしいという認識があるようですが、
とある調査によれば、日本人の1割程度は実は自転車に乗れないそうです。


逆にお隣の韓国では、自転車に乗れる人は全体の2割ほどしかいないというデータもあるそう。


さてさて、香港からシクロの家にヘルパーで来てくれている26歳のキャロルは、
これまで自転車に乗ったことがない!そんな女の子でした。


そんな彼女が、練習を重ねてここまで乗れるようになりました。
目標は「しまなみ海道を走ること」・・・さあ、その夢はかなうのか!?


シクロスタッフなりちゃん&あやちゃんもタンデム自転車で応援中!


ゲストハウス「シクロの家」にて

「旅の記念に、君の本買っていくよ!」
オリジナルグッズも各種置いてます。ゲストハウス「シクロの家」。
海外からのサイクリストたちも多く泊りに来てくれています。

160509.png

旅心がウズウズする時間を日々体感できますよ♪ 

↓↓↓シクロの家はコチラへ↓↓↓
http://www.cyclonoie.com/

タンデム自転車世界旅のお話会

第9回ふれあいサイクルイベント (主催:サイクルボランティアジャパン)で、
10年半のタンデム自転車世界旅行のお話と、タンデム自転車規制緩和に
関わるお話をさせて頂きました。


ノリの良い聞き手のみなさん、懐かしい自転車仲間との再会もあり
とても充実した時間を過ごさせてもらいました。
貴重な機会を頂き、ありがとうございました!


in 大島 瀬戸内荘にて

12122481_988130607930222_1434047637302935938_n.jpg

美絵&彩ちゃん、ありがとー♪

シクロの家を一緒に作ってくれた美絵ちゃんと
キュートな笑顔でシクロを盛り上げてくれた彩ちゃんが、
シクロを卒業していきます。

DSCN1125.JPG

シクロの家のゲストさんたちも、ふたりのキラリと光る人柄に、
会話を楽しんだり、癒されたり、励まされたり。
たくさんのファンを作ってくれてありがとう。


DSCN1111.JPG
DSCN1107.JPG


これから、別々の道を歩いていくふたりだけど、
また、いつでもシクロの家に遊びにきてくださいね。
元気な笑顔に会えるのを楽しみにしています!!


DSCN1119.JPG
DSCN1118.JPG
DSCN1117.JPG

南房総地域におけるスポーツ観光セミナー

「南房総地域におけるスポーツ観光セミナー」で、
しまなみ海道での自転車まちづくりのお話をさせて頂きました。

 

南房総エリアはトライアスロン大会、サッカー、マインスポーツを始めスポーツが盛んな地域。今後、スポーツ全般を通じて訪問者の増加を図り地域の活性化につなげたいと、館山市と周辺市町村そしてJR千葉の企画部が協働してプロジェクトを推進中なのだそうです。


12418065_10153727452918101_7408599833162667494_n.jpg



今回は、しまなみ海道の事例を参考に、
自転車での地域づくりを考えるセミナーとのこと。

住民参画型で作り上げてきたシクロの取り組みの数々をお伝えしてまいりました。



「住民の気持ちが何かを境に、急に変化したことはありましたか?」
「宿泊施設の運営で、自転車の人たちを取り込むには、何が一番大切ですか?」
「先進地のしまなみから見て、南房総へのメッセージを一言ください」


などなど、活発な質問も頂き、南房総にかける皆さんの熱意を肌で感じさせてもらいました。



944004_10153727452913101_2291447649077306926_n.jpg

オリジナルペイント〈24インチ〉タンデム自転車完成♪

オリジナルペイントを施したタンデム自転車が完成しました♫


156078_10153709727373101_2891486911144996411_n.jpg


パーツアッセンブルとセッティングは、松山の上野サイクルさん。

とにかく昔の、古〜い規格のフレームなので試行錯誤の繰り返し。
タンデムならではの特殊パーツの代替品を探すのも一苦労。

手間ひまかけてもらった分、乗り心地はかなり快適^o^/ 皆さんに
試乗してもらいたい、素敵なタンデム自転車に仕上がってます!!



10730213_10153709727158101_4469090556080632490_n.jpg


試乗の申し込みは「NPO法人シクロツーリズムしまなみ」までどうぞ。


レンタル貸出場所:なみかた海の交流センター( 今治市波方町波方甲2264-38 )
レ ン タ ル 時 間   :9:00~(16:30までに要返却)
休   館   日 :毎週月曜休み(祝日の場合は開館、翌日が休み)
          :12月30日~1月2日休み
申         込       先 :NPO法人シクロツーリズムしまなみ
TEL&FAX :(0898)33-0069
メール:cyclo@cyclo-shimanami.com   


1915459_10153709727088101_1598539092402947313_n.jpg

「さざなみ島走MAP」完成♪

~シクロオリジナル「せとうちサイクリングmap」シリーズ~
苦節1年半、待望の「さざなみ島走MAP」がようやく完成しました。
タンデム自転車まつりでお披露目予定です。

944865_919888661459822_392057898221769612_n.jpg

Amazonにて販売中

2部1セットで540円(税込み)です。

どうぞご愛用くださいませ。

 

"6人のシクロ・ツーリスト" No.6完成へ

自転車に乗ったり、停めたりしている瞬間の姿をリアルに再現した、
しまなみ海道オリジナルのサイクルスタンド"6人のシクロ・ツーリスト"。


10006188_10153679591128101_4290657444792270126_n.jpg


いよいよ6体目の最後の作品が今治城の入り口にデビューします。
とっても素敵な写真スポットになること間違いなし!
現在、設置工事の真っただ中。来週には設置完了です!



1948047_10153679591133101_7400863687352251462_n.jpg

「高速道路交流推進財団」成果報告会

3年間の事業支援を頂いた「高速道路交流推進財団(現・(財)国土交通計画)」で、
取組み実績の報告会に出席してきました。

IMG_0305.JPG


事業成果のタイトルは、
【自転車回廊の高速道路がつなぐ島巡り散走】
~瀬戸内まるごとサイクルツーリズム構想~



これは、陸の海の利活用を提案しながら
しまなみ海道からつながる瀬戸内地域を一体的に活性化させていくというものです。
主たる成果物としては以下の3点があります。
・「とびしま海道Map」「さざなみ海道Map」の作成
二次交通と自転車との連携を提唱した「海を楽しむアイランドホッピングツアー」の実践
・地域のハブになる総合拠点の整備

 

P1010334.JPG

 



そして支援を受けて立ち上げた、仕組み、ネットワーク、拠点をベースに
今後展開してゆく事業内容のビジョンを説明させてもらいました。
・自転車旅行文化の定着に向けて「
プロモーション・出版業務の展開」を図る
・自転車を暮らしへ=健康感の高いまちをつくる「地域保全のプログラム」の構築
・地域限定旅行業の取得を活かして「
サイクルボートしまなみ号定期運航」の実施
・総合拠点での、
小ロット・多分散で無理ない経営をめざした住民(地域)参画型の事業スキーム」の展開と、自転車まちづくりの財源を確保するための資金循環」のしくみづくり



IMG_0309.JPG



この3年間で、私たちはしまなみ海道を中心に、自転車まちづくりの基盤を
飛躍的に高めることができました。当会のような小さな団体に多大なる支援を賜わり感謝の念に堪えません。
これからも活動の継続と地域貢献、自転車旅行文化の推進に向けて、一層邁進していきたいと思います。

 

シクロStaff 2016

2016年3月時点のシクロStaff を紹介します。


12814056_846255045483343_8172399105227211792_n.jpg

●工藤美絵さん <北海道出身>  (写真左1番目)
2014年6月、「シクロの家」立ち上げ時に、ゲストハウスの運営に携わるべく神奈川から移住。
その後、自転車ライフにも目覚め、愛媛弁も日々習得中。

●中川彩さん <広島出身> (写真右2番目)
2015年5月から、シクロの家常連さんの紹介でシクロスタッフに。中国語と英語に堪能♪
ゲストハウス、シクロカフェで語学、接客にその技量を発揮中。

●村上雅之さん <静岡出身> (写真右1番目)
2014年4月から、自転車旅行が好き過ぎて今治へと移住。愛車はランドナー。趣味も志向も、
実年齢よりはるかに古風な青年。なんと理科の教職経験もあり!


●吉村愛美さん <京都出身> (写真右2番目)
2016年3月、尾道から移住してシクロスタッフに。自転車一人旅で日本一周経験もあり。
ピンクのクロモリ自転車で今治を探訪し、日々地域情報の造詣を深めている最中。

12803319_846255115483336_343060487360790805_n.jpg
12801363_846255222149992_8578278595164310461_n.jpg
12794460_846255272149987_3222674929142346894_n.jpg
12718117_846255335483314_8051411331897567590_n.jpg
12043049_846255425483305_3275158752341318486_n.jpg
12814807_846255378816643_672894312672369758_n.jpg
12801420_846255178816663_4141179370889946017_n.jpg

タンデム自転車レストア中♪

すごく古いクロモリ・タンデムフレームをレストアしています。


フレームは3年ほど前に奈良在住の友人から譲り受けたもの。
元はパナソニックの24インチタンデム自転車だったようです。

IMG_4714.JPG


まずはパーツを全部はずしてから、ブレーキ台座の付け替えをしてもらいました。
時代物のUブレーキ用台座が付いていたので、それを切り落として、カンチブ
レーキ台座を前後4箇所に溶接。松山市内のビルダーさんにお願いしました。

その後、松山在住のペイントの名手が、大阪にフレームを送りサンドブラストを
かけて塗装を剥いだ後、ハンドメイドでペイントを施してくれました。
シクロツーリズムの"ゆったり"&"のんびり"感がすごく素敵です♪

12415482_914586621928820_511194216_o.jpg
12358439_907855115935304_1274015269_n.jpg
12413918_914862631901219_2087923752_o.jpg


しまなみ海道を素材にしたカラーペイントも完成して、只今パーツの物色中。
タンデム自転車には幾つかの特殊部品が必要なんですね。


・タンデム自転車専用クランク前後セット
・エキセントリックハンガー(前BB内装着してチェーンの張りを取るもの)
・後ろハンドル用ステム
・リアディレーラー用の長いシフトワイヤー


しかもこのバイク、リヤのエンド幅が126mmのため現行製品では対応できず、
自転車専門店にて、旧モデルのパーツを探してもらいホイールを組んでもらう予定です。


DCIM0008.JPG


新装デビューは、3月19日&20日に開催の
「第6回タンデム自転車まつり」を予定してます。
ご参加予定のみなさま、どうぞお楽しみに♪

ソルトハウス(SALTHOUSE)〜伯方島ゲストハウス〜

しまなみ海道の伯方島に、新しくオープンしたゲストハウスを訪ねて来ました♪

10406639_1049310951786640_7392175614784075971_n.jpg

・ソルトハウス(SALTHOUSE)〜伯方島ゲストハウス〜
・今治市伯方町木浦甲1293-3
・電話️ 0897-72-8535
・メール salthousejp@gmail.com
・一泊4500円~ (朝食は別途+500円)
・要予約
・定員5人
・屋内への自転車保管も可能です
・洗濯も出来ます

**************************************
戦後まもなく建てられた昭和モダンの趣きある隠れ家的古民家。
B&Bスタイルなので女性の一人旅でも安心して宿泊できます。
伯方八景のひとつ沖浦海岸(徒歩20分)から見る朝日は絶景♪
自転車(シティサイクル)無料貸出あり。
***************************************

12373323_1049310971786638_6400052068726371393_n.jpg

もと歯医者さんの建物を改築したゲストハウスで、
交流室などの居心地、レトロな高級感、すごく魅力的なお宿でした。
どうぞみなさま、ご利用くださいませ。

224985_1049310995119969_4863312378128696025_n.jpg
10346114_1049311045119964_3089714635292959422_n.jpg
9546_1049311065119962_4956698332320770099_n.jpg

スポーツバイクデモ in 埼玉

スポーツバイク文化を発信し、ジャンル別の楽しみ方を伝えるイベント
「スポーツバイクデモ in 埼玉」。


今年も12月6日(日)に、埼玉県戸田市の彩湖周辺で開かれました。
最新モデルバイクやウェア、アクセサリーの展示をはじめ、メーカー車試乗、
アウトレット品の販売など催しが盛りだくさん。
これからスポーツバイクを始めたい初心者からベテランやマニアまで、
自転車好きなら誰もが楽しめるスポーツサイクルの総合イベントでした♪

12314055_10153481574108101_5704975015938380331_n.jpg
12314055_10153481574173101_2087506662218593485_n.jpg


NPO法人シクロツーリズムしまなみも会場ブースをお借りして、
しまなみオリジナルグッズ・書籍の販売と、キャノンデール・ロードタンデム車の
試乗会&を行ってきました。
ホントにひっきりなしにたくさんの方々がタンデム自転車に試乗。
タンデムの面白さを体感してもらい、いろんな感想をもらうことができました。


「初めてタンデム自転車に乗ったけど、不思議なカンジでした♪」
「バランスをとるのが難しくて怖かったけど、すぐに慣れて楽しかったデス」
「私は後ろはムリ。絶対前がいい!」
「後ろは楽ちんで、面白かったです」
「コレ買えるんですか?」


151211.jpg
12311030_1040909065960162_3890680408393965739_n.jpg


それにしても、愛媛あたりで行うイベントとは、集客規模がまったく違いますね。
スポーツ自転車販売店Y's Roadとい、一小売店が開催するこのイベントに、
7000名近い来場者が集い、各メーカーのブースも大賑わいしているのですから。

自分的には、タンデム試乗と物販が忙しすぎて、
会場内を見て回る暇もなかったのがザンネン。
来年の開催時には、ぜひゆっくり楽しんでみたいですね。


ちなみに、このキャノンデール・ロードタンデム車は、
自転車の聖地「しまなみ海道」でも体験試乗可能です!
興味のある方は、どうぞ詳細をお問い合わせくださいませ!
※詳細はコチラへ

12308395_10153483235313101_3818679384817358573_n.jpg

12347868_10153482028858101_8034973033907964459_n.jpg

「いしづち島走 MAP」ついに完成♪

「いしづち島走 MAP」ついに完成♪ 


12249714_10153456791693101_6734968734459029625_n.jpg


今治~観音寺(豊浜)まで、国道196&11号線沿いの
海岸エリアを網羅しました。
このエリア唯一無二のサイクリングマップです。


12227609_10153456791833101_2488666736317020135_n.jpg


着手してから完成まで半年がかり。
区間距離が80km以上と長いうえに、
パラレルロードがたくさんあり、
走っても走っても現地調査が尽きないんです。
お店や観光資源もたくさんあり、チョイスするのにも迷いました。


DSCN8796.JPG
DSCN8904.JPG


「いしづちMAP」は、11月23日、いまばりスマートライドで
イベントで参加者の皆さんに配布。
そのほか、ゲストハウス「シクロの家」でも無料配布開始しました。 
遠方の方はご相談ください。
<発送手数料お客様ご負担>にてお送りします。


どうぞよろしくおねがいしまーす!

大快晴のしまなみへ

中国からのメディアの方々12名を、生口島から大三島までご案内♪
大快晴のしまなみ風景に感嘆の声が飛び交っていました~。

12189563_10153422142753101_5724126608219099888_n.jpg
12065670_10153422142598101_703914113130551747_n.jpg
12189703_10153422142638101_8527729917896643158_n.jpg
12191487_10153422142688101_2451230109286009238_n.jpg

みかんの色づく頃に・・・

快晴続きのしまなみ海道。
秋晴れの気持ちのよい日が、2週間近く続いています。


今日アテンドしたのは、具志堅さんとタレントの横地さん。
生口島でお気に入りのみかん畑の中の道へとご案内してきました♪

12118864_10153413999723101_1382148804524676512_n.jpg

「みかんの木をこんなに間近に見ながら、自転車に乗れてカンゲキです」
と喜んでおられましたよ~♪


島々のみかんの木々が色づき始めています。
まるでクリスマスツリーのように。
秋から冬のこの風物詩を、どうぞみなさん楽しみながら
自転車に乗ってみてくださいませ♪

飛騨古川 里山ツアー

飛騨古川にて。
「SATOYAMA EXPERIENCE」里山サイクリングツアーを体験!


続いて同地で、シマノOVE主催の「自転車まちづくり」セッションも開かれ
里山サイクリングツアーを行う(株)美ら地球代表の山田拓さんを交えて、
質疑応答や企業コンセプトを聞かせて頂きました。

 

 

各地から自転車まちおこしの活動に取組んでいる方々も集っており、
参加者間で情報交換も行えて、大変充実した時間を過ごすことができました!!

12118665_10153392869818101_2007424890542016565_n.jpg
12109192_10153392869943101_8095604108967397463_n.jpg
11181996_10153392869863101_2338447015365317997_n.jpg
12144816_10153392870048101_4968469921298425358_n.jpg
12118788_10153393772368101_8386505403083832957_n.jpg

キャノンデール・テストライド in しまなみ <2015>③

キャノンデール・テストライド in しまなみ<2日目>


「タンデム自転車コーナー」も、たくさんの方が興味深げに足を向けてくれました。
旅好きの女性、海外に興味のある人、自転車旅行中の青年などなど。


DSCN7691.JPG
DCIM0934.JPG
DCIM0961.JPG
DCIM0948.JPG


アメリカンのタンデミストもお立ち寄り!
愛車は、SANTNAのタンデム。
おぉー、しかもなんと、チタンのカーボンのハイブリッドタンデム!
その上。カップラー付きで分割式ではないですか!
セミオーダーなのかな。スゴイバイクです! 


DCIM0957.JPG


「サンタナのタンデム車は2台持ってるんだけど、
こっちの方が分割していろんな所へ持って行けるから、便利なのよ」
「私たちも、ヨーロッパ、それからアフリカ、アジアを、タンデムで走ったのよ」
......という、タンデム旅話で盛り上がってました!
めっちゃ、格好いいお二人でしたよ!!


DSCN7694.JPG

みなさん、来年もお会いしませう!!

キャノンデール・テストライド in しまなみ <2015>②

キャノンデール・テストライド in しまなみ<2日目>


朝から雨がじゃんじゃん降りです。しばし待機。
そんな中、サイクリストたちが続々と集まってくる姿にはビックリしました。
こんな天気でも訪れてくれるのは、ホントのコアユーザーの方々なんでしょうね。。。


10時半、ようやく雨も上がり、試乗会の再開。
待ちわびていた人たちが、矢を放ったように駆け出していきました。


10330489_999662976751438_3830087500507701650_n.jpg
11953252_999663030084766_5511867413439659945_n.jpg


タンデム自転車ブース、今日もたくさんの来場者の方々に
「Cannondale road Tandem 2」を試乗してもらうことが出来ました!


11988446_10153321709828101_4681664811952838499_n.jpg
11218805_10153321709593101_880570895537127890_n.jpg
11960162_10153319527263101_1104533462741047534_n.jpg


「すごい怖かった」「カーブがうまく曲がれませんでした」
「これ、どこで買えるんですか?」(※ まだ、日本では販売してないんです)
「いくらするんですか?」(※ US$3600ぐらい)
「結構面白いですね!」「こんな自転車でよく世界を回りましたねー」などなど、
いろいろな感想を聞かせてもらえました。


DCIM0928.JPG

キャノンデールファン垂涎の試乗会、来年も楽しみですね(開催されることを願って)!!

キャノンデール・テストライド in しまなみ <2015>①

キャノンデールテストライド in しまなみ
9/5と9/6の2日間、道の駅「多々羅しまなみ公園」で開催されました。

DCIM0910.JPG
DCIM0912.JPG
DCIM0914.JPG

 

会場の片隅にブースをもらい、タンデム自転車コーナーを開設。
世界一周写真展とタンデム試乗会を開いてきました。
試乗車は、日本にこの一台しか上陸していない「キャノンデール・ロードタンデム2」。
このタフなバイクを、会場を訪れた数多くの自転車乗りたちに体感してもらいます!

DSCN7694.JPG

<みんなの感想>
「不思議な感覚でした」、
「思ってたより安定して走れますね」、
「カーブがむずかしかった」
なかには「この人とは息が合わないことを実感しました(笑)」という女性も。。。


11924289_10153319527463101_1390811250737696450_n.jpg
11781628_10153321709763101_6583245452199826160_n.jpg
10429494_10153319527348101_3518071939079664191_n.jpg
11952046_998945706823165_2276949515078254201_n.jpg
11949365_10153319527398101_7292431150545181074_n.jpg
11218464_998945610156508_4229563427417672906_n.jpg

会場は、昨年以上の賑わい。 朝一から会場には試乗者の行列。
本日だけでも300名以上の試乗者が、キャノンデールの
NEWモデルバイクを体感されたそうですよー。
さて、明日は2日目・・・でも、天気がちょっと心配なのでありました。。。。

キッズのあそび場 ランニングバイク (8/30)

昨日からの雨も上がり、暑気も安らぎました。
さあ、夏休み最後の日曜日! いざ、自転車ヒロバのOPENです!
リピーターの子も、初めての子も、一緒になってランニングバイクをエンジョイしましょう!


DCIM0880.JPG
今日の障害物は、定番の「橋(手前)」と「大こぶ(奥)」。
大こぶの方は、高さがあるのでなかなかビギナーの子にはきついのですが、
何度も練習するうちにコツをつかんで、助走を活かしながら上手くクリアー
できるようになっていく子どもたちが多いですね。


DCIM0873.JPG
久しぶりに登場したのが、この「渦潮」。S字カーブの練習にぴったりの障害物。
立ちはだかる渦潮に揉まれるかのような走行感が味わえるのが特徴です。


11899838_823996974382325_2823159326585013397_n.jpg
表面が殺風景でつまらなかったので、ペイントしてみました。
渦潮らしく渦のマークや波を描いてみます。
子どもたちが興味津々で集まってきたので、
「コレなーんだ?」って質問したら、「青色!」って答えられちゃいました。


DCIM0882.JPG
「うちの子は、人と接するのが苦手なんですけど、
ここに来ると、すごくのびのびと夢中になって遊ぶんですよね♪」
とあるお父さんが、ほのぼのとそんな話をしてくれました。


子どもが子どもらしく遊べる場所、そんな「自転車ヒロバ」に
ぜひみなさん、お子さんと一緒に遊びに来てくださーい!
次回開催:9月6日(日)OPEN
開催場所:「なみかた海の交流センター」今治市波方町波方甲2264-38


DCIM0885.JPG
移動式シクロカフェもOPENしてますよ!
先週「ふるさと絶賛バラエティ"いーよ"」にも登場した、
シクロカフェ(室内)も同時営業中。ぜひ味わってみてください!

キッズのあそび場 ランニングバイク×シーカヤック (8/22&23)

8月22日(土)&8月23日(日)、
今治市のなみかたで行う5回目の自転車ヒロバ&
来島海峡シーカヤック体験。
照りつける夏の日差しにも負けず、たくさんのキッズが集まってくれました!


DSCN7660.JPG

今日の障害物は、「山」と「水軍」です。
それから、コンクリートジャングルの熱波・・・・・・


DSCN7664.JPG
見てください。このブルーSky&Ocean。
しまなみブルーに包まれてランニングバイク!
なんて贅沢な環境なんでしょうか!!


DSCN7665.JPG

子どもたちは、頭から湯気を出しながら、なんどもなんども
コース走行を楽しんでくれました。


DSCN7662.JPG
夏と言えばコレでしょう。イチゴスムージーと「かき氷」。
移動式の「シクロカフェ」にて、冷たい飲み物を販売して大人気でした。
中でも、『桃バジル かき氷』が大人気。地元なみかたの特産「桃」と、
シクロカフェの畑で育てた「バジル」で作った、オンリーワンのテイスト。
大人向けの味で開発したのですが、意外に子どもたちにも大好評!
ぜひ次回、味わってみてくださいませ。


次の「自転車ヒロバ」は、9月6日(日)になります。
なみかたで、みなさんのお越しをお待ちしています!


FotorCreated.png

夏休みアドベンチャーサイクリング 「別子銅山のヒミツを解き明かせ!」

2015年8月9日、しまなみ海道のある今治を離れて愛媛県新居浜市へ。
愛媛県東予地方局主催の夏休みアドベンチャーサイクリング
「別子銅山のヒミツを解き明かせ!」をサポートしてきました。


小学生の親子から80代の高齢者まで、幅広い年齢の参加者と一緒に、
新居浜市内の近代遺産を自転車で巡る遊学ラリー。



IMG_0038.JPG

まずは、新居浜駅前にできた「あかがねミュージアム」に集合。
参加者を4班に分けて、グループごとに得点を競う"遊学ラリー"のスタートです。
わたしたちシクロのスタッフは、各班を先導し、チーム作りを行うリーダー役。
アウェイのフィールドですが、下調べもばっちり行い準備万端で望みます!


DSCN7494.JPG
DSCN7497.JPG

新居浜は住友鉱山とともに、開拓発展してきた都市。
鉱山鉄道跡を利用したサイクリングルートもあり、
往時の賑わいを想像しながら市内散走することもできます。


DSCN7500.JPG
見学ポイントでは、一緒に散走している高校生たちが資源の解説をしてくれます。
彼らは地域のことを学んだ語り部 "Jr.マイスター" たち。新居浜南高校と東高校の
ユネスコ部の生徒さんです。


DSCN7517.JPG

ちなみにココは、通称「えんとつ山」と呼ばれている場所。
銅を精錬する時に出る排煙(有毒ガス)を排出していた煙突です。


DSCN7509.JPG
遊学ラリーですから、「学ぶ」わけですね。学ぶと次に来るのは「テスト」です。
Jr.マイスターの話をよーく聞いていれば、解答は容易?
みんな頭をフル回転させて、問題に集中しています。


DSCN7492.JPG
さてさて、ポイントも集めたし、クイズにも答えた!
制限時間も迫ってる。さあ、ゴールをめざして進みませう。


DSCN7528.JPG
各班ごとに、今日の振り返りを行います。
「学んだこと」と「楽しかったこと」を各自でメモ書き。
「地元なのに、知らないことが多かった」、「昔の人の苦労が身に沁みた」などなど、
みんなの意見がたくさん抽出されました。


DSCN7532.JPG
各班ごとに、今日の感想を発表。
小学生の男の子たちも元気良く発表してくれました。


そして、チームの成績発表。
各班しのぎを削った結果、D班の優勝!
記念品の銅版細工が贈呈されました♪
P8090098.JPG




「来年もまたありますか?」・・・なんて声も聞かれるほど、
みなさん達成感と満腹感に包まれていい笑顔!

11059749_812916892157000_2094783353353453015_n.jpg

新居浜の町を巡り、チームで仲良しになった別子遊学ラリー、
これにて閉幕です!

キッズのあそび場 ランニングバイク×シーカヤック (8/8&9)

8月8日 & 8月9日、今治市のなみかたで行った来島海峡シーカヤック体験も、
地元の人や市外からの参加者にとても好評でした!




IMG_4242.JPG

愛媛県の北端、大角海浜公園から出発。
まずは、パドリングのレクチャーです。




IMG_4272.JPG

ビーチのすぐそばにある岩礁エリアへ。
巧みなパドルさばきで岩の間をすり抜ける練習です。




IMG_4285.JPG

海浜公園から、海岸線をたどりながら南へ。
パドルを漕ぐことにもすっかり慣れてきました。




IMG_4332.JPG

30分ほど漕ぐと、しまなみ海道が見えてきました。
延長4kmの壮大な来島海峡大橋とご対面♪




IMG_4292.JPG

少し離れたところを大型の貨物船が悠々と通り過ぎていきます。
タイミングが良ければ、海上航行する潜水艦も見られる海域です!




IMG_4326.JPG

90分の体験コース。
「長いようで、あっという間でした。また乗ってみたいです」
参加した小学生3年の女の子は、すごく満足した笑顔を見せて答えてくれました。

次回は、8月22日と23日に開催予定です。
参加されるみなさま、どうぞお楽しみに!!

夏、しまなみ海道!

連日、激しく暑いしまなみ海道です!
みなさま、しっかり水分を取り、インターバルを入れながら、
無理せずペダルを踏みましょう♪  


11822540_10153236992508101_8129592140353025763_n.jpg



今日は、キャノンデールのロードタンデム号で、
柳沢慎吾さんと京本政樹さんから預かった黄色いタスキを
伯方島から生口島まで届けて来ました!

 

11800270_982215881829481_1688574570818753514_n.jpg

 


24時間テレビ38 「47都道府県 想いをつなぐたすきリレー」にて。
ミッション コンプリート♪♪

 

11800360_10153237473993101_2019401532048363912_n.jpg


 Bike supported by Y'sRoad

キッズのあそび場 ランニングバイク×シーカヤック (7/25&26)

梅雨も明けて大快晴!
今回のヒロバとカヤックには、松山市や西条市からも
たくさんの親子連れやファミリーが参加してくれました♪


今回のヒロバの障害物は「水軍」。
これをスラロームでよけながら走るのですが、
これ、結構、みんなぶつかって倒しちゃうんですよね。
わざとぶつける子もいたり・・・

IMG_6023 (640x426).jpg
IMG_6051 (640x426).jpg

でも中には、倒しちゃったのを自分でキチンと起こして
元に戻してくれる子もいたりするんです。



1歳8ヶ月で初めてランニングバイクにまたがった男の子は
またがったままの姿でジーッと固まって動かず、
自分の世界に入り込んでしまう子もいたりします。

 

とにかく、走り回る子どもたちを見ているだけでもすごく面白いですね~。

 

IMG_6028 (640x426).jpg
IMG_6033 (426x640).jpg

 


シクロカフェも出店して、カキ氷やいちごスムージーも大好評♪
ヘルメットを脱がせると頭から湯気が出るほど沸騰した子どもたちを
やさし~く、おいし~く労わってあげられたのでした!

 

青い空と青い海、来島海峡でのシーカヤックも人気沸騰中!
夏休み体験にもぴったり!
次回は8/8&8/9に開催します。
お申込はこちらへどうぞ↓

~親子&初心者でもOK~
来島海峡はシーカヤックの聖地! ガイドと行く来島海峡パドリング


 

P7260025 (640x480).jpg
P7260014 (640x480).jpg

キッズのあそび場 ランニングバイク×シーカヤック(7/18&19)

キッズのあそび場 ランニングバイク×シーカヤックが、
今年は「なみかた海の交流センター」にOPEN!

自転車ヒロバ2015 OPEN


7/19(日)~9/27(日) までの毎週日曜日の11:00~14:00まで、障害物を設置した
特設コースで開催しています。
2歳から乗れちゃうランニングバイク。
ヒロバで遊んで目指せ、しまなみ選手権!

※8/16(日)はお休みです。


<7/19の様子

DSCN7410 (640x480).jpg

DSCN7402 (640x480).jpg

DSCN7405 (640x480).jpg


~親子&初心者でもOK~
来島海峡はシーカヤックの聖地! ガイドと行く来島海峡パドリング

・シーカヤック「90分体験コース」は、
7/25(土)、7/26(日)、
8/8(土)、8/9(日)、8/22(土)、8/23(日)

・シーカヤック「1Day トリップツアー」は、
8/2(日)、8/30(日)の開催です。

 

<7/19の様子
DSCN7381 (640x480).jpg
DSCN7388 (640x480).jpg
DSCN7390 (640x480).jpg

大阪 OVE 中之島 散走ツアー<2>

大阪OVE中之島主催の「上方芸能を巡る小さな旅」散走ツアー

 

 

11214161_10153124856753101_7044315682304052764_n.jpg

 

 

ビルの谷間を抜けてたり、人混みを考慮して押し歩きしたり、
はたまたたちよりポイントで駐輪場の確保と支払いがあったりと、
都市部ならではのツアーの組み立てに、とても興味深いものが有りました。



11062361_10153124856828101_499505203524245536_n.jpg
1511608_10153124856898101_6923315408398920220_n.jpg
10517488_10153124856948101_8207666851827252934_n.jpg



大都市と比べるのもなんですが、
島って、ほんとフリーダムだわ~~って改めて実感するのでありました♪

大阪 OVE 中之島 散走ツアー<1>

大阪OVE中之島主催の
「上方芸能を巡る小さな旅」散走ツアーに参加しました♪

11377352_10153124849683101_8407784562001005828_n.jpg

能楽堂で能の魅力を教えてもらったり、浮世絵体験をしたりと、

11430172_10153124849728101_6414394042382539201_n.jpg
10997156_10153124849763101_650446761885332128_n.jpg

自分ひとりだと訪れないよなぁって所に行けて、とても興味深い体験をさせて頂きました♪♪
ガイド付きのツアーって、やっぱいいッスね!

OVE 中之島にて

LIFE CREATION SPACE OVE中之島にて。


第4回「自転車まちづくり」地域交流会で、
しまなみ海道でのシクロの取り組みのお話しをさせて頂きました♪


各地で自転車を活用して地域を興そうとしている民間、行政の人たちとの
ワークショップや情報交換も行われて、すごく有意義な集まりでした!


11181204_10153121120393101_7400617476895996539_n.jpg
10353714_10153121120438101_6628475010144355097_n.jpg
11391140_10153121120518101_4754748000819676364_n.jpg

第5回 タンデム自転車まつり<2>

「第5回タンデム自転車まつり」2日目は、チャーター船で5離島巡り。
普段なかなか足を運ぶことのできない離れ小島を探訪しました。



DSCN5269.JPG
DSCN5362.JPG


都合で試走できず初めて行く島もありましたが、
逆にみんなで空想をかき立てながら散走する面白みがありました。



DSCN5508.JPG
DSCN5414.JPG



タンデム自転車と瀬戸内の島々、
ナイスマッチングで2日目も大満喫のポタリングでした!



DSCN5509.JPG

第5回 タンデム自転車まつり

 毎年3月に、しまなみ海道を舞台に一泊二日で行っている
「タンデム自転車まつり」も、今年で5回目の開催を迎える
ことができました。

今回1日目は、松山→今治の海岸ルート「はまかぜ海道」
約50kmを楽しみました。

IMG_4958.JPG
DSCN5160.JPG

DSCN5215.JPG

 

最年少の参加者は1歳児。最年長の参加者は76歳。
年の差なんと75歳!! 

 


視覚障がいの方も、聴覚障がいの方も、多様な人が分け隔てなく
参加できるのがタンデム自転車まつりの良さと魅力です!

 

DSCN5168.JPG
DSCN5233.JPG

国土交通大臣表彰 平成26年度手づくり郷土賞(一般部門)に認定

「しまなみ海道を活かした自転車まちづくりプロジェクト」
~地元に根ざした、持続可能な地域おこし~


当会シクロツーリズムしまなみと地域住民、
そして行政とで一緒に取り組んできたプロジェクトが、
国土交通大臣表彰 平成26年度手づくり郷土賞(一般部門)に認定され
表彰して頂きました。

11059289_733701126745244_8741785651344446033_n.jpg

10360622_733702296745127_9067642752942699631_n.jpg

これからも地域のみなさんとタッグを組んで、
10年後、20年後のビジョンを描きながら活動を続けて行きたいと思います。

アクティブシニア向けサイクルスポーツ講習会

松山市県美術館の講会堂にて。
アクティブシニア向けのサイクルスポーツ講習会で、
「タンデム自転車世界紀行~10年間、88ヶ国の旅からしまなみ海道へ~」
という内容でお話しをさせて頂きました。

11036989_10152875913333101_4191980666027331366_n.jpg


ひとりでも多くの方が、自転車の旅を通じて
有意義な自転車ライフを謳歌してくださいますように♪

 

11059940_10152875913398101_5686108907198172383_n.jpg

10152537_733363230112367_5456447953680115337_n.jpg

OVE南青山にて、自活研セミナー

OVE南青山にて自活研セミナーで、
しまなみ海道でのシクロの取組みのお話しをさせて頂きました♪


10363587_884185261632570_484492941920449774_n.jpg



タンデム自転車で10年半かけて世界一周した話や、
その体験を背景にした自転車とまちづくり、ガイドツアー
自転車旅行者の受入れ基盤整備のことなどなど。

 

10428456_10152869471083101_1817312543208028624_n.jpg

 


小林理事長とのトークセッションで開催して頂いたのですが、
上手に引き出しを開いて、巧みにコメントを添えてくださるので
とてもリラックッスしてお
話させていただくことができました。
ありがとーございました。

 

10450842_884218641629232_5113963059573452078_n.jpg

戸隠神社へ

東京まで行ったついでに
長野県の戸隠高原の
戸隠神社の奥社へ。

 

 

11057356_10152868856368101_5427469208883708239_n.jpg

 


真っ白な参道をたどり、雪に埋もれたお社で参拝。
新しい扉が開かれ、果敢なる一歩が踏み出せますようにm(._.)m

 

 

1471117_10152868856458101_7533153547086873392_n.jpg

11046606_10152868856513101_3005621484406678255_n.jpg

第六回観光資源活用トータルプラン報告会

第六回観光資源活用トータルプラン報告会。(by 高速道路交流推進財団)
各地で地域創成に取り組む団体の、三年間の活動報告を傍聴してきました。

 

1622048_10152866667518101_3723216150030995191_n.jpg

躍動的な方々のパワーに、とても深い感銘を受けました。
来年、私たちも充実した成果報告ができるよう日々邁進していきます!

64246_10152866668278101_5289552112739951467_n.jpg

11034181_10152866668808101_2481079588295247380_n.jpg

一橋大学社会学部ヒアリング♪

一橋大学社会学部の学生さん8名が
「しまなみ海道と地域振興」をテーマにヒアリングに来られました。

10985258_10152824483078101_1706203645801540312_n.jpg



地元、民間、行政の連携にポイントを置いて研究しているそうで、
核心をついた質問の数々を頂きました。
皆さん研究熱心です♪

10950733_10152824483133101_4663658416938639609_n.jpg

10606545_10152824483223101_6368086625228881037_n.jpg

10997003_10152824483313101_8563929688480053990_n.jpg

『第10回JTB交流文化賞』優秀賞を・・・

先月の22日、都内で『第10回JTB交流文化賞』の授賞式があり、
自転車旅行を支えるおもてなしのしくみ「サイクルオアシス」をテーマにした、
当NPO法人シクロツーリズムしまなみの取組みが優秀賞に選ばれました。

P1220117.JPG


『地域住民と民間・行政が融合して、おもてなしのオアシスを
浸透させている点が素晴らしい』との評価。
ありがとうございます。

P1220101.JPG

これを地元の人々と一緒に喜び、励みにしながら、
これからも、しまなみ海道地域の元気を持続させる活動を
続けていきたいと思います。

 

P1220116.JPG

P1220098.JPG

『第10回JTB交流文化賞』の詳細はこちらへ
http://www.jtb.co.jp/chiikikoryu/koryubunkasho/10/bunka_02.asp

サイクリングツアーガイド研修会

しまなみ海道でのサイクリングガイドの取組みの
お話をするために北海道札幌市へ。

 

DSCN4691.JPG

 

主催は、サイクル・ツーリズム北海道推進連絡会。
北海道内で自転車ガイドを行っている50名ほどの
方々がお集まりでした。


 

DCIM0478.JPG

 

ひとくちに自転車ガイドといっても、
しまなみと北海道の地域性の違い、
自転車人口の規模の違い、オフシーズン中の対処法
などなど、ずいぶん下地が違うことに気付かされました。

 

 

DCIM0477.JPG

 

かつて自転車の聖地と言われていた北海道。
自転車旅行者の憧れの場所だった北海道。
サイクリストへ向けたポテンシャルは依然高いですね!


自分のお話がみなさんにどれだけお役に立てたかは分かりませんが、
この地域でガイドに取組む人たちをつながりを持てたことは
自分にとってかけがえの無い収穫でした。

 

 

DCIM0441.JPG

 

大学生の頃にキャンプツーリングで巡った北海道。
24年ぶりの大地を踏んで、やっぱり夏に来たかった・・・・・・
そんな思いが募ってくるのでした。

自転車研修ツアー②

埼玉県からお越しの会社経営者グループ9名さま
1泊2日>しまなみ海道 自転車ツアー研修の様子をお知らせします。

<2日目行程 大三島(泊)→今治→松山東京>
●JR予讃線 特急  今治駅発15:41 → 松山駅着16:16
●松山市内見学 16:20~18:30
●JAL1476便   松山発19:20 →  羽田着20:45 

 

[8:10] 
朝ごはんを宿でしっかりと食べて、さあ2日目出発です!
6.JPG

 

[8:30]
日頃、自転車に乗ることの無いメンバーもいるそうですが、
みなさん声を掛け合って、坂道もがんばります!
7.jpg


[9:00] 
海辺でひと休み。島時間につつまれて至福のときを過ごしています。
DCIM0015.JPG
 

 

[10:10] 
伯方島を抜けて、「伯方・大島大橋」を走行中。
タンデム自転車も登場! ちょっと体力に自信の無い人をサポートします!
9.JPG

 

[11:20] 
3つめの島、大島へ上陸。
ランチはカレイ山の山頂にある「遠見茶屋」で、カレーをいただきます。
(登坂はけっこうキツいので、ビギナーの方々は車で移動しました)
眺めの良い半オープンテラスで至極のランチタイム!
10.jpg

 

 

[13:10]
大島を走行中! 
造船所のそばを通り、海岸線をたどって行くと、まもなく壮大な大橋が見えてきます。
しまなみ海道のハイライト、来島海峡大橋へ!
11.jpg

 

 

[13:30]
来島海峡を渡る、華麗なる空中散歩! 
ココまで来れば達成感もひとしおです。
12.jpg

 

 

[13:45] 
来島海峡大橋を越えて、四国・今治へ上陸!
達成感とともに、満足感をかみしめる充実した研修旅行になりました。
疲労よりも笑顔が光っています! ん、単なる汗か・・・。
13.jpg

 

 

[14:30] 
今治駅前のサイクルオアシス総合拠点『シクロの家』にゴール!
2日目の走行距離は44km。お疲れさまでした!
さっそく、グビッとのどを潤すみなさん。自分へのご褒美デスカ?
14.jpg

 


参加者の皆さんからは、
『この自転車の旅を通じて、メンバー間の共感と連帯が、一層強まった』
との感想をいただくことができました。

 

自転車の持つ可能性、こうした人間関係の構築にも貢献するのですね。
"自転車"というアイテムを活かした研修ツアー、みなさんの所でもいかがですか。。

自転車研修ツアー①

埼玉県からお越しの会社経営者グループ9名さま
1泊2日>しまなみ海道 自転車ツアー研修の様子をお知らせします。

 

<1日目行程 東京→松山→今治→大三島(泊)>
●JAL1461便
  羽田発8:15 → 松山着9:40
●JR予讃線 特急  松山駅発11:23 →今治駅着12:01

 

[13:00] 
今治駅から自転車ツアーに出発。駅から自転車で5分ほどの今治港へ。
13:05発のフェリーに乗船。まずは一気に船に乗って大三島へワープします!
0.JPG

[14:00]
大三島の宗方港へは14:00に到着。約1時間の船旅!
さて、日暮れまでの数時間、大三島の東海岸をポタリングへ出かけましょう。
1.jpg

 

 [14:15]
自転車旅なら見逃せません!
伊東豊雄建築ミュージアムにある「サイクルスタンド Mr.大三島
」をチェック!
2.jpg

 

 

[14:40]
秋晴れの透き通る空と海に囲まれて、大三島の東海岸を快走!
8.jpg

 

 

[15:30]
大三島の宮浦にある大山祇神社を見学して、
神社の裏手、集落の奥にある「生樹の御門」へ。
樹齢三千年の楠木。幹に開いたトンネルをくぐり、奥の院へ参拝!
3.jpg

 

[16:00]
神社から自転車で5分。伯方の塩大三島工場へ。
無料見学できるうえに、お土産に塩セットを頂ける、お徳スポットです。
お目当ては「伯方の塩ソフトクリーム」・・・
淡い塩味に大粒のフルール・ド・セルを
トッピングしてあり、
甘味が引き立つおいしさデス!1個300円なり。
4.JPG

 

 

[17:00]
往復20kmのポタリングを楽しみながら、宗方にある「大三島ふるさと憩の家」へ。
http://www.ikoinoie.co.jp/
木造小学校を改築した宿泊施設。ノスタルジーいっぱいのお宿です。
夕食はバーベキューコースをチョイス! 秋の夜長を宴会で過ごします。
5.jpg
 

<1日目>はこれで終了。
ビギナーの方の足慣らしにピッタリの行程です。     

つづく。

「第3回しまなみランニングバイク選手権」迫る!

9月20日(土)開催【第3回しまなみランニングバイク選手権】。
いよいよ来週末に迫ってきました!

 

DSCN2951.JPG

 

司会進行のやのひろみさんと打合せ。
今年のコースのテーマは『しまなみ海道』です。

 

10678741_10152480287068101_1343427101609504480_n.jpg
10672258_10152480287538101_7799182737714755176_n.jpg
10653778_10152480287803101_6224018178321743403_n.jpg

 

コースに置かれた数々の障害物が、
しまなみ自転車旅行をプチ体験させてくれますよ~。
さあ、夢のしまなみ海道サイクリングへレッツゴー!
みなさん、当日をお楽しみに!

野上さん、ありがとー!

8月11日からの1ヶ月間、インターンシップでシクロの仕事に関わってくれた
愛大生の野上さんのお別れ会を開きました。

 

大学で観光まちづくりコースを専攻し、自転車も大好きな野上さん。
8月はイベントツアーもなくて、ゲストハウス「シクロの家」で宿の仕事が
メインになってしまいました。

 

10610578_633968866718471_5259159076506046378_n.jpg

 

そんな中でも、サイクルオアシスの整備、ツアーの試走、新聞取材同行、

講演会の補助など、地域に溶け込む仕事にも、少しは関わってもらうことが
できたかな・・・と思っています。

性格も明るく、目的をしっかりと持って、日々活動してくれました。
お疲れさまです。そして、ありがとー!
スタッフ一同、また会える日を楽しみしています!!

キャノンデール "2015モデル" 試乗会

9月6日(土)&7日(日)、キャノンデール・テストライドが、
しまなみ海道の大三島「道の駅 多々羅しまなみ公園」にて開催されました!
2015年モデルがカタログから飛び出して、実際に見られるなんて!
これは本当にスゴイ企画でした。展示車&試乗車の数は・・・80台以上!!

 

10626596_10152470508493101_975507106614196508_n.jpg

 

「これから、自転車を始めようかと思って・・・」
「ショップの店長に勧められて来ました」と、
ビギナーからベテランサイクリストまで2日間会場は大賑わいでした。

 

10696193_620599854735521_6338347439053626163_n.jpg

1466092_10152472643313101_5715487678668718392_n.jpg

 

タンデム自転車世界一周で使用した"キャノンデール・タンデムMT800"も
旅の写真と一緒にブースに展示。
キャノンデール・ジャパンでは取扱いがないため、日本ではレア物の
タンデム車にも、自転車好きの人々がたくさん試乗してくれました。

 

10672414_10152470956438101_4323431004332242603_n.jpg
DCIM2968.JPG

 

10689616_697908070296389_1170848891805555808_n.jpg
世界旅話のプレゼンもさせてもらいました。
タンデム自転車を通じて、来場者のみなさんにキャノンデール・バイクの魅力を
少しも多く知ってもらうことへのお手伝いが出来たかな・・・って思います。
 

大学生のヒアリング

徳島大学の学院生、大阪大学の学院生たちが、
「しまなみ海道の観光政策」や自転車まちづくりについての
ヒアリングに来られました。

DSCN2875.JPG
DSCN2883.JPG
DSCN2887.JPG
DSCN2872.JPG

"自転車"をキーワードにした地域振興の先進事例。
テレビや雑誌のメディア、行政関係者からの問合せも多いですが、
しまなみ海道は学生さんたちの研究対象としても注目されています!

なみかたの隠れスポットへどうぞ!

台風一過の今週、なかなかスカッと晴れずに、
今年のしまなみ海道は、晴れたり曇ったり、
そして時々雨のお天気が続いています。

 

夏休みのハイシーズン、ゲストハウス「シクロの家」も連日満室で、
なんともありがたいことです。
そして、ココ今治市波方町にある「なみかた海の交流センター」内の
『自転車旅行展示コーナー』にも、たくさんの方々が足を運んでくれました。
(まだ作りかけでスミマセン!)


10592645_10152417201888101_2937120552799868386_n.jpg

タンデム自転車に触れてもらい、写真に眼を凝らし、
旅の話に耳を傾けて頂いたみなさん、自転車の旅って面白そう・・・
そんなふうに感じてもらえたならうれしいです。

 

10447665_10152417202258101_6903431136921737469_n.jpg

 

どうぞみなさん、ステキな空間カフェもオープンしているので、
ぜひ一度訪れてみてくださーい!
 << 住所:今治市波方町波方甲2264-38>>

 

1920043_10152417202098101_5798137027555475923_n.jpg

みちのく潮風トレイルWS 二日目

みちのく潮風トレイル。
二日目は福島県新地町で、
しまなみでの自転車を活用したおもてなしの取り組み紹介と
ワークショップが開かれました。

 

10394036_10152400048298101_918786697806699720_n.jpg
10410733_10152400048378101_7871647493535379792_n.jpg

 

「自分にも何かできることないかな」と集まった地域のみなさん。
こうした思いのある人たちの存在こそが、地域を盛り上げる
底力になることでしょう!

10552359_10152400048433101_605432464027714678_n.jpg


今年9月に部分開通する"みちのく潮風トレイル" 。
これから、どんな風に進化して行くのか、とっても注目です!!

みちのく潮風トレイルWS 

昨年に引き続き、
環境省の「みちのく潮風トレイルワークショップ」に呼んでもらい、
しまなみ海道でのシクロの取り組みを紹介させて頂きました♪

 

10536924_10152396983683101_3576510871172967565_n.jpg

10557175_10152396983773101_4666502063607543501_n.jpg

 

昨年は青森県八戸へ赴きましたが、
今年は
福島県相馬市と新地町でのワークショップの開催。

 

各地域で頑張るエネルギッシュな人たちと知り合えるので、
とても刺激になります!

 

1606919_10152396983978101_8219171377545078486_n.jpg
10590516_10152396984043101_5924043094711155849_n.jpg

 

潮風トレイルは、青森から福島までの全長約700kmの
ウォーキングトレイルとして整備中。
グリーン
復興プロジェクトのひとつとして、住民参画型で
おもてなしの仕組みを構築中です

宮崎県西都市にて

昨日のお仕事は、宮崎県西都市へ。


NPO法人「輪プロジェクトみやざき」主催の会に呼んで頂き、

タンデム自転車世界一周旅行のお話、しまなみ海道でのシクロの取り組みのお話しを

させて頂きました♪

 

10570505_10152371163553101_4426343773583194465_n.jpg
10359914_10152371163433101_6064383405970461336_n.jpg
10534760_10152371163823101_536558230555906258_n.jpg

 

西都原古墳群に囲まれた場所にある農家喫茶が会場。
ステキで神秘的な空間でした。
お集まり頂いたみなさん、ありがとうございました!
 

地元FMラジオ公開放送にて

昨日のお仕事。
愛媛県今治市のサイクリングターミナル・サンライズ糸山内にある
風のレストラン内にて、
FM愛媛の公開生放送にゲスト出演。

しまなみ海道の魅力としまなみポタリングの楽しさをトークしてきました♪

 

10420015_10152369101838101_6604346053001727087_n.jpg
10478179_10152369101923101_1800656812010502535_n.jpg


数年前に新装開店したレストランですが、
来島海峡大橋を眺められる、絶景スポットのレストランとして
すごく人気のあるお店です。

みなさん、どうぞ一度足を運んでみてくださーい!

自転車旅行展示館(仮称)をめざして・・・

愛媛県今治市、今治駅前にオープンしたゲストハウス「シクロの家」。
旅人たちの憩いの場となるような場所に育てている最中です!



さてさてそんな中、実はもうひとつ新たに、
旅人たちの拠点作りが進行中なのでありました。
今治市波方町に、自転車旅行展示ルームを準備中。
こちらも、いいカンジの空間が生まれようとしています!

10419959_604989562949735_4420638809099991066_n.jpg
10429306_604989589616399_8399668730863754503_n.jpg
10563196_604390456342979_1357847488512384411_n.jpg
10422971_10152359964103101_3702772135440984525_n.jpg

 

近くにお越しの際は、立ち寄ってみてください。
おまちしています!

 

場所はコチラ↓↓↓
愛媛県今治市波方町波方甲2264-38
「なみかた海の交流センター」内

シクロの家でカフェやってます!

愛媛県今治市、しまなみゲストハウス「シクロの家」
 
 
今夜のカフェのゲストは、今治出身の青年がたずねてきてくれました。
自転車談義、地元オススメ情報で盛り上がってます(^_^)v
 
2014_07_10 (0).jpg
 

「シクロの家」はコチラへ↓↓↓
http://www.cyclonoie.com/

今治タオルを頂きました!

しまなみゲストハウス『シクロの家』が、
今治駅前にいよいよオープン間近です。現在突貫工事中! 

 

そんな中、地元の伊予銀行さんから開店記念に
今治タオルを寄贈していただきました。

 

P1200758.JPG
P1200766(2.JPG
P1200775.JPG

 

ブランド物の"今治タオル"ですよ。
どうぞ、お使いいただける日をお楽しみに!

 

「シクロの家」HPはコチラ↓↓↓
http://www.cyclonoie.com/

いま愛媛は"自転車"が熱い!

いま愛媛は"自転車"が熱い!


官民上げての自転車施策にまい進している輪が愛媛県。
自転車による地域活性化を行うオンリーワンの民間団体である当会
「NPO法人シクロツーリズムしまなみ」を、地元の松山大学経済学部の
ゼミ生9名がヒアリングに来訪。

 

2014_06_16 (1).jpg

 

自転車を活かした地域づくり・街づくりビジョンをお伝えしました!

 

2014_06_16 (2).jpg

プレスツアーご案内

外国人記者さん10名のプレスツアーをご案内です。

2014_06_13 (1).jpg


「シクロツーリズムしまなみ」の取り組みのレクチャー、

しまなみポタリン、サイクルオアシス訪問、サイクリスト弁当の"二輪弁"試食、

農家のお母さんとの交流などなど、しまなみの魅力を形作る要素の

ひとつひとつを体験してもらいました!

2014_06_13 (3).jpg
2014_06_13 (4).jpg
2014_06_13 (5).jpg

人との出会い......これがあるから自転車で旅に出かけたくなるんですよネ!

2014_06_13 (2).jpg

愛媛県政広報番組「愛顔のWaWaWa」

愛媛の県政広報番組「愛顔のWaWaWa」の取材です!

DSCN1906.JPG


6/12(木)の放送は「えひめ夢提案制度」の紹介。
地域活性化のために、県の規制緩和や支援が得られるという、
魔法のようなすばらしい制度なんです。

DSCN1890.JPG


実は4年前に、愛媛県で2人乗りの「タンデム自転車」が
公道走行できるようになったのは、県民からの提案があって実現しました。
提案したのは、NPO法人シクロツーリズムしまなみ・・・といった内容で放送されます。

 

どうぞご覧くださいませ。
■6/12(木)  南海放送(ローカルです...)  21:54~

DSCN1887.JPG

第4回タンデム自転車まつり<報告その3>

 第4回タンデム自転車まつりの参加者のみなさんをご紹介します。

 

P1200032.jpg
毎年参加のモグタン(静岡)さん、今年は進藤さん(埼玉)をパイロットに疾走!!

 

P1200066.jpg
移川さん親子(埼玉)、今年は父子でタンデム、奥様はミニベロで走りました。

 

P1200041.jpg
尾崎さん夫妻(神奈川)、初参加。イギリスに在住中にタンデム車に出会ったそうです。

 

P1200038.jpg
友田さん夫妻(大阪)も、毎年ありがとー。奥様がみんなに配ってくれる
お菓子。気配りと優しさに感謝!

 

P1200025.JPG
田淵さん(兵庫)、昨年に続き2回目の参加。
今年のパイロットはシクロスタッフの智くん&今井くん。
ふたりで力を合わせる走りを楽しんでもらいました。

 

P1200063.jpg
廣田さん親子(神奈川)も毎年参加ありがとー!
娘のハルちゃんの成長振りが目覚しい。それを見れるのが楽しいです。

 

P1200046.jpg
原田さん夫妻(滋賀)も、毎年参加してくれています。
実はこのお二人がが超走り屋さんで、めっちゃ漕ぎます。
パワフルな走りを今年も見せて頂きました!

 

P1200037.jpg
久永くん&栗田さん(愛媛)は初参加。初めてのタンデム自転車も
呼吸を合わせて爽快に楽しんでましたー!

 

P1200056.jpg
越智さん親子(愛媛)は、初参加。花粉症にもマケズ、
親子タンデムをエンジョイしてくれました!

 

P1200044.jpg
佐藤さん夫妻(東京)も初参加。アメリカ在住中に購入したタンデム車を
軽やかに乗りこなし、瀬戸内サイクリングをエンジョイ!

 

P1200068.jpg
臼井さん父子(愛媛)も初参加。お子さんが大きくなったら、
タンデム車で一緒に風を切るのが楽しみですねー!

 

P1200030.jpg
田村さん母子(東京)も初参加。「うちの子の性格がよく分かり、
これからの教育方針が見えました」…ということです。。。

 

P1200052.jpg
斉藤さん夫妻(大阪)も初参加。こんなに仲良く、美しく、
一緒にペダルをふめるなんて、本当に素敵です!

 

P1200051.jpg
宮崎さん夫妻(福岡)は3回目の参加。いつもはタンデム自転車ですが、
今年はソロ2台で走行。奥さま、がんばって~!

 

P1200043.jpg
杉本恵太くん、お父さんと一緒に参加。シクロの常連さんで、
小1の頃からたくさんのツアーに参加して、もう5年生に!
立派に成長しました! 

 

P1200053.jpg
Kさん母娘(兵庫)も初参加。「完走したら、娘はアイスクリームで、
私は生ビールでお祝いです」と、元気よくペダルを踏んでくれました!

 

P1200236.jpg
P1200238.jpg
神戸大学生の吉川くん、山崎くん、北原さん、丘さんも初参加。
中古で買ったというお揃いのシュインのタンデム車。若さとガッツで
ごいごいとペダルを回して、みんなを励ましてくれました!

 

P3290022.JPG
そして岩切さん。タンデム自転車まつりは初参加ですが、シクロの常連さんです。
途中でお怪我をされてしまいましたが、岩切さんの明るさとタフさは天下一品です。
また、ご一緒してくださいませー!!

 

では、みなさん、来年またお会いできることを楽しみしています!!

 

P1200136.jpgP1200140.JPG

 

 

 


 

第4回タンデム自転車まつり<報告その2>

_DSC6841.jpg
<2日目>■8:50■  大三島 宗方 「大三島ふるさと憩いの家」
 2日目は大三島から今治まで、しまなみ海道ハーフライドに挑戦。
宿泊地を出発して、大三島西沿岸を北上しながら、まずは今治市
伊東豊雄建築ミュージアムをめざしました。
 雨模様の天気のうえ、途中、上り坂があり朝一番から大変でしたが、
海の景色に励まされながら、みんなでペダルを踏みました。

 

_DSC7038.jpg
<2日目>■10:00■ 今治市伊東豊雄建築ミュージアム
 サイクルスタンド“Mr.大三島”の完成記念セレモニーに参加しました。
このサイクルスタンドは、平成24年度に公募したサイクルスタンドコンテストで
最優秀賞を受賞したものです。人のカタチをしたユニークなデザインをしています。
 製作にあたっては、大三島の自然にも調和した設計で、新たな記念撮影ポイント
にもなると評価も高いんですよ。 
 セレモニーでは、菅良二今治市長や日本を代表する建築家・伊東豊雄氏からの
言葉もありました。市民の力で誕生したしまなみ海道の新たな魅力に、参加者の
みなさんも感心した様子でした。

 

P1200249.jpg
<2日目>■11:00■ 大三島南岸
 会場をあとにして大三島の南岸沿いを大三島橋へ向けてサイクリング。
右手に海を眺めながら、ダイナミックな海岸線を気持ちよく走りました。
 途中、急坂もあり、なかなかの健脚向けコース。天気もイマイチで、時折
雨風が強まることもありましたが、そんなものはモノともせずにペダリングを
楽しむ参加者のみなさん。その強さステキです!

 

P1200258.jpg
<2日目>■12:30■ 伯方島 道の駅「伯方SCパーク」
 大三島橋を渡り、伯方島の道の駅「伯方SCパーク」へ。
ここにある「愛の地産地消レストラン」でランチをいただきました。
 「愛の地産地消レストラン」は、伯方島の女性グループが運営していて、
毎月第4土曜・日曜にのみ開店するレストラン。伯方島産の新鮮な旬の食材を使い、
体にやさしい料理を提供しています。

 

 この日は、ひじきごはん、いぎす豆腐、酢大豆といった伯方島の郷土料理に、
長ネギのフライ、生しいたけのマリネ、じゃがいもの塩こんぶソテーといった野菜を
使った目新しい料理の組み合わせで、参加者の舌を喜ばせてくれました。
 ひじきごはんを何杯もお替わりしたり、作り方を尋ねたりと大変好評でしたよ。
関東や関西、九州など遠方からの参加者が多かったので、他では味わえない
地元ならではの家庭の味を楽しんでもらえたのはすごく良かったです。

 

P3300091.jpg
<2日目>■13:45■ サイクルスタンドMr.伯方島
 午前中、お披露目となったサイクルスタンド“Mr.大三島”。このサイクルスタンドは
シリーズ物で、全部で6体製作される予定です。 そのうちの1体が、すでに道の駅
「伯方SCパーク」に“Mr.伯方島”として設置されています。
 その“Mr.伯方島”にマイ自転車を駐輪し、思い思いに記念撮影中。
「“Mr.大三島”とはまたひと味違うロケーション、表情、駐輪の仕方なので楽しい」と、
みんなで盛り上がりました。
 すべて完成すれば、6体を巡るサイクリングプランも人気になりそうです!!

 

P1200273.jpg
<2日目>■14:15■  大島 早川港公園
 伯方・大島大橋を渡って、大島北側の海岸線を西進。 
例のサイクルスタンド6体のうち、そのひとつがこの大島にも設置予定。
名前は“Mr.大島”。
 ここは静かな場所で、大島のメインルートからもはずれていて、サイクリストの
立ち寄りが少ないロケーション。でも、“Mr.大島”が注目されるようになれば、
ここに立ち寄るサイクリストも増えるかもしれませんねー。
 さて、この先にある難所の田浦峠越えに備えて、しっかり休憩、水分・エネルギー
補給を行って、いざ峠道へ!

 

P1200316.jpg
<2日目>■15:00■ 大島 よしうみバラ公園
難所の田浦峠を越えて、バラ公園で休憩。名物のバラアイスを味わったり、
これから咲き誇るバラの姿を想像したりとゆったりした時間を過ごしました。

 

DSCN8036.jpg
<2日目>■16:30■ 今治市内 今治市民活動センター ゴール
 2日間に渡るツアーも終了。途中、自転車が故障するなどアクシデントもありましたが、
みなさんからは、「またぜひ来年も参加したい」という声が圧倒的に多かったです。
親子で参加してくれたお父さんは、「きつい坂も協力して上り、達成感を得ました。
親子の絆が深まったみたいです」とゴール後の感想を述べてくれました。

 

 船を利用することで「ふだん行けない島へも行けたことがよかったです」と話してくれる人も。
タンデム自転車を何台も連ねて走るのは、島の人たちにとっても関心を引くようで、
「沿道で何人もの人たちが手を振って応援してくれるがうれしかったです」という声もありました。

 

 親子から熟年カップルまで、視覚に障害のある人も健常者も分け隔てなく集う
タンデム自転車まつり。 関東圏~九州まで、各地から参加してくれたみなさん、
ありがとうー!! 仲間の輪が広がった2日間となりました!

第4回タンデム自転車まつり<報告その1>

第4回タンデム自転車まつり
~離島の大崎上島一周&しまなみハーフライド編~

2014年3月29日(土)&30日(日)
1日目(距離約33km):今治港→大崎上島→大三島宗方(泊)
2日目(距離約46km):大三島南岸→伯方島→大島→今治市内

 

 DSCN0558.jpg
<1日目>■12:00■ 今治港
 スタートは今治港。チャーター船を利用して、昔ながらの島風情が残る大崎上島へ
向かいます。 船は、タンデム自転車をそのまま積載できる高速船です。
 タンデム自転車の利点のひとつは、視覚障害等ハンディキャップのある人でも
サイクリングを楽しめること。 今回のツアーでも数名が参加してくれて、出発式では
ツアーへの期待で笑顔が輝いていました。

 

DSCN0574.JPG
<1日目>■12:50■ 大崎上島 沖浦港
 船内では海上から眺めるしまなみの橋、島の風景を楽しみながら昼食をとり、
いよいよ大崎上島上陸。
 しまなみ海道ととびしま海道、本州に囲まれた位置にある大崎上島は、
どことも橋とつながっておらず、船を利用しなければアクセスできない島です。
ふだんなかなか行くことのできない島を一周して、瀬戸内らしい島の風景を
さあ、楽しみましょう!

 

DSCN0626.JPG   
<1日目>■13:00■ 大崎上島
 今回は季節風の向きを考慮し反時計回りで島を一周です。 それから、広島臨空
広域都市圏振興協議会が企画する「りんくうサイクリングスタンプラリー 大崎上島
一周コース」にもチャレンジ! まずは、ひとつめのスタンプ設置場所がある「きのえ
温泉ホテル清風館へGo!

 

P1200080.jpg
<1日目>■13:20■ 中ノ鼻灯台 
 きのえ温泉ホテル清風館は、岬の頂上に立つホテル。見晴らし抜群だけど、上り坂が
けっこうきついです。タンデム車でふたりで励まし合いながら上り、しんどさも分かち合う
姿には、とても美しいものがありました。
 坂道の途中、中ノ鼻灯台で記念撮影。

 

DCIM0912.jpg
<1日目>■14:00■ 木江 町並み散走
 木江地区は江戸時代は港待ちとして、大正時代は造船ブームでにぎわったエリア。
今はひっそりとしていますが、往時の繁栄を偲ばせる古い家並みが残っていて、
瀬戸内の歴史を肌で感じることができる場所ですね。
 散走しながらその雰囲気を堪能してもらいました。

 

P1200098.jpg
<1日目>■15:10■ 東野上組
 小頃子(おごろす)トンネル見学。島の北西部の古い集落の中にある小頃子トンネルは、
地元でも「秘密のトンネル」と言われてるほど、山里の奥地に隠れています。
 昭和4年開通の手堀のトンネルで、なんと軽自動車がようやく通れるほどの狭さしか
ありません。壁面はレンガ貼りで独特の雰囲気を有していて、観光マップにも載っていない
穴場で、大いに喜んでもらえたようです。 

 

DSCN0572.JPG
<1日目>■17:00■ 大崎上島・沖浦港
 スタンプラリーの2カ所に立ち寄ったあと、黙々とペダルを踏んで、沖浦港に帰着。
無事に大崎上島一周ゴールです! 

 

P1200160.jpg
<1日目>■19:00■ 大三島 宗方 「大三島ふるさと憩いの家」 
 再びチャーター船に乗り込み、大三島・宗方港へと向かいます。今夜は、宗方にある
元小学校の木造校舎を再利用した施設に泊まります。どこかノスタルジックな雰囲気を堪
能しながら素敵なナイトタイムを過しました。

【報告その2】につづく

急げ!高根島へ

しまなみ海道の生口島。
瀬戸田港の前を流れる水道をまたいで、黄色い橋でつながる“高根島(こうねじま)”は、
みかん畑に囲まれた一周約9kmほどの小さな島。

 

P1090379.JPG

 

交通量もほとんどなくて、波打ち際を走る道は気持ちよく、
しまなみ海道の本線を離れてサイドトリップを楽しめる絶好の離島です。

 

その高根島で、自転車乗りたちの話題になっているのが、こちら『高根隧道』。
昭和27年に完成したこのトンネル、長さは120mほどで車がようやく一台通れる
ほどの幅しかありません。

 

P1190260.JPG

 

何が良いかというと、内部がとっても素敵!! 
素掘りのゴツゴツ感とオレンジ色のナトリウム灯。たまらないほどの別世界感に
包まれているんです。

 

P1190252.JPG

 

ところが、多くの自転車乗りたちを魅了しているこのトンネル、
なんと拡幅工事で消滅する運命が迫っているのであります!!

 

うぅ~。。。

 

早ければ、今年の4月頃から工事が着工するらしいです。。。
名物がまたひとつ失われてゆくのですね。無念!

 

この異空間をかもし出している昔気質のトンネルをくぐれるのもあとわずか!
さあ、みなさん、急いで高根島へ!!

 

P1190251.JPG

 

ちなみに、調べてみたんですが、本名は『内之浦隧道』って言うみたいですね。。。
 

疋田智さん「とびしま海道」の旅~memorial<2>~

疋田智さん「とびしま海道」の旅、後半は下蒲刈島「恵みの丘レストラン」からスタート。


 

IMG_3671.jpg
13:00 食後のマッタリ気分から起こる眠気を、吹き飛ばすほどの絶景がまだまだ続きます。

 

P1170491.jpg
13:10 3つ目の橋、豊島大橋に向けて裏道からアタック。
     滑り落ちそうな激急坂を、しがみつくようにして登る面々。

 


P1170514.jpg
13:20 激坂をクリアーして、豊島大橋へ。呼吸を整えて、さあ次の島へ。

 

P1170543.jpg
13:25 3つ目の島、豊島へ向けて爽快な空中散歩!

 


P1170572.jpg
13:35 豊島で見つけたお宝。集落の中にループ橋が・・・
     生活の技ですな。“むろきはら橋”というそうです。

 


P1170583.jpg
13:50 いざ、豊浜大橋を渡り、4つ目の大崎下島へ。
     小春日和で心地良いですねー!

 

P1170603.jpg
14:10 大崎下島の名所「ひばり座」へ。ご主人の明地さんのスケッチ画を見学。
     “美空ひばり”さんづくしのアトリエと展示室を、
     ひばりさんへの熱い想いを込めて解説してもらいました。

 


P1170620.jpg
14:30 ひばり座の前で、集合写真をパチリ!
     本業は、「明地商店」というお好焼き屋さんです。
     安くて美味しデス。ぜひ、食事していってください。

 

P1170661.JPG
15:00 江戸時代の面影を残す“御手洗”の町を散策。
     実はこの町、自転車旅行者の興味をそそる別の逸話が・・・

 

DSCN4398.jpg
15:20 日本人初の自転車世界一周無銭旅行をした人物、
     “中村春吉”氏の出身地は、この島だったのです。
     「誰、それ?」と思う方は、ググッてください。

 

P1170649.JPG
15:25 昭和初期、中村春吉が晩年を過ごした家です。
     廃墟となっていますが、再生計画案もあるそうです。

 

DSCN4412.jpg
16:00 岡村橋を渡り、終点の岡村島へ。
     橋の中央が県境。路面に愛媛と広島の文字が書き記され、
     お決まりの写真スポットでパッシャ!!

 

P1170694.jpg
16:35 岡村港へゴール。再びチャーター船に乗り込み今治港へ戻ります。

 

P1170707.jpg
17:00 夕暮れに染まる来島海峡をくぐれば、今治は目の前。
     とびしま海道49kmの旅。風景、食べ物、出会いを満喫して、
     とても充実した自転車旅となりました。

 

 

疋田さんも絶賛の「とびしま海道」。
しまなみ海道ともども、「瀬戸内の旅は自転車に限る!」なのでありました。

DSCN4229.JPG

疋田智さん「とびしま海道」の旅~memorial<1>~

10月12日(土)、自転車ツーキニスト“疋田智”さんと行く「とびしま海道」の旅。
さわやかな秋晴れのもと、21名のメンバーで安芸灘の風に吹かれてきました。
 

P1170292.jpg
8:50 チャーター船から、岡村橋、中の瀬戸大橋、平羅橋を一望!

 

P1170305.jpg
9:20 呉市の安芸川尻港に到着。ココからサイクリングスタート。

 

P1170328.jpg
9:40 ひとつめの安芸灘大橋を渡り、下蒲刈島へ。まぶしいぐらいの大快晴!

 

DSCF6619.jpg
10:20 二つめの橋を渡り、上蒲刈島を満喫中。安芸灘大橋が遠望できる長閑な海岸線♪

 

P1170389.jpg
10:50 上蒲刈島の北岸を前進。「あれ、何んだろう?」。近づいていくと・・・

 

DSCF6628.jpg
11:00 道路の脇に、海に面して佇む鳥居が・・・。ちょっとミステリアス!
     道路のない時代、船で参拝に来ていた頃の名残でしょうか?

 

DSCN4262.jpg
10:10 実は先ほど、こんな物も発見。コレはちょっと意味不明。。。
     でも、いろんなお宝があって面白いです。

 

P1170456.jpg
11:30 下蒲刈島「恵みの丘レストラン」のランチを目指して、
     急坂をエッチラオッチラ上る疋田さん。
     小高い丘の上、風光明媚な場所にあるレストランまであとひと息。

 

P1170463.JPG
12:00 日替わり定食でランチ! 刺身など、海の幸たっぷりで満足感充分!
     白飯もお替りできてGoodでした!

 

To be continued・・・
DSCN4229.JPG

知的美人さんと行くしまなみ海道。

今日のしまなみ海道は快晴。

 

DSCN0119.JPG

 

バオリニスト&女優さんの川井郁子さんと一緒にしまなみポタリングへGo!
お題目は、「自転車だからこそ見えるしまなみの魅力を発見する旅」です。

 

DSCN0103.JPG

 

大三島の路地裏を散走し、農家喫茶に立ち寄り、
お豆腐屋さんを訪ね、最後は夕日を眺めてThe End。
長身で知的美人の川井さんと巡ったしまなみは、
いつにも増して輝いていましたよー^^/....

 

DSCN0116.JPG

 

放送は11月22日(金)、NHK総合 19:30~
特集番組「海と生きる」(中四国エリア)だそうです。

 

ではみなさん、(^。^ゞ-☆

6人のシクロ・ツーリスト

昨年6月、「今治サイクルスタンド・デザインコンテスト」で、
最優秀賞に輝いた作品を
、現在、市内の工場で製作中です。

 

P1160450.JPG

 

この人型のデザイン、面白いでしょう!

 

P1160457.JPG

 

それぞれポーズの違うものを、このほかにも5体製作して、
しまなみ海道の島と今治市内に、順次設置していく予定。
作品のタイトルは“6人のシクロ・ツーリスト”。

 

P1160472.JPG

 

自転車のまち・今治を彩る作品として、どうぞこれからもご注目くださーい。

 

P1160511.JPG

親子でタンデム自転車ツアー

夏休みですねー。しまなみ海道でも、親子でサイクリング!の姿をよく見かけます。
京都からの父娘さん。初サイクリングでタンデム自転車に挑戦。

 

P1150910.JPG

 

「とても静かな所ですね。自転車に乗ることがこんなに楽しいなんて!」
「お父さんが漕いでくれたので、楽ちんで面白かった!」

 

コミュニケーションの効果とプランニングの良さ。
あまりの楽しさに、来年はしまなみ縦走を目指してみることにしたそうです。

 

P1150830.JPG

しまなみ恐るべし。タンデム自転車は偉大だぁ~!

 

 

P1150908.JPG

コチラの写真は、今治から一番目の島の「大島」。
大島の中でも、自分が最も好きな場所のひとつ。
山道を回り込んでフッと現れる砂浜と静かに佇む集落。
島に来ている感たっぷりのこのポイントは、大島の東に位置します。
東海岸線は筋トレルートですが、風景のたたずまいは絶品なり!

みちのく潮風トレイル!

青森県八戸市へ。
青森県八戸市から福島県相馬市まで、約700kmを結ぶ国内最長のロングトレイル
『みちのく潮風トレイル』を構築する事業が進行中。

 

しまなみ海道で、島民のみんながサイクリストを受入れているように、
みちのくのトレイルでも、ハイカーを受入れるサポーターの仕組みを作る構想だそうです。

 

しまなみでのシクロの活動をヒントにして、
地元活動団体や沿線住民を交えたワークショップに活かしたいとのこと。
そんなわけで、八戸市までエイヤーっと出かけてきました。

 

八戸1.jpg
25年振りカナ? 八戸市へは、新幹線で東京からわずか3時間。。。

 


八戸2.jpg
八戸、蕪島(かぶしま)。ウミネコのパラダイス。うわぁ!



八戸3.jpg
八戸、種差海岸。うわぁ! すごい霧で、しかも寒い…。
ペルーの海岸に発生するガルーアに似てる!

 


八戸4.jpg
このモヤ、地元では「やませ」と言うそうです。
サウナから冷凍庫へ放り込まれたカンジで・・・寒!!
 

 


八戸5.JPG
サイクルオアシスをはじめ、しまなみでの取り組みの事例を発表。
お仕事…証拠写真。
 

 


八戸6.JPG
まとめタイム。地元の方々から、活発に意見が噴出。
みなさんの真剣なまなざしが、とても興味深く記憶に残りました。
 



次回は、8月21日、青森県階上町(はしかみちょう)で、
同様なワークショップが開催予定。

 

さあ、こんどは誰がゆくのカナ・・・・・・

 




 


 

SURLY クルー来訪!

【SURLY JAPAN TOUR 2013】
in しまなみ海道 2013/06/30

 

P1150070.JPG

 

ブランドマネージャーのピーターさん(右)、Surlyの頭脳デイブさん(中)、
若手一番星のトレバーさん(左)。

 

しまなみ走破後、今治の糸山公園にて、
シクロカフェのドリンクをお召し上がり下さいました!!

 

ありがとうございました!

 

※シクロカフェは、(株)モトクロスインターナショナル提供の機材で運営しています。

 

 

 

☆ シクロカフェの機材 ☆

 
ride2rock.jpg シクロカフェは、(株)モトクロスインターナショナル提供の
機材で運営しています。


RADISH(ラディシュ) XTRACYCLE(エRADISH.jpgクストラサイクル)  
IMG_5131.JPG

 

 

荷物を効率よく運ぶ為に開発したフリーラディカルキットが標準でセットになったコンプリートバイクRadish。
女性でも気軽にショッピング等で活用できるように足つき性のよいフレームデザインを採用しています。

 

 

 

 BILL & TED TRAILER(ビル & テッド トレーラー) /SURLY(サーリー) 
TED_TRAILER.jpgIMG_9656-2.jpg

 

 

発売以来、人気を誇る自転車用トレイラー。TIG溶接された4130クロモリ製チューブに、16インチホイールの組み合わせのボディは最大積載重量が136kgと業務用並みの本格仕様。
牽引方法はあらゆる自転車に対応できるようにフレームに固定するのではなく、ハブアクスルに固定することによりフルサスペンションバイクでも対応でき、ディスクブレーキ、ラック、フェンダー等の影響を受けない設計です。


 

自転車ツアーではじめよう!

昨日の日曜日、某社自転車同好会”風輪クラブ”&
明徳短期大学生合同のポタリングツアーを開催しました。
今治で最も自然味あふれる景勝地 『大角海浜公園』まで、みんなでレッツ・ゴー !
往復24km程度の道のりですが、途中に見所がたっぷりとあるルートです。

 
 

P1140319.jpg

朝9時すぎ、今治市内で集合。参加者の多くは自転車ビギナー。
初めてスポーツバイクにまたがる人ばかりで、自転車のフィッティング、乗り方レクチャー
ヘルメット装着・・・出発までに、念入りにチェック。

 

 

P1140325.jpg

大学生たちには、タンデム自転車にトライ。
みんな始めてのタンデム体験ですが、「うわ~不思議ー」、「足が一緒に動く~」と、
いつも乗っているママチャリと比べて、二人で乗る楽しさや
呼吸を合わせることの大切さを感じていました。

 

 

P1140332.jpg
P1140340.jpg

まず、おやつがてら立ち寄ったのは、知る人ぞ知る波止浜の「村瀬とうふ店」。
国産大豆をふんだんに使い、濃厚な味わいが特徴のとうふ屋さん。
何もつけずにそのまま食べるのがツウ!

 

 

P1140373.jpg

再び自転車にまたがり向かったのは大角海浜公園。
白い砂浜と、緑の木立が南国風情をかもし出し、
今治でいちばんパラダイスを感じる場所。

 

 

P1140353.jpg

ここで昼食。
目の前の来島海峡で獲れた鯛を使った「鯛めし」とおかずのランチパック。
名勝の風景がおいしさをいっそう引き立てます。ランチの後は、マッタリと過ごせます。

 

 

P1140392.jpg

そして、再び自転車の人に。
造船の町、今治。その発祥の地でもある波止浜港を抜けて、たどりついたのは・・・

 

 

P1140415.jpg

『お好み焼き 昌万』。 ミーコちゃんの愛称で親しまれる、人情味あふれる女将さんが
切り盛りするお店。 昨年から、サイクリストの休息場所 ”しまなみサイクルオアシス”
を担ってくれています。
ミーコちゃん特製のお好み焼きと、シクロカフェの甘夏アイスティーで、しばしひと休み。

 

 

P1140421.jpg

ミーコちゃんに見送られて、ゴールまであとひと漕ぎ。
「自転車なんて相当久しぶりなんですよ~」と、はじめは不安いっぱいだった女性も
達成感をたたえた顔でペダルを踏んでいました!

 

いや~ホントに自転車っていいですよね。
「3Kのメリット」がありますよ!
健康に良し。経済的。環境にやさしい。

 

Bicycle Life is Beautiful !!
さあ、自転車に乗って人生を楽しみましょう!!

 

 

P1140327.jpg

 

甘夏アイスティーでおもてなし!

2013年5月25日(土)&26日(日)、
広島テレビ主催で『第1回グラン・ツール・せとうち 』が開催されました。
 

広島県内外から900名余のサイクリストが集まり、各コースに分かれて、
地元との交流を通じながら、自転車で走ることの楽しさを体感するライドでした。
 

さて自分たちは、尾道・向島をスタートした皆さんを、折り返し地点の今治・糸山公園に
設置したエイドステーションでお出迎え。
シクロカフェ特製の『甘夏アイスティー』を振舞いました。

 

DSCN0513.JPG
DSCN0505.JPG



柑橘の酸味とほんのりとした苦味が、紅茶と絶妙にブレンドした味。
暑い中を走ってきたサイクリストたちに、「これは美味しい!」と大好評。
おかわりを求める人が続出。


実はこのレシピ、伯方島出身の紅茶研究家 ”磯淵 猛 (いそぶち・たけし) ”さんに
「サイクリスト向けのものを作ってくださ~い!」と依頼して開発してもらったもの。
だから美味しいのデス!!
 

さあ、これだけ聞くと飲みたくなってきたでしょう~。
大丈夫。シクロカフェでご提供していきますから。
しまなみらしいこのテイスト。ぜひ、味わいにきてくださいねー!


次回のシクロカフェ:
2013年
6月 2日(日) 愛媛県今治市 「今治港 ふれあいマリン広場」 15:00~17:00
              
(今治市片原町1丁目2番地/今治警察署 水上交番の隣)


 

DSCN0520.JPG

 

シンボル広小路

5月12日(日)、今治市の人気イベントのひとつ『シンボル広小路』が、
にぎやかに開催されました。

 

新緑の街路樹が心地よい木陰を作り、木漏れ日がキラキラと降り注ぐ中、
目抜き通りの広小路の側道に、、軽トラ市、テント市が出現し、
たこ飯、鯛飯、サザエ飯、焼き鳥、たこ焼き、クレープなどを売る店がズラリ。
めっちゃおいしそうな香りにつられて、お店をはしごして食べ歩いてしまうほど。



占い、ネイル、リラクゼーションといった癒やし系テントまで各種勢揃い。
たくさんの人が集まって、初夏の一日を楽しんでいました。

 

P1130932.JPG

 

そんな中、「自転車ヒロバ」を目指して訪れてくれた、たくさんのチビッ子たち。
初夏の陽気に汗をかきかき、ランニングバイクにまたがり、
特設コースを思う存分にエンジョイしてくれました。

 

P1130984.JPG

 

ビュンビュン飛ばすスピードライダーやゆっくり進むスローライダーなど、
いろんなチビッ子がいて個性を爆発させて遊ぶ姿に、
ちょっとハラハラしたり、クスッと笑ってしまったり・・・。

 

となりでオープンするシクロカフェにも、ひと遊びしたあとの子どもたちが
「のどかわいた~」とやってきては、イチゴスムージーなどをおいしそうに
飲んでいってくれました。
おかげで、私たちスタッフ一同も充実した一日を過ごさせてもらいましたヨー。

 

P1130989.JPG

 

さて次回の自転車ヒロバは、
6月2日(日)、愛媛県今治市 「今治港 ふれあいマリン広場」 15:00~17:00
        
(今治市片原町1丁目2番地/今治警察署 水上交番の隣)  

・・・ですよー。どうぞ、お楽しみに!!

初夏のしまなみ!

GW後も、しまなみ海道は良い天気が続いています。
5月、光も新緑も力強くて、自転車に乗るのが一番気好きな季節です。

 

 DSCN0019.JPG

 

今治のランドマークタワー「今治国際ホテル」&「来島ウォータートレイル」とでコラボしている人気ツアー
こいでこいで思いっきり瀬戸内海 しまなみ海道カヤック&サイクリングプラン』

 

今年も人気継続中。
先日も、大阪からのご家族を大島までご案内!

たまらなく気持ちの良い天気の中、しまなみを自転車ざんまいしてもらいましたー^^/

 

DSCN9990.JPG
DSCN9999.JPG
DSCN0007.JPG
DSCN0008.JPG



「走れ!サイクルトレイン」by友近890(やっくん)

2013年5月5日(日)、JR予讃線波止浜駅にて。



シンガーソングライターの友近890(やっくん)が
「走れ!サイクルトレイン」をプラットホームで弾き語りしてくれました。

 

この曲は、サイクルトレインしまなみ号のテーマソング。
昨年の製作以来、多くのサイクルトレイン・ファンを魅了してきた曲です。
サイクルトレイン出発間際のサプライズ・ライブをどうぞご覧ください。
 

おもてなし講演会にて

2013年4月13日(土)
(株)サイクルポートプランニング
さん主催の『おもてなし講演会』。
自活研理事の瀬戸圭介さんと一緒に、二部構成で講演させて頂きました。

 

2013_04_13-1.JPG

 

向島にある文化ホール"こころ"で、お話しさせてもらいましたが、
あまりに立派な会場に、ちょっとビビリンボーな自分でした。

 

この講演会は、近頃、ぐっと増えてきた自転車の人たちに
島民や地域の人々がどのように関わっていったらよいのか、
そのヒントやアイデアにつながれば・・・という
趣旨の講演会でした。

 

2013_04_13-2.JPG

 

ところで、講演会というとこの地方では入場無料のものばかりですが、
今回、(株)サイクルサポートさんはキチンと入場料(千円)を設定して
運営するという試みにチャレンジされました。

 

開催前には「参加費が高い」という意見があったりして、集客には苦労されたようです。
ですが講演後に、「来てよかった!凄く良かった」
というフィードバックがあり、
開催へのご苦労が報われたとのこと。

 

話しをさせてもらった自分にも、
発した言葉が吸収されていく手ごたえを感じました。
有料でも足を運ぼうという人たちだから、場の質も高まるのだと思います。

 

2013_04_13-3.JPG
          (講演中の瀬戸さん)

 

そして、地域に関わりたいという意識が高い人が多く、講演後は、
「自然農法をつたえたい」
「クリーンウォークイベントを開きたい」
「ゲストハウスを建てて自転車の人を受け入れたい」
「地元の環境を守る活動をしたい」
・・・・・・等々声をかけてくれる方々が沢山いました。

 

 

とても開催意義のある講演会だったと思います。
百数十名の来場者のみなさん、ありがとうございました。

 

2013_04_13-4.jpg

某社会の総会にて

春爛漫の日々ですね。


愛媛県内、そして今治市では、いま自転車の気運が沸き起こりつつあります。
まるで「自転車に関わることをしていないと、時代に乗り遅れる」とばかりに。

 

愛媛県知事は「えひめまるごとサイクルツーリズム構想」を掲げるし、
今治市に自転車スタンドを多数寄贈する会社がでてきたり、
社内に自転車の愛好会をつくる所も多数出現。

 

バブル経済の頃を、彷彿とさせる感もありますが……。
キチンと後に残るもの、仕組みづくりにつながるように、
このムーブメントを活かしていきたいですネ。

 

2013_04_11.jpg
2013_04_11 (2).jpg

写真は、これから自転車の愛好会をつくるという会社の集まりに呼ばれて、
自転車のお話しをさせて頂いた時のもの。
自転車の愉しさに出会う人が、一人でも増えてくれればうれしいです。
そんな思いを込めてお話しをしてきました。

 

しまなみ海道縦走ツアー<2日目>

さて、しまなみ海道縦走ツアー<2日目>は
大三島から尾道までの道のりです。

 

DSCN0422.jpg
曇り空ですが、雨の心配はなさそうです。しまなみ海道で一番
絵になる「多々羅大橋」をバックに記念撮影をして、さあ出発!

 

DSCN0432.jpg
今回の参加者の年齢は10代から70代まで、幅委広い年齢層の
混成チーム。自転車はレンタルのクロスバイクで縦走にトライしています。

 

DSCN0488.jpg
広島県に入り、生口島を走行中。生口橋が見えてくる頃には
太陽が差し、青空が広がり始めました。

 

DSCN0490.jpg
空が青いと、やっぱりキモチ良いです!!

 

DSCN0498.jpg
因島を走行中。菜の花の黄色が眼に眩しく飛び込んできました。

 

DSCN0502.jpg
因島から最後の向島へ渡ります。因島大橋から見える青い海原が
印象的でした。

 

DSCN0510.jpg
向島の海岸線を尾道へ。あとひと息です。

 

DSCN0515.jpg
お!島走中のTシャツを着ている人が! 
そのTシャツ、カッコイイですね!

 

DSCN0531.jpg
向島から尾道へわたる、渡船乗り場に無事到着。
ちょっとエキゾチックな船乗り場ですね。

 

雨と向風と闘い、太陽にほほをなでられ、花々に包まれた
4月上旬のしまなみの自転車旅。
みなさん、充実感と達成感に包まれた表情で、東京への空路につかれました。

 

自転車の旅って、いいですね。
ぜひみなさん、またサイクリング体験にきてくださいネ。
遥かなる風景とともに、お待ちしています!
 




 










 

しまなみ海道縦走ツアー<1日目>

4月6日(土)、春休み最後の週末、
一泊二日のしまなみ海道縦走のサイクリングツアーにGO!
関東圏からの19名の方々をご案内。

 

生憎の雨模様ですが、みなさんやる気満々。
春休みなので、高校生、中学生の子どもさんと一緒に、
親子で参加している人が多いのが特徴でした。

 

DSCN0378.jpg
準備体操も念入りに。雨具も着込んで、雨対策もばっちりです。
いざ、スタート!

 

DSCN0379.jpg
うーむ。雨の来島海峡大橋も風情がありますね。
霧にむせぶしまなみ海道をサイクリング中です。

 

DSCN0382.jpg
大島に上陸。北東からの向かい風が行く手を阻みます。
 

 


DSCN0388.jpg
大島を、風にもマケズ、雨にもマケズ、前進あるのみ!

 

 

DSCN0393.jpg
フウー。。。雨の日の峠道はつらいですが、みなさんファイト!

 

DSCN0401.jpg
桜の花びらが絨毯のようにきれいでした。

 

DSCN0412.jpg
1日目は、今治から大三島まで32kmほどを走ってゴール。
自転車を道の駅にデポして、バスで今治市内に戻ります。
宿泊は今治市内。ゆっくり休んで明日に備えてくださーい。


 

第3回 タンデム自転車まつり<メモリアル3/3>

P1120648.jpg
●友田さん夫妻(大阪)
夫:「私がエンジンで、嫁さんが燃料タンクです(笑)。じつは登りのときフ~ワっと
なりましてね、来年までには少し、燃料タンクの小型化をめざしたいとおもいます」

 

妻:「来年また来させてもらおうと思いますけど、来年までには3kgほど
スマートになって、丁度いい燃料タンクになるように頑張りたいと思います」

 


P1120598.jpg
●前キャプテン:塚田さん(神奈川)
「未来の横浜のまちづくりを考える市民活動に参加しているんですけど、その中で
自転車をテーマにして横浜の魅力を紹介する取組みを進めています。以前から
タンデム自転車には興味があり、シクロさんが地元しまなみを巡るツアーを開催
しているのに共感すごく共感して参加させてもらいました。これからは、タンデム車を
横浜でもアピールして、高齢化する社会の中で、タンデム車が使えるようなまちづくり
を目指して行きたいと思っています」

 

後ストーカ:飯田さん(静岡)
「第一回目から皆勤賞なんですけど、宇都宮さんと吉武さんの漫才コンビが面白くて
参加しています(笑)……私、後に乗っていて何がつまんないかというと漕ぐしか
ないんですよね。視覚に障がいがあるので風景も見れなくて、前の人が説明して
くれるだけじゃないですか。だったら後で自転車のギアをコントロールしてみよう・・・
というわけで、改良して合計72段変速(!)の折り畳みタンデム自転車を持参して
参加しました。ぜひみなさん、試乗してみてください!」

 


P1120847.jpg
●前:木嶌さん(千葉)
「2回目の参加なんですが、昨年とても楽しくて、今年もはるばると千葉から
やってきました」

 

後:島田さん(千葉)
「旅行が好きなのでいろんなツアーや一人旅に出かけましたけど、こんなに
細やかな心遣いのツアーに参加したことは今までなくて、ホントに初めてで
感激しています。自転車は好きでよく乗っていたんですけど、たまたまタンデム
自転車に出会って興味をそそられて、宇都宮さん夫妻がタンデム自転車で
世界一周されたことにも影響されて、前回参加した時のこのツアーの魅力にも
引かれて、今回も参加しました」

 

 

Cyclo_Tandem2013-0362.jpg
●後ストーカ:柏木さん(大阪)
「“大阪でタンデム自転車を楽しむ会”に関わらせてもらっているですけど、
月に2回ぐらいのペースで体験会を開いています。昨年8月には、CVJに便乗させて
もらい韓国にタンデム車で走りに行き、韓国のタンデム自転車のグループとも交流して、
韓国のタンデム事情を知ることが出来ました。こんどは台湾に行く予定です。
三人乗りを私も買いましたので、いつかは私の旦那と一緒にしまなみを走りたいな~
とか思っています」

 

 

P1120611.jpg
●後ストーカ:橋本さん(大阪)
「柏木のパートナーしてます橋本です。昨年がすごく楽しくて、今年も絶対来ようと
思っていました。自分も視覚に障がいがあるので前には乗れないんですけど、
後ろに乗せて、いろんな所へ連れて行ってもらっています。そして、言葉で音景色を
描いてもらうと、まぶたの奥で海も見えるし、鳥が飛ぶのも見えてくるんです。
臨場感や風、光、香りも感じられて、すごく楽しいんですね。明日もよろしくお願いします!」

 

 

みなさんのたくさんの想いを聞かせていただきありがとうございました。
その言葉を励みに、来年も第4回目の開催を目指して、準備を進めていきます。

 

今度は、どこに行こうかな~~~
ではみなさん、来年もまた会いましょう!      by うつのみや。


 

第3回 タンデム自転車まつり<メモリアル2/3>

Cyclo_Tandem2013-0343.jpg
●後ストーカ:田渕さん
「2009年に運動不足解消でロードバイクを買った新米なんですが、2年後に事故しまして、
それからは視覚障がいになり、それからずっと病院漬けで病院食ばかり…だから、
お家ご飯にすごく飢えてたので、今日のご飯がすごくおいしかったです」

 

「“もう一度、自転車に乗りたい”と思いながら、今もリハビリセンターに通っているんですが、
そこの所長さんも自転車大好きで、情報をたどるうちに宇都宮さんにたどりついたんです。
タンデム自転車というのがあることを知ったのは、まだ半年ほど前。初めて後に乗せて
もらっ時は、すごく怖かってん。でも今日、さとしさん(前:シクロスタッフ)に乗せても
らったら超キモチ良かった~! まるで自分がひとりで自転車に乗っているみたいな
気分でした」
「実は私、下り坂も踏んでる派やったんですが、その私と同じ感覚で乗せてもらったから
だと思います。事故ってからは自転車にもう乗られへんと思てたから、
今日この場所での出会いは、私の新しい人生の始まりです」

 

 

 

P1120635.jpg
●廣田さん夫妻(神奈川)
夫:「最近はトリプレット(三人乗り)で走っていますが、娘3才で“すでに自分は自転車に
乗れる”と勘違いしています(笑)。二人目が彼女のお腹にいて5ヶ月目です。
来年か再来年には、トリプレット+チャイルドトレーナーで走りに来たいと思っています」

 

妻:「来年のことをコソッとつぶやいとこかなぁ。次回はちょっと高いとこに登ってみたい
かなって。そこから橋を眺めてみるのもキレイかな……みなさんも4回目になれば
タンデム自転車もなれたと思うので。私は産後間もないからまだ走れないと思うけど(笑)。
言うといて逃げるんデス。。。
タンデム車だとギシギシときついかもしれないけど、高い所いいなっとつぶやいてみました!」

 

 

 

Cyclo_Tandem2013-0734.jpg
●長井さん(愛媛)
「地元の今治から参加は私だけだと思います。シングル自転車で参加しています。
今日どうして参加したかっていうと、“上島町”と“とびしま海道”ってすごく好きな所なんです。
地元の私でも大推薦。 実は、タンデム自転車とそばで一緒に走ったのは今日が初めて
なんですけど、上り坂が速いことにとてもビックリしました。大丈夫なのかな?・・・・・・
と後を見たとたんにシュウッと追い抜かれて、うわぁスゴイなコレってカンジです。」

 

「シクロさんのイベントに参加したのは2回目なんですけど、参加しているキャラが
すごいんですね。走っている分には普通の人たちなんですけど、お酒を飲むとさらに
盛り上がるんですね。これは出会いのチャンスがあるな。いろんな人の話が聞きたくて
参加させてもらいました」

 


P1120859.jpg
●鈴木さん親子(愛知)
父:「中学のころから自転車に乗っていて、20代の頃には海外にも出かけていました。
その時に、遠くからサーッとやって来て、ヒュッと通り過ぎた自転車がいて、
速いなと思ったらそれがタンデム車でした。男性が二人で乗っていたのが印象的でした。
その後、地元のアウトドアショップにタンデム車が飾ってあるのを偶然見つけて、
眺めていたら『3年落ちだから半額でいいよ』とススメられたんです。
ちょうど結婚したころで、一緒に乗ってもらおうかなと購入したのがタンデムの始まりでした」
 

 

「しまなみ海道も開通直後にタンデムで走り、そのあとHPで調べていたら
宇都宮さん夫妻に行き着いて、ちょうどオーストラリアを走られている頃でした。
トモ子さんが付き合いで走られてるのでスゴイなって思い、うちの奥さんどうやって
口説いたら海外に行ってくれるかなって考えました。そんな計画を練っていたら子どもを
授かって、それからタンデム車もしばらく物置にあったんですけど、2年前から子どもと、
またちょくちょく乗るようになりました」

 

Cyclo_Tandem2013-0646.jpg
娘:「姉がインフルエンザで、急につれて来られて、ホントはいとこの家に泊まりにいく
約束してたけど……。今日1日走ってみたら、楽しくて、疲れたときもお父さんが
こいでくれて楽ちんだった♪」

 

@@つづく@@

第3回 タンデム自転車まつり<メモリアル1/3>

今年もエネルギッシュに開催した“第3回 タンデム自転車まつり”。
千葉、埼玉、神奈川、東京、静岡、滋賀、愛知、大阪、福岡などから集まってくれた
27名の参加者のメモリアルや感想をご紹介します。

 

ちなみに、親子4組、視覚障がいの方が4名、あとはご夫婦、単独男性の参加構成でした。

 

 

P1120596.jpg
●移川さん夫妻(東京)
妻:「うちも三人乗りです。これまではタンデム+チャイルドトレーラーでしたが、
昨年秋からトリプレットに乗り始めたら、こっちの方が楽しくて息子も喜んでいます。
今日は、初めて行く島々を巡ることができて良かったです」

 

夫:「タンデム自転車に乗り始めたのが2年前からですが、タンデム車を通じて
こんなに知人が増えたり、行くところが増えたり、新しい楽しみを知り、良いこと尽くめです。
なのにおおっぴらに走れるところが少ないという悲しい状況なので、
日本中でタンデム自転車が走れるようになるよう、みなさんガンバっていきましょう」

 


P1120605.jpg

●原田さん夫妻(滋賀)
夫:「2回目の参加なんですけど、一年間ココへ来ることだけを楽しみにしてました。
今年は“しまなみ”から離れた島々に行けたし、 “とびしま海道”もずっと行きたいと
思っていた所なんです。来年はどこへ連れて行ってもらえるんかな……と楽しみに
しています。 あの~、来年の予約もよろしくお願いします」

 

妻:「昨年は、60kg近くあってブレーキになってたんじゃないかと思うんですが、
昨年11月から一念発起して運動と食事に気をつけて6kg近く減らしたんです。
これを維持するためにも自転車と水泳を続けていこうと思います」。

 

「でも実は、自転車にはトラウマがあって、以前“ツール・ド・のと”にブレーキの
かけ方すら分からないまま参加して、大きな事故を起こして前歯みな折りました。
それで自転車あまり好きじゃなったんですけど、タンデム自転車というすべて主人に
まかせて、後は何もしなくてただ漕いだらいいという楽しいイベントに参加させてもらえた
ことで、また自転車が好きになりました」

 

 

P1120639.jpg
●後:おのさん(東京)
「タンデム自転車って、一緒に乗って走っているだけでひとつの目標を共有しているんで、
すごく話しやすいし、今回愛媛に来て初めて会った津賀さんと一緒に乗りましたが、
すごく楽しく走れました」

 

●前:津賀さん(愛媛)
「私は、主人が人生の途中で薬害で視力障がいになり、タンデム自転車に乗るのがずっと
ふたりの夢だったんです。でも病気のために急な別れが訪れて、立ち直るのにどうしたら
いいかと考えている時にタンデムへの夢を思い出して、これからは主人に報告できる
人生を送ろうと考えて、タンデム自転車を6台そろえて松山市で活動しています」

 

 

Cyclo_Tandem2013-0295.jpg
●宮崎さん夫妻(福岡)
夫:「二人で別々の自転車にずっと乗っていたんですが、ペースや体力が合わなくて
悩んでいたところ、5年ほど前に“こんなのあるよ。コレ要る?”と知り合いからもらったのが、
今のタンデム自転車なんです。 愛媛県でタンデムが解禁された時、シクロさんが開催した
ブラインドサイクリングのイベントに顔を出したのが、宇都宮さん夫妻との出会いのきっかけ
でした。 そして何と、九州でも宮崎県で2012年11月からタンデムがOKになりました。
少しずつ、この素晴らしいタンデム自転車のことを知ってもらう機会が増えていることに
うれしさを感じています。こういうイベントに参加することでその輪が広がることに協力して
いきたいと思って、今回も訪れました」

 

妻:「うちの主人は、毎日仕事に送ってくれます。毎晩どんなに遅くても迎えに来てくれます。
そして、料理も作ってくれます。でも、そんなうちの夫が唯一わがままを言うのがこのイベント
なんです。 私、3月は一番仕事が忙しくて、死ぬかもしれないって厳しさの最中に、
2年間連続参加して、いつかこのイベントが4月か5月にならないかなって、
いつも思っているんです(笑)。 でもこうしていつも迎えに来て、料理を作ってくれる夫に
感謝のお返しをできるとすれば、一緒に来てあげることかなと思っています。
私、乗るのもヘタだし、人とお話しするのもとてもヘタなんです。でも、たったこの2~3日を
我慢すれば、夫がまた一年間気持ちよく動いてくれるのでがんばります!」

 

 

 

Cyclo_Tandem2013-0811.jpg
●杉本さん親子
父:「昨年も楽しくて、今年もまた参加させてもらいました。私、老人ホームを経営
しているんですが、昨年みなさんに教えてもらったのがパイロットとストーカとの関係です。
音景色、声景色というのを学びました。パイロットが見える風景をずーっと表現しながら、
情景、香り、色合い、風とかまでを言葉にして伝える。そこから、私の老人ホームの経営が
変わったんです。介護職員はお年寄りに対して、そういう形で寄添いながら、
支えながらという姿勢を、タンデムまつりで学ばせてもらいました」

 


P1120603.jpg
●息子:「そば吉の隣の産婦人科で生まれました。杉本恵太といいます。
今日は、それほど走ってないけど、一回前の集団にちぎられたので、
悔しくて、明日は頑張って付いていきたいと思います」
 

@@つづく@@

第3回 タンデム自転車まつり <報告>

EVENT TOUR

2013年3月9日(土)晴れ~10日(日)曇り
 
■(3/9)12:00 <愛媛県今治市>今治港集合/スタート

■(3/9)12:00 <愛媛県今治市>今治港集合/スタート

 

●今年も、千葉、埼玉、神奈川、東京、静岡、滋賀、愛知、大阪、福岡などから、
 27名の方々が参加。そのうち、親子が4組、視覚障がいの方が4名、あとは
 ご夫婦での参加という構成。サイクリングは男性スタッフ8名、裏方は女性
 スタッフ4名でサポートしていきます。
●1日目はチャーター船で上島町の4島を巡り、2日目はチャーター船で
 「安芸灘とびしま海道」を走るのが今年のコース。「チャーター船での移動が
 ラグジュアリー感があふれるし、自分たちだけでは行けない島々へ行けるのが
 楽しみです」と、期待感たっぷりでみなさん大集合。
●船にタンデム自転車12台とシングル自転車9台を積み込みこんで、さあ出発! 

 

 

■(3/9)13:20 <愛媛県上島町>生名島/生名港

■(3/9)13:20 <愛媛県上島町>生名島/生名港

 

愛媛の北端、上島町生名島で自転車を降ろしてスタンバイ。4月下旬なみのぽかぽか
陽気に、みんな薄着にチェンジして、サイクリングスタート!
青い空と青い海に囲まれた一周9kmほどの生名島。会話をはずませて、のんびりと
ポタリング。親子でカップルで、そして視覚障がいの方も、パイロットからの音風景を
膨らませて楽しくペダルを踏んでいきます。

 

 

■(3/9)14:20 <愛媛県上島町>弓削島

■(3/9)14:20 <愛媛県上島町>弓削島

 

生名橋、弓削大橋を渡り、生名島から弓削島へ。海岸線に続く道、カーブを曲がるたびに
移りゆく風景に、みなさん眼を奪われて感嘆の声が響きます。
メインルートを離れて路地裏へ踏み込んでみると、また違った島の一面も垣間見れて、
この地域への親近感をおぼえていくことでしょう。これが自転車旅の醍醐味かも……。

 

 

■(3/9)15:20 <愛媛県上島町>岩城島

■(3/9)15:20 <愛媛県上島町>岩城島

 

弓削島から、再びチャーター船に乗り込んで岩城島へ。一周10kmを潮の香りに頬を
なでられながらペダリング。“青いレモンの島”のキャッチコピーの通り、道沿いには
レモンの果実をたわわに実らせた木々がたくさん見られて、記念撮影にいそしむ姿も。
オレンジ色の柑橘もそこら中に実り、「愛媛に来てるんだねー!」って会話も
聞こえてきました。

 

 

■(3/9)19:20 <愛媛県今治市>波方町

■(3/9)19:20 <愛媛県今治市>波方町

 

岩城島で温泉に入浴をすませて、再び船上の人へ。小一時間で今治市波方町の港へ。
宿泊は、地域住民の憩の場“波方ふれあいセンター”をお借りしました。夕飯と朝食は
婦人会グループが「任せといて!」と快く引き受けてくれて、お魚、海草、野菜と地元産を
ふんだに使い、心づくしの手料理でもてなしてくれました。

 

「お母さん方とお話ができて楽しかった」、「心が温まるおもいでした」と、すごく好評でした。

 

 

■(3/10)9:30 <広島県呉市>下蒲刈島

■(3/10)9:30 <広島県呉市>下蒲刈島

 

2日目スタート。今治市波方港からチャーター船で、安芸川尻港へ。
今日は、7つの橋を渡り7つの島を巡る“とびしま海道”をサイクリング。行程は約45km。
島の風景に溶け込むような閑静な佇まいが魅力のルートです。
ちょっと曇り空ですが、安芸灘大橋を眺めながら、さあレッツゴー!

 

 

■(3/10)11:00 <広島県呉市>上蒲刈島

■(3/10)11:00 <広島県呉市>上蒲刈島

 

日頃からよくタンデム自転車に乗っている愛好者たちなので、持ち寄ったその車種も様々。
アメリカのメーカー車は、工夫とアイデアが凝縮されていて、すごくユニークなバイクが
多いですね。

あれやこれやと、みんなでタンデム自転車談義に花が咲くのも、このツアーならでは。
それぞれのタンデム車を乗り比べしたり、試乗してみたりと、休息時間も目一杯楽しん
でいるのでありました。

 

 

■(3/10)14:50 <愛媛県今治市>岡村島

■(3/10)14:50 <愛媛県今治市>岡村島

 

御手洗の町並み保存地区も見学して、しぼりたて100%オレンジジュースでのども
潤して、最終目的地まであとひと息。
「また違う季節に走りに来てみたい」、「船のおかげで効率よく、たくさんの島々を
回れたので大満足」と、みなさん色んな気持ちを抱いて、最後の橋を渡り、
自転車はゴールの岡村島へと進みます。

 

 

■(3/10)15:20 帰路船中にて

■(3/10)15:20 帰路船中にて

 

岡村島から今治港までは約40分のクルージング。
船中ではイベントの振り返りと、来年の抱負をみんなで語り合いました。

 

そして、ジャジャーン!今回だけの特別企画『がんばったで大賞』の発表デス!
愛知県からお父さんと来てくれた小学4年生の"みずきちゃん"に進呈! 
副賞はバリィさんのぬいぐるみ。
"みずきちゃん"は、急病で来れなくなった小6のお姉ちゃんの代打で、急きょ
お父さんに頼み込まれて、しぶしぶ付いて来たのです。
しかもタンデム自転車は初デビュー。初日は不安がいっぱいの顔だったけど、
段々と雰囲気にも慣れてきて、「みんな楽しい人ばかりで、また来たいなと
思います」……最後に嬉しそうに感想を話してくれました。

 

このドラマある「タンデム自転車まつり」、来年も一緒に体験しましょう。
はるかなる風景とともに、また会える日を楽しみにしています!!

朝日新聞 『ニッポン人脈記』

先日、朝日新聞本社の記者さんが『ニッポン人脈記』の取材に見えられました。

 

2013_02_24.JPG

『ニッポン人脈記』は毎回いろんな分野で、
それに関わる人に焦点をあてて人物像を描いてゆくコーナーですが、
今回のテーマは「自転車」。
他にも、ロードの別府選手やビルダーの巨匠、シマノをトップブランドに育てた方と、
自転車界の様々な人々を取材されてきたそうです。

 

2013_03_01-2.JPG
朝日新聞、2月25日(月)夕刊  『ニッポン人脈記』自転車でいこうよ①


連載のトップバッターとして掲載されました。
どひゃ! 記者の但見さん、ありがとうございます。
ちなみに愛媛は夕刊がないので、翌日の朝刊に掲載でした。


『ニッポン人脈記』は、2005年から続いている好評連載企画ですが、
なんと、今回のテーマ“自転車”が最終回だそうです。
自転車ファンのみなさま、どうぞご閲覧くださーい。

 

 

2013_03_01-3.JPG
朝日新聞、2月27日(水)の朝刊 『ニッポン人脈記』自転車でいこうよ②
 

そうか、自転車は出会いを生んだ“魔法の杖”やったんか。
”パートナーがいとおしくなっていった”…ぎゃ!
読みながら、c(>ω<)ゞ イヤァ~って気分になりましたが、
2回分もの掲載をしていただいた朝日新聞の記者さんに感謝!!

 

全国から、島走マップの問合せを頂いたり、
感想をしたためたお便りが届いたりと、反響の大きさに驚いています。

 

 

南米Ⅰ-12-018.jpg


2000年3月、南米の最南端ウシュアイアの町で会った自転車旅行者の男性から、
「もしや、あの時お会いしたタンデムツーリングのご夫婦でしょうか?」とコンタクトもあり、
13年の時を経た邂逅に、感動と懐かしさがこみ上げる思いがしました。
今回の記事は、新聞の影響力とネット社会のつながりをさまざまに感じさせる出来事でした。

『第7回観光資源活用トータルプラン』で優秀賞を・・・

「高速道路交流推進財団」が公募する『第7回観光資源活用トータルプラン』で
優秀賞をいただきました。 これは、観光資源を結び、地域の魅力向上を図り、
観光客増加などつながる取組みを募集したもの。

 

DSCN0417.JPG

 

審査員の先生は高名な方々で、プレゼンや質疑応答にキンチョーして望みましたが、
シクロの山本代表理事に引っ張られて、エイや!と乗り切り、
十分な成果を手に入れることができました。
よかた、よかった♪♪♪

 


DSCN0440.JPG
作家の神津カンナさんも審査員のおひとりでした♪

 

さて、これから3ヵ年をかけて、西瀬戸エリアのサイクリングマップの作成、
島々をつなぐ自転車ツアー、自転車旅行者の拠点づくり等に取組んで行きます。
お楽しみ満点の仕事がテンコ盛り♪ わくわくしています!

 

7回資源活用トータルプラン.jpg

日本食研さんでお話ししました。

P1120196.JPG
コチラ、今治の名物 “三大変チク物”のひとつ・・・宮殿工場ですね。
「焼肉焼いても、家焼くな♪」の日本食研さんがタレや唐揚げ粉を作っている工場です。

 


P1120192.JPG
一代で従業員3700余名、愛媛の優良企業に作り上げた、現会長さんです。
東京農大畜産学科出身だそうで、「子作りの秘伝」について、熱くお話しくださいました。

 

 

P1120204.JPG
工場見学をさせて頂きました。その途中、ウワサの「恋愛神社」を発見!!
社内恋愛推奨の会社なのです。 なんと、社内恋愛で結婚したあと、
夫婦ケンカしなければ(自己申告制)、毎月ハッピー手当てなるものが支給されるとか・・・・・・。

 

 

P1120206.JPG
年4回開催される、日本食研「ケーオークラブ」のお食事会で夕食を頂きました。
関連会社、取引会社の方々300名ほどが、親睦を深め、ネットワークを広げるために、
遠くは北海道から集まられるそうです。

 

 

P1120221.JPG
お食事会の後は、余興タイム。
この日は、愛媛大学落語研究会の方が漫才を披露。
楽しいネタで笑わせてもらい、幾分キンチョーがほぐれました。

 

 

P1120224.JPG
お話した内容は、「タンデム自転車世界一周」と「シクロツーリズムしまなみの活動」です。
みなさん、自分の拙い話にさえも、真剣に耳を傾けて下さいました。ありがとうございます。

 

 

愛媛だけかもしれませんが、学校でも企業でも、講演終了後、
聞き手の代表の人が講演内容を振り返り、「お礼」を述べるコーナーがあります。
(読書感想文の発表みたいな感じなんですよ、これが・・・)

 

本日は、とある会社の社長さんから感想を頂きました。
「今日は、3つのポイントを教わりました・・・
1つめは、夢や目標を達成するためには、あきらめずに努力し続けること。
2つめは、リスクを回避するためには充分な下調べが大切。
3つめは、自転車の経験を活かして自転車の文化普及、
 地域振興に努力されている継続性を感じました。」・・・と。

 


こちらこそ、このような貴重な機会を頂いたこと、
たくさんの人とつながりがもてたこと、大変感謝しています。

どうも、ありがとうございました!

至福のコーヒーを。

素敵なビーンズショップが、わりと近くにあるので幸せです。

 

P1120190.JPG


ブランチ・コーヒーさんの“1stアニーバーサリー・ブレンド”を買い求めてきました。
「温州みかんのような甘さとキレ」が、この豆の風味だそうです。
今日が、ブランチさんのビーンズショップ開店の一周年記念日。
おめでとうございます。

これからも、至福のコーヒー豆を楽しみにしています。
シクロカフェでも、ブランチコーヒーさんの豆で淹れたコーヒーをご提供していきます。 

 

「シクロカフェ」今年最初の開催は、
2月16日(土) 愛媛県今治市 / 今治ABC(えびす)祭 「今治商店街」11:00~15:00
 ※どんどび交差点から商店街に入り、 マルナカを過ぎて左手のあたり(地図)にいます。
 
※「自転車ヒロバ」も同時開催。ランニングバイクキッズたち、集まれー!!

ふるさと絶賛バラエティー "いーよ"

12月も後半、年の瀬が迫ってきました。
年内の自転車ツアーやイベントはすべて終り、
今は、来年の計画を立てています。

 

今日はテレビ愛媛さんの番組をアテンドして、しまなみ海道を走ってきましたけど、
天気も良く、青空が気持ちよい日でしたよー!
冬のアタリ日。すごくキレイな絵が撮れたんじゃないかと思います。

 

番組は、愛媛の魅力をさがして、ふるさとを元気にしようという
『ふるさと絶賛バラエティー“いーよ”』。

 


毎回、ふるさと絶賛普及協会の“特別協会員”としてゲストを招いて
取材するんだそうですが、今日は俳優の酒井敏也さんがゲスト。
テレビ愛媛のアナウンサー久保田夏菜さんの3人で、
タンデム自転車に乗りながら、大三島までの自転車散歩!

 

DSCN9949.JPG

来島海峡大橋を大島へ向けて走ります。

 

DSCN9957-2.JPG

ランチタイムは大島の民宿「千和」で、瀬戸貝飯と海の幸ご膳。

 

 

DSCN9961.JPG

大三島の樹齢3千年の老楠 「生樹の御門」で生命のパワー浴。

 

 

DSCN9970.JPG

大三島「多々羅しまなみ公園」。ラストインタビューで終了。。

 

放送日は、2013年1月12日(土)&19日(土)  昼12:00~
テレビ愛媛 『ふるさと絶賛バラエティー“いーよ”』ですよ。


愛媛県内のみなさま、どうぞお楽しみに!

 DSCN9964.JPG

シクロツーリズムしまなみポタリングガイド宇都宮一成
Kazunari Utsunomiya Profile

自転車好きが高じて、遂にタンデム自転車世界一周を敢行!「世界の人としまなみをつなぐ架け橋になりたい」と、いま新たに日本・しまなみの魅力を再発見できる旅にいざなうべく、愛媛の地でペダルを踏み続けています。


loading ...