『第12回タンデム自転車まつり』〈2日目〉

しまなみ海道タンデム自転車まつり2022の2日目の様子

2日目の目玉は「大崎上島一周」と「牡蠣打ち体験」!

●8:00 シクロの家
本日は大快晴。今治港から、チャーター船に自転車を積み込んで、大崎上島へ向けての1時間の船旅を楽しみます。穏やかな海原を滑るように進みながら、船内で今日の行程や見所の紹介をして、旅気分が一層盛り上がります。

 

●9:20 大崎上島・沖浦港
大崎上島に上陸して、時計回りで走行することに。一周は約34㎞。左手にきらきらとした海を眺めつつ、快調にペダルを踏む参加者たち。2ヶ所、小さな峠を越えて島の西部へ前進。

 

●10:00 大崎上島・大串
キャンプ場と砂浜のある大串でひと休み。青い海、白い砂浜に「本当に瀬戸内の島はきれいですね」と感嘆の声が上がります。集合写真を撮って、次の休憩ポイントに向けてさらに前進。

 

●11:00 大崎上島・中野
島の中心部にあたる中野地区。老舗の和菓子「一正堂」で名物のレモンケーキに舌鼓。あまりの美味しさに皆、くるみ饅頭、小判まんじゅう、ブランデーケーキも追加で購入。

 

●11:40 大崎上島・上組トンネル
東野上組にある昭和4年に造られた手掘りのトンネルを見学。島に残る貴重な近代化産業遺産。取壊し説もある中、案内資料を参考に当時を偲びつつ、自転車で通り抜けてみました。

 

●12:30 大崎上島・木江
島の北東部を回り込み、海岸線を南下して木江地区を通過。途中、石灰岩採掘跡、木造五階建建築物、古びた造船所を横目に、地域の歴史を垣間見ながら海沿いをさらに南下していきます。

 

●12:50 大崎上島・沖浦
出発点の沖浦港に到着。全員無事に完走。「田舎道やダイナミックな山道など、バラエティに富んだ道のりで、飽きの来ない楽しい一周コースでした」と皆が満足な様子。

●13:20 呉市・グリーンピアせとうち
再び船に自転車を積載して、30分ほど船旅の後、呉市安浦にあるグリーンピア瀬戸内の桟橋に上陸。地域特産品の牡蠣をふんだんに使用した「牡蠣づくし定食」でランチ。

 

●14:00 呉市・グリーンピアせとうち
地元水産業者による「牡蠣の水揚げ見学と牡蠣打ち体験」。クレーンでのダイナミックな水揚げと、牡蠣殻から身を取り出す作業を行いました。皆、初体験。忘れ難い思い出になりました(^^♪

 

●17:00 今治港
2時間余りの体験の後、再乗船。船内で皆が感想を述べつつ帰路をたどりました。「牡蠣打ちが興味深かった」「次も訪れたことのない離島へ行ってみたい」……来年、また会いましょう。次回の企画もどうぞお楽しみに!

 

TOP

関連記事

Profile

宇都宮一成うつのみやかずなり

自転車好きが高じて10年かけて夫婦でタンデム自転車による世界一周を敢行。88カ国を巡った。帰国後、NPO法人シクロツーリズムしまなみでポタリングガイドとして島走中。しまなみ海道の魅力再発見のため島々をすみからすみまで走る回る毎日を過ごしている。

新着記事

facebook